作家の伊集院静(69)が今月21日にくも膜下出血で倒れ、翌日手術を受けました。

「予断を許さない状況」と伝えられています。

くも膜下出血とは、どんな病気なのでしょうか。

手術は成功

作家の伊集院静が21日にくも膜下出血のため倒れ、22日に手術を受けていたことが23日分かりました。

この日、所属事務所が明らかにしたものです。

手術は成功し、経過は良好ではあるものの、予断を許さない状況ということです。

妻の女優・篠ひろ子(71)はマスコミ各社に直筆の書面を寄せています。

「執筆生活を取り戻せる日まで精一杯頑張って参ります」と、伊集院静と共に病気と闘っていく決意を示したのです。

仙台市に在住

数々の小説やエッセーに加え、競輪やマージャンにも造詣が深い伊集院静は仙台市に在住しています。

東日本大震災が発生した2011年、宮城・仙台で開催されたプロ野球オールスター戦の特別寄稿をスポーツ報知に寄せています。

所属事務所と「西山博子」の本名で妻の篠がしたためた文面では

「この先どのような状態になるのかまだ予断は許さない状況」

ということです。

所属事務所は、倒れた場所や状況などについては「お話しすることができません」としています。

現在は投薬によって眠っている状態。

まだ本人と連絡が取れていないということです。

現在は妻である篠ひろ子の出身地である仙台で暮らしていて、最近では、今月15日に発表された直木賞で審査員を務めています。

後遺症が残ることもある病気だけに、今後の回復状況次第では作家生活にも大きな影響を与えるかもしれません。

篠ひろ子も

「道半ばで書く事を断念せざるを得ないとしたら、こんなに悲しい事はありません」

とし、

「願いが叶うのであればまた、ペンを持って皆様に作品をお届け出来る事が私の心からの思いです」

と、状況によっては断筆せざるを得ない可能性があることを示唆しているのです。

現在は、日本経済新聞の朝刊に「ミチクサ先生」を昨年9月から連載しています。

ほかには、週刊誌でも「週刊文春」で「悩むが花」のタイトルで人生相談コーナーを担当するなど、多数の連載を抱える人気作家。

各社ともストックは多少あるとみられていますが、今後の掲載について所属事務所は「これから話し合うことになるかと思います」としています。

死亡率50%女性に多い

脳卒中には、主に脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の細い血管が破れて脳内に出血する脳出血、くも膜という脳の表面を覆う膜の内側に出血が広がるくも膜下出血があります。

厚生労働省の人口動態統計(2018年)によると、脳卒中による死亡数は10万8186人。うち脳梗塞が6万365人を占め、脳出血が3万3047人、くも膜下出血が1万1996人と続きます。

くも膜下出血は、男性(4385人)に比べ女性(7611人)に多いのが特徴です。

国立循環器病研究センターの資料によると、くも膜下出血の原因の8割以上は、脳の動脈にできた瘤(こぶ)(脳動脈瘤(りゅう))の破裂によるものとしています。

動脈瘤の壁は通常の血管に比べて弱く破れやすいため、普段は無症状であっても、ある日突然、破裂、くも膜下出血を生じる可能性があります。

死亡率は50%と高く、命を取り留めても様々な後遺症が残ることがあるということです。

症状として、激しい頭痛を伴うのが特徴。

再出血を防ぐ治療として、開頭によるクリッピング手術や、血管の中に細い管(カテーテル)を通して瘤にコイルを詰めるコイル塞栓術が行われます。

脳ドックなどの画像検査によって見つかった脳動脈瘤に対し、破裂を未然に防ぐための治療も行われています。

しかし、治療にはリスクも伴うということです。

2016年に紫綬褒章を受賞

本名・西山忠来(ただき)。1950年2月9日、山口県防府市生まれ。69歳。立大文学部卒。CMディレクターなどを経て81年に「皐月」で作家デビュー。91年、「乳房」で吉川英治文学新人賞、92年に「受け月」で直木賞を受賞。作詞家として「伊達歩」名義でも活動し、近藤真彦の「愚か者」が87年に日本レコード大賞を受賞。プライベートでは75年に一般女性と結婚し、2女をもうける。次女は女優・西山繭子。79年に離婚し84年、女優・夏目雅子さんと再婚も翌年に死別。

92年に女優・篠ひろ子と3度目の結婚をした。2016年、紫綬褒章を受章。

ネットの反応

「ウチの母もくも膜下出血でした。運ばれてすぐ開頭手術をし、翌日も手術。
重篤だったので医師や看護師に、良くて杖をついて歩けるようになるか悪くて車椅子生活になると言われましたが、何の後遺症もなく普通に生活できるまで回復しました。寝たきりで何の反応もないと不安で仕方がないけど、諦めずに頑張ってほしい。」

「恋愛 仕事 ギャンブル 酒 これほど充実した人生を過ごしてきたのだから悔いはなかろうとは思う。恋愛経験もなく年老いてゆく人もいるなか、数々の有名女優や舞妓さんと浮き名を流し羨ましいかぎりである。だから、生きる力シリーズのエッセイ読んでも、あまり響いてはこない。逆にこれからどういう生き様をみせられるかで、この人間の真価が、解るような気がする。」

「年以上不倫の末結婚した夏目雅子さんのお墓は、彼女には縁の無い何故か山口県の伊集院さんの地元。年に1回も行かないと思われるこんな遠くに何故あるの?亡くなったら一緒に入るの?」

いろいろ言われている人ですが…夏目雅子ファンとしては、ときおりエッセイに出てくる在りし日の姿に思いを馳せています。

伊集院静氏には復帰してまた執筆活動に戻ってほしいですね。

おすすめの記事