【池袋暴走】上級国民飯塚幸三は結局書類送検で済ませるの??事故直後の行動がすごいと話題に!

池袋暴走事故を起こした飯塚幸三(88)が書類送検されました。自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑ということです。

ブレーキが利かなかったと主張

警視庁交通捜査課は11月12日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検しました。

飯塚元院長は当初、

「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」

などと説明していました。

しかし車の機能検査で異常は確認されていません。

その後、

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」

と供述を変えていたのです。


こうした状況に加え、ドライブレコーダーの記録などを解析した結果。

同課は飯塚元院長が最初に接触事故を起こした後、ブレーキをかけずにアクセルを踏んだ操作ミスが事故原因と結論付けたのです。

池袋暴走事故のおさらい

書類送検容疑は4月19日、東京都豊島区東池袋の都道で乗用車を運転中、縁石に接触。

赤信号を無視して約150メートルにわたって暴走。

3カ所の横断歩道で、自転車に乗った近所の松永真菜さん=当時(31)=と長女の莉子ちゃん=同(3)=をはねて死亡させ男女8人と妻に重軽傷を負わせたとしています。

事故では、飯塚元院長も胸を骨折するなどして入院。

退院後も目白署に出頭して聴取に応じていたことなどから、同課は逮捕要件に当たる逃亡や証拠隠滅の恐れがないと判断。

任意のまま捜査を進めてきました。

松永さんの遺族は9月、飯塚元院長について、できるだけ重い罪名での起訴と厳罰を求める約39万人分の署名を東京地検に提出しました。

事故直後の対応がすごい

飯塚幸三元院長が「上級国民」として叩かれまくっているのは、単に暴走しただけではありません。

確かに、逮捕されなかったのも反感を買っているのも間違いないでしょう。

それ以上にネット民が反応したのが事故後の対応なのです。

というのが、本人も肋骨を折るなどの大けがをしていながら、警察よりも先に息子に電話しています。

その目的がSNS(Facebookなど)のアカウントの削除と、ストリートビューで自宅にモザイクをかけろというものだったのです。

気が動転してブレーキとアクセルを踏み間違えて大惨事を起こしていたのに、事故直後は冷静に指示を出しているところにネット民は反応しているのです。

具体的には以下の指示をしています。

自宅電話番号→変更
フェイスブック→アカウント削除
ツイッター→アカウント削除
ストリートビュー→自宅にモザイク
ウィキペディア→編集ページをロック
経済産業省の勲章贈呈ページ→削除

これだけのことができているのがすごいです。

事故直後にこれだけ冷静に考えられるのがすごいです。

ネットの話だから盛っているのでは?と考えがちですが、これらは事故後に全て行われています。

飯塚幸三元院長が全て指示したのかどうか(電話番号の変更とアカウント削除は間違いないようですが)分からない部分もあります。

いずれにしても手を回すのが早すぎという印象はぬぐえません。

また、被害者へのお詫びのコメントを残していますが、直接の謝罪を行っていないのも加害者意識の欠如ということで叩かれているのです。


高齢者の運転操作ミスによる事故が後を絶たない中でも極めつけの事故といっていいでしょう。

多くの人が展開を見守ってきた中での書類送検ですから、これで幕引きになるのか。

後は民事訴訟などの問題が残っていますが、今後の直接謝罪が期待されますね。

ネットの反応

「やっと、書類送検か。でも、何故元院長なんだ、もう容疑者だろう。上級国民はマスコミにも忖度されるのか?」

「書類送検、不起訴になりそうだが、それではあまりにも被害者や遺族がかわいそうだ。忖度なく、しっかり厳しく処してもらわねば。」

「なんか基準が曖昧すぎて疑念を抱くわ。通常でない処分の場合は理由を公表する制度にして欲しい。」

そうなんです。書類送検の場合は不起訴の可能性が大です。残るは民事訴訟に期待をかけるしかありません。

おすすめの記事