お金が欲しい…しかも池袋で。

そんなニッチな要望にもしっかり方法があるんです。

銀行と消費者金融会社でお金を借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
金利の低いところがいいですから、お金を借りるなら両者を比較して銀行からお金を借りるのがもっとも得策です。
ということですから、銀行からお金を借りるといいでしょう。

もっとも、銀行からお金を借りると言っても、誰でも簡単にお金を借りることができるわけではありません。
銀行からお金を借りるにしても審査が必要なのです。
審査というのは、この人にお金を貸してもきちんと返してくれるのかという、返済能力を調べるためのものです。

そのためにも銀行カードローンの申し込み者の属性を調べなくてはいけないのです。
属性というのは、信用度や返済能力、あるいはお金の借りやすさを計る指標のようなものです。
属性は様々な項目で成り立っているのですが、その中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。

雇用形態は、正規雇用と非正規雇用に分けられるのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことが分かるのですが、収入が高いとか低いといったものではなく、収入が安定しているかどうかということが大切なのです。

雇用形態では、何が大切かというと、会社から雇用が保証されているかどうかということです。
もっと具体的に言うと、雇用されている期間が大切なのです。
正規雇用の人は、雇用が入社時から定年まで長い人だと40年以上の雇用契約となります。

その期間は、会社から雇用が保証されているのです。
終身雇用はすでに崩壊しているけど、という人も少なくないでしょう。
会社が終身雇用を崩壊させたわけではなく、働いている人がすぐに会社を屋辞めるということで、労働者のほうから終身雇用を崩壊させて、結果的に転職を繰り返し、最終的には正規雇用の職にも就けなくなってしまうのです。

ですから、会社を辞めない限り終身雇用は生きています。
会社が無理矢理正規雇用の人をクビにすることは、懲戒解雇以外にはないのです。
ですから、正規雇用されている間は、会社が雇用を保証しているということになります。

いっぽうの非正規雇用の人ですが、こちらも雇用契約があります。
しかし、それは有期契約になるのです。
正規雇用の人も有期契約なのですが、その期間が定年までという半永久的なものです。

いっぽうの非正規雇用の人の雇用契約の期間は、3ヵ月あるいは6ヵ月、さらには1年という短期間のものです。
期間満了になると更新するしないというのは、会社と労働者の双方の話し合いで決まるのですが、会社が更新しなければそこで退職ということになるのです。
ですから、会社が雇用を保証しているのは、雇用契約の期間だけなのですが、非正規雇用の人の雇用契約は極端に短期間ということです。

これを銀行から見ると雇用が安定していない、すなわち収入が安定していないということで属性が低くなるのです。
ですから、非正規雇用の人は属性が低くなりがちで、それが銀行カードローンの審査にも響くということですね。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金だからです。
大切な預金をカードローンの原資に充てているのですから、銀行としても貸し倒れに遭わないようにしなくてはいけません。
ですから、審査も自ずと厳しくなるのです。

またさらなるリスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。
そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをするとカードローン申し込み者は、銀行だけではなく保証会社の審査も受けなくてはならないのです。
当然ですが、保証会社の審査にも通らないと銀行カードローンの融資を受けることはできません。


保証会社の役割なのですが、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合保証会社がカードローン利用者に代わって、残りの債務の全額を銀行に対して支払うのです。
その後で、改めて立て替えた債務の全額を保証会社は、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。

すでにこの時点では、債務整理に入っていますから、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入ることになります。
こうして考えるとカードローンの原資は取り戻した形になるので、銀行としては全くのノーリスクにも見えるのですが、返済不能以降の返済利息による収益が見込めなくなるのですから、銀行も全くのノーリスクとはいえないということです。

銀行カードローンにもデメリットがあるのですが、それは即日融資に対応していない点です。
一頃は、メガバンクのカードローンを中心に即日融資を大々的に宣伝していました。
しかし、そういった宣伝を今では見ることはできません。

それは、銀行カードローンの申し込みを受けると、銀行は警察庁のデータベースにアクセスすることが義務づけられているからです。
警察庁のデータベースにアクセスして、その照会情報を得るのは早くても翌日以降になります。

不正融資を防止するために施策なのですが、これによって物理的に銀行カードローンの即日融資はなくなりました。
そうなると、すぐにでもお金が欲しいというときに銀行カードローンは頼りにできないので、必然的に大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするようになるのです。

大手消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンの審査に落ちたときの受け皿的な存在として、アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフルなどの大手消費者金融会社のカードローンを考えている人も少なくないでしょう。
もっとも、銀行カードローンよりも、大手消費者金融会社のカードローンを優先的に借りようとする人も多いのです。
それは使い勝手の良さもあるでしょう。

審査に通りやすいというのが一番の理由だと思うのですが、まずは何よりも大手消費者金融会社の場合は、申し込み方法の多彩なところが特徴的なのです。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、さらに電話での申し込みもできます。
電話での申し込みも予約という意味では普通なのですが、電話で審査まで完結するというのですからすごいのです。

オペレータの対応力もあると思うのですが、ここはやはり大手消費者金融会社といえるでしょう。
そして、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機を使ってカードローンの申し込みができます。
これも何気に便利ですし、却ってバレにくいと好評です。

そして、大手消費者金融会社の最大の特徴でもありメリットとなっているのが、全国に設置されている無人契約機の存在です。
これは24時間365日稼働しているもので、いつでも融資の申し込みができるのです。
即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持ってコンビニに行ってコンビニATMでキャッシングすることができるということです。

夕方くらいにお金がすぐに必要になった、どこも窓口はすでに閉まっているというときには、大手消費者金融会社の無人契約機しか頼りになる存在はないでしょう。
すぐにお金が必要だというときは、大手消費者金融会社の無人契約機を利用すると間違いありません。
もっとも、大手消費者金融会社のカードローンも消費者金融会社の中では審査が厳しいです。

ですから、延滞歴があるような人でしたら、審査に通らない可能性が高いです。
延滞しても、すぐに返済すれば問題ないのでは?という人もいます。
うっかりミスということもあるので、一度や二度くらいなら大丈夫というところも多いのですが、それが常習化して遅れても払ったら大丈夫だろうということでは、信用情報機関に記録されなくても社内ブラックになる可能性もあります。

いずれにしても、延滞するということは重大な契約違反です。
それでも支払うことが大切ですが、延滞歴として残ることが多く、そうなると大手消費者金融会社のカードローンを新規で借りることは難しいでしょう。

中小消費者金融会社と街金で借りる

東京池袋の中小消費者金融会社と街金でお金を借りる方法です。
池袋には、たくさんの中小消費者金融会社と街金があります。
中小消費者金融会社でしたら、WEBにホームページを開設しているので、検索も容易でしょう。


いっぽうの街金でしたら、地元に特化した貸金業を営んでいるので、池袋界隈しか考えてなく、ホームページを開設しているところはほとんどありません。
ですから、池袋の街金に行こうとすると、店舗情報をネットで調べて住所を頼りにして足を使って探すしかありません。
それでも、多くの街金が池袋にあるので、お金を借りたいというときに大きな力になってくれることでしょう。

ブラックでも借りることができる?

ブラックでも借りることができる中小消費者金融会社や街金が池袋にあるという、ネットの口コミを見ることがあります。
実際に、ネットの口コミにブラックでも、池袋の貸金業者からお金を借りることができたという投稿を見ることもできるのです。
こういった貸金業者は、信用情報機関に照会しない、独自審査を行っている貸金業者です。

審査方法としては、現在の属性のみで審査を行うので、電話による在籍確認や収入証明書の提出ができれば審査OKといったところです。
ですから、ブラックでもしっかり仕事をして安定した収入のある人でしたら、審査に通ることもあるかもしれません。
もちろん、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、注意しましょう。

個人間融資掲示板

池袋の貸金業者でお金を借りることができない、あるいは利用したくないという人でしたら、ネットの個人間融資掲示板を利用するしかありません。
個人間での貸し借りとなるので、リスクが伴いますが、借りる側としたら実績のある人を選んで交渉することができます。
借りる側が掲示板に書き込んでもいいのですが、業者が介在することも多く、実績のある人の書き込みから借りる側がコンタクトを取るほうがいいでしょう。

審査はなく交渉がOKでしたらすぐに振り込み手続きをしてくれます。
少額融資で多くても、10万円程度の融資が基本となります。
それ以上の貸し出しをしてくれるところもあるようですが、ある程度取引実績をつくってからではないと、なかなかいきなりは貸してくれないようです。

ネットの声

「初めての消費者金融デビューに、CMでもお馴染みのプロミスを選択しました。僕は普段銀行は三井住友銀行を利用しているので、プロミスだと何かと便利かなと思ったのも選択した理由です。」

「審査の時間と手続きと、むじんくん契約機越しに説明を受けた時間を入れると2時間近くかかりました。待ち時間は面倒でしたが、でも接客対応自体ははとても速かったと思います。感じの良いスタッフさんが応答してくれたので初めての借入も安心して進めることができました。」

「利用するキャッシングサービスをどれにしようかと悩みながらインターネットを調べてみると、僕のような学生でも借りられそうなローンを見つけることができました。学生ローンのマルイです。詳しく調べてみると、安定した収入さえあれば融資を受けられるとのことでした。電話で確かめてみると、アルバイトをしていれば大丈夫とのことでした。」

消費者金融はアルバイトでも借りれるのがメリットです。当然学生のバイトでも大丈夫ですよ。

おすすめの記事