「お客様のご来店が減少しております」

ステーキレストランチェーン「いきなり!ステーキ」の店舗で、客の来店を願う言葉がつづられた張り紙がされています。

運営するペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)社長の一瀬邦夫氏が語りかける内容で、文字は手書きのようです。

すでに負け組となっている

同チェーンは足元の業績が芳しくありません。

この張り紙を見たインターネットユーザーからは

「本当に客足が遠のいているんですね」

といった声も漏れます。

取材に応じた同社によると、張り紙は一瀬社長が直筆したメッセージだということです。

「このままではお近くの店を閉めることになります」

いきなりステーキ・渋谷センター街店を訪れたというツイッターユーザーが2019年12月8日、張り紙の写真を投稿。

ネット上で話題を呼んでいます。

張り紙は

「社長からのお願いでございます 従業員、皆元気よく笑顔でお迎えいたします」

と大きな字で書かれ…

「いきなりステーキは日本初の格安高級牛肉の厚切りステーキを気軽に召しあがれる食文化を発明、大繁盛させて頂きました。今では店舗の急拡大により、いつでも、どこでもいきなりステーキを食べることができるようになりました」

とチェーンの成長を振り返ります。

しかしこれに続くのは、

「しかし、お客様のご来店が減少しております。このままではお近くの店を閉めることになります。従業員一同は明るく元気に頑張っております」

と客足が遠のいている苦境の吐露しているのです。

「お店も皆様のご希望にお答えしてほぼ全店を着席できるようにしました。メニューも定量化150g、200gからでも注文できオーダーカットも選べます。」
「創業者一瀬邦夫からのお願いです。ぜひ皆様のご来店を心よりお待ちしております」

とストレートに来店を呼びかけたのです。

さらに「はじめてのご来店のお客様へ」とも続けています。

「日本では厚切りステーキを食する文化はなかったですね。いきなりステーキが発進しました」とし、「勇気を出してドアを開けて下さい。オーダーは簡単です。感動の初体験がやみつきになります」

とサービスへの自信を見せているのです。

減速が鮮明に

13年末の1号店開業以来、急成長を続けてきたいきなりステーキ。

しかし勢いには陰りが見えています。


既存店売上高は18年4月から前年同月比マイナスを続け、19年10月には41.4%減にまで拡大しています。

ペッパーフードサービスは11月、自社ブランド同士の競合が発生しているとして、いきなりステーキの出店計画を210店舗から115店舗に縮小。

さらに既存44店舗を閉店すると発表しました。

芳しくない業績の表れともいえる「社長からのお願い」の張り紙。

ツイッター上では、

「本当に客足が遠のいているんですね。お近くの店舗を閉める。ん~、経営は難しい」
「客に自ら入客数減ってますって言うか?普通?これちょっとでも不満持ってる客がみたらああ、やっぱりな。俺もちがう店に行くか...ってなるんじゃね?」
「普通に行ってます。この数ヶ月で客激減しましたが混んで無くて良い」

と、同チェーンの今後を憂える声などがあがっているのです。

ペッパーフードサービス広報は12月11日、J-CASTニュースの取材に、この張り紙は12月3日から出しはじめたと明かしています。


今回目撃されたのは渋谷センター街店ですが、いきなりステーキは11月末現在で国内に488店舗。

広報は「順次全店に掲出予定です」とした。

また、文字は手書きのようですが…

「創業者・一瀬の想いを御客様へ御伝えする為に、一瀬が直筆で書いたものです」

と説明しています。

ネットの反応

「上から目線なんだよね。発明したとか、暗に従業員が困るぞとか。経営判断のミスなんだから、経営陣が無給にして、値下げしたら良い。」

「なんか、逆効果のような気がする。来客が減ってますって、わざわざ社長が掲出するか?それをみた従業員のモチベーションのこと考えないのかな?まぁこういうのをやろうと言い出したとき周りに止められる側近がいないような会社なんだろうな。」

「俗に言うステーキ界の一発屋って感じですね。冷静に考えたらわざわざ輸入牛をここの価格帯で食べるなら国産牛が食べれる。最初の仕掛けは素晴らしいと思いましたが味も価格も付いて行かない消費者のが冷静で賢かったと結果だと思います。」

訴えるだけで何かをしようとしているものではないですね。サービス向上とか値下げといった企業努力はないのでしょうか。

おすすめの記事