イメージとは真逆かも…電気自動車と雷の関係も…

ガソリン車よりも渡河性能は上! 

落雷も問題ない「電気自動車」の「間違いだらけの」イメージとは…

キャンプで雷に遭遇した場合

ゲリラ豪雨などと言われる突然の雨が襲ってくることがあります。

一転にわかに掻き曇る雷雲が出来上がって雷が落ちてくるのです。

アウトドア、キャンプなどで開けたところにいる場合変わってきた上空の様子がわかり始めるので、

できるだけ早く安全な場所に移り避難したいものです。

クルマは雷のシェルターにもなる

雷が鳴ったら、クルマに逃げろとよくいわれます。

正解で、乗っているクルマに雷が落ちても、車体を通じて電気は地面へ流れるので、乗っている人が感電することはありません。

電気は水の流れと一緒で、流れやすい方へ流れていきます。

人間の体と、車体の鋼板とでは、鋼板のほうが電気は流れやすいので、そちらへ雷の電気も流れていくというわけです。

しかし、そこで一つ疑問が出てくるのです。

地面と接しているタイヤは、ゴムでできています。

ゴムは絶縁体なので、電気を流さないはず…。

そのため、電気工事をする人は、ゴム手袋とゴム長靴を履いています。

もう一つ絶縁体なのが、実は空気なのです。

それであるのに、雷は大気を通して地面へ落ちていくのは…。

つまり、雷ほどの大電流・高電圧の電気の流れは、少々の絶縁体などまったく問題とせず流れていくということです。

ちなみに雷の電力は、数万~数十万アンペア(A)の電流。

電圧は数億から数十億ボルト(V)に達します。

電力に換算すると900ギガワット(9億キロワット)にもなるといわれています。

発電所1基の発電量は50万~100万キロワットなので、その1800倍~1900倍という猛烈な大きさになるのです。

したがって直撃は避けられても、近くに落ちて感電したら大火傷をして死亡に至る可能性があるのはいうまでもありません。

命を守るためにも、落雷しそうな樹木など自分の背より高い柱のそばはまず離れ、頑丈な建物などへ避難するのが無難です。

そうした建物がない場合はクルマに逃げ込むのが一番です。

その際、たとえば電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)でも、電気の影響は及ばないのでしょうか。

素人にはちょっとした疑問もあることでしょう。

しかし心配は無用です。

初代日産リーフが発売されるに際し、日産は落雷の試験を疑似的に行っています。

リーフの車体に雷に相当する高電流を流し、感電しないかを確認しているのです。

落雷とは話が変わりますが、EVは搭載するバッテリーから高電圧(300ボルト以上)の電気を得てモーターを駆動し、走行させています。

その電気が万一漏電したらどうなるのか…。

乗車した人が感電しないか、気になるところです。

通常であれば、漏電の心配はないのですが、万一衝突事故にあい、衝撃によって配線が損傷を受け、高電流が車体を流れるということはゼロとはいえません。

その車体に、人の手や体が触れてしまったらどうなるのでしょうか。

電気自動車はバッテリー電気遮断システムも備える

それに対してもしっかりした対策はなされています。

「ボンディングハーネス」という考えから、家庭電化製品のアースのように、車体と地面との電圧差をなくす措置が施されているのです。

そのうえで衝撃を検知すると、リチウムイオンバッテリーから流れる電気が遮断される仕組みにもなっています。

もちろん、安易に高電圧の電気系統を素手でいじるべきではありません。

しかし、これまでのエンジン車と同じようなクルマとの接し方で、感電などしないように設計された機構となっているわけです。

逆に、ガソリン車のような吸排気管がないことから、水深のある水溜まりでも走行を続けられ、

停止してしまわないのがEVでもあるのです。

初代リーフでは、水深70cmでも走行可能であることを日産は実験で確認しています。

それでも、無暗に水溜まりへ入り込まないようにすべきなのはいうまでもありません。

ガソリン車は、吸排気管から入ってきた水で塞がれ、排気できなくなってエンジンが止まってしまうのです。

そこで悪路走破をする4輪駆動車などの吸気管は、通常とは異なり、エンジンルーム脇などから高く掲げるように改造されています。

いずれにしても、EVやHVを含め、雷が鳴ったらクルマに避難することは間違いではないのです。

ネットの声

「初代リーフ乗ったけど、豪雨で渋滞で動けない中、水位が上昇して膝上くらいになって車内まで浸水してしまった。
周りに止まったガソリン車がたくさんいた中、走行不能にはならなかったけれど、水から上がって一度駐車して数時間後に再起動したらコーションランプ祭り状態。
ディーラーに持って行っても配線全部変えたら治るかも?って診断。結局車内も臭くなったので修理は諦めた。」

「駆動方式、エンジンに拘らずホイールセンターまで達する水深を通過した場合は何らかのトラブルの可能性は否めない。
熱が発生する部品は密閉構造に出来ない。
何処かに空気抜き孔を開けないと熱膨張でハウジングが壊れる。
その時は問題なくても水が浸入すればベアリングが腐食する原因になる。
EVがどうこうというのは電池の放電水位の事であって壊れないと言う事では無いと思う。」

「実験で水深70cmのところを走れたとしても実際の道路では何があるかわからない。
公道でトラブルを起こす連中は自分に都合の良いことしか読まないのだから、無用なトラブルを防ぐ意味で書く必要はなかったと思う。」

水没するといろいろなところに不具合が出るでしょう。

その場をしのげればいい…というであれば正解かもしれませんが。

おすすめの記事