インド発…ホンダの単気筒バイク『ハイネスCB350』

ホンダ「ハイネスCB350」インド発表のスペックと価格、車両の鮮明な姿が明らかに!

インド価格は19万ルピー(27万円強)

話題騒然のホンダ「ハイネスCB350(H’ness CB350)」がインドで発表されました。

空冷単気筒エンジンは事前の予想どおり、かなりのロングストロークです。

価格は発表時の映像で現地スタッフが口頭で発表していたものです。

2グレード構成で価格は19万ルピーから

2020年9月30日に行われたオンライン発表会で、ホンダの「ハイネスCB350」が発表されたのは既報通り。

ちなみにハイネスCB350の綴りについては、プレスリリース内にH’ness CB350またはHighness CB350と記述されている箇所があります。

ただ、車両ロゴまわりなどに使われている『H’ness CB350』のほうがかなり数は多く、こちらが正式な車両名ということになりそうです。

まず価格について。公式HPには『DLX』および『DLX Pro』という2グレード構成であることが記されています。

しかし価格については表記無し。

オンライン発表時に口頭で「ワンポイントナイン…」と述べられていたことから1.9 lakhと思われ、日本の表記に直せば19万。

現地メディア等で掲載されている価格も19万ルピーであることから、これが正式価格と見て間違いなさそうです。

19万ルピーは日本円換算で約27万3000円。

仮に日本で発売された場合の価格を占うために、ホンダのラインナップからちょうどいい比較対象になるバイクを探したが見つからず…。

日本生産のアフリカツインが現地価格135万5000ルピー(約221万円)だったりするのですが、これは参考にならないでしょう。

とはいえ、かなり戦略的な現地価格であることを考慮しても、日本発売時に60万円程度に収まることが期待できるプライスタグです。

ボア×ストローク[70mm×90.5mm]の衝撃! 前19/後18インチホイールを採用

続いて、明らかになったスペックについても解説していきます。

何より衝撃的なのは、空冷単気筒エンジンがかなりのロングストローク設定だったこと。

ティーザーの時点でもサウンドだけは公開されており、

そのトントントンというリズムや低回転での粘り感からロングストローク傾向であることは疑いようはありませんでした。

そして、348.36ccにして90.5mmという長大なストロークを誇ることがわかったのです。

ハイネスCB350のボア×ストロークは70mm×90.5mm。

これがどのような数値かというと、スクエアに近い弱ショートストロークのヤマハ「SR500」の87mm×84mmよりもストロークが6.5mm長いほど。

ちなみにSR400はもっと短い87mm×67.2mm。

ボア×ストローク比で言っても、

ロングストロークで知られたカワサキ「エストレヤ(250)」の66mm×73mmがボア×スト比1.106であるのに対し、

ハイネスCB350は1.293という数値となっています。

さらに思いつくまま比較車両を挙げていくと、

カワサキW800(773cc)の77mm×83mm/ボア×スト比1.078、

ハーレー883(883cc)の76.2mm×96.8mm/ボア×スト比1.270、

ウルトラリミテッドが搭載するミルウォーキー114エンジン(1868cc)の102mm×114mm/ボア×スト比1.118などと比較しても、

さらにロングストロークであることがわかります。

これはシングルエンジン好きにはたまらないでしょう。

完全に妄想ですが、仮にこの90.5mmのストロークのままピストン径を同じφ90.5mm、

つまりスクエアとした場合の排気量は約582cc。

ケース側にどの程度のマージンがあるかはわかりませんが、チューニングの可能性についても思いを馳せずにはいられません。

装備面は

ホイールサイズは前19/後18インチで、タイヤサイズは前100/90-19/後130/70-18となっており、

クラシカルなバイアスタイヤが選びやすそう。

Y字7本スポークのキャストホイールなので、もちろんチューブレスです。

そのほかにも、判明した装備を列記していきます。

まず灯火類はフルLED。エンジンは前述のようにロングストロークで、

シリンダーをクランク軸の直上から前方にオフセットし、フリクションロスを低減しています。

バランサーは2つを内蔵し、アシスト&スリッパークラッチやセルフスターターも装備。

電子制御関連では、オン/オフ可能なホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC=いわゆるトラクションコントロールシステム)、前後2チャンネルABSを標準装備。

ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム(HSVCS)によるナビゲーション等のコントロールが可能(DLX Proのみ)なほか、

メーターには平均燃費、リアルタイム燃費、バッテリー電圧計、ギヤポジションインジケーター、燃料警告灯が点灯してからの推定走行可能距離、サイドスタンド警告灯などが表示されます。

2グレードある『DLX』と『DLX Pro』の違いについては、DLXがモノトーンカラーとシングルホーンユニット、HSVCS無しであるのに対し、

DLX Proはツートーンカラー、デュアルユニットホーン、HSVCS有りとなっています。

価格の違いについては今のところ発表はありません。

●HONDA H’ness CB350[2021 model]

主要諸元
■全長2163 全幅800 全高1107 軸距1441
最低地上高166 シート高800(各mm) 車重181kg(装備)
■空冷4ストローク単気筒SOHC 348.36cc ボア×ストローク70mm×90.5mm
圧縮比9.5 21ps/5500rpm 3.06kg-m/3000rpm
変速機5段 燃料タンク容量15L
■キャスター27°05′/トレール120mm ブレーキF=φ310mmディスク+2ポットキャリパー
R=φ240mmディスク+キャリパー不明 タイヤサイズF=100/90-19 R=130/70-18
●インド現地価格:19万ルピー(換算約27万3000円)~
●色:DLX=赤、緑、黒/DLX Pro=黒×灰、青×白、黒×銀

ネットの声

「アジアンバイクは、スタイルや性能が魅力的なものが多いが、何と言っても価格が安いのは大きな魅力である。
日本市場で売っても、価格の安さは守って欲しいものだ。国内バイクは、スズキ以外のメーカーは価格が高過ぎる。
だから、買わないし、結果、売れなくなっている。若者たちの需要を取り込まないと、バイク業界の未来はない。
少しはアジアンバイクを見習うべきだ。」

「超ロングストロークエンジンらしい。ドリーム店でしか買えないのだから、定価価格をSRより安く設定すればドリーム店に足を運ばせるきっかけになるのでは?
教習所で大型二輪免許を取った50代ライダーが、リッターバイクに疲れてダウンサイジングする頃だから需要はあると思う。」

「ネオレトロなデザインは好み でもタンクとヘッドライトが不釣り合いに少し大きすぎる気がしないでもない。
それとインドでの発売価格が日本へ持ってくると倍以上になるのでは…そこはガッカリ。
これを日本で売るならかつてのシングルエンジンCB400SSとCL400をフューエルインジェクション化して排ガス規制をパスさせて、ABS付チューブレスタイヤにして再発売につなげてくれた方が嬉しいかな」

おすすめの記事