猪木vsモンスターマン…【1977年8月2日】異種格闘技戦の真骨頂

1976年2月6日のウィリエム・ルスカ戦で始まったアントニオ猪木の異種格闘技戦は、6戦目にして初めてキックボクサーとの対戦が組まれました。

プロ空手世界ヘビー級王者“ザ・モンスターマン”エベレット・エディです。

猪木が自身のキャリアを振り返る時、思い出深い試合の一つとして必ず挙げるこの一戦。

そこにはどんな思いがあったのでしょうか。

アリ以来の最強の敵

異種格闘技戦2戦目のモハメド・アリ戦(76年6月26日)は今でこそ再評価されていますが、当時は「世紀の凡戦」とボロクソに批判されていました。

その後、アンドレ・ザ・ジャイアント戦、ルスカとの再戦、アクラム・ペールワン戦と緊張感のある戦いが続きましたが、アリ戦の不評を払拭するには至りませんでした。

それだけにモンスターマン戦は、異種格闘技路線の今後を左右する重要な一戦だったのです。

77年7月25日に来日したモンスターマンは翌26日早朝、早速ランニングなどで体を動かし、余裕の表情で取材に対応。

来日前“アリの刺客”と紹介されたことについて「アリのボディーガードをしていたことは事実だ」と明かし、こう続けました。

「喧嘩ならアリにも絶対に負けない。俺は猪木を3ラウンドまでにマットに沈めてやるが、アリからその約束として10万ドル(約2400万円)を受け取ることになっている」

さらに試合のプランを聞かれると「まずキックだ。それもただのキックじゃない。一撃で相手を倒せるニールキックを猪木のアゴにたたき込んでから左、そして右のパンチでヤツをキャンバスに沈める」と手の内を惜しみなく明かしてみせたのです。

猪木のKO勝利

8月2日、決戦の舞台・日本武道館には1万1000人(主催者発表)のファンが詰めかけました。

異様な熱気に包まれる中、3分10Rのゴングが鳴ります。

果たして、モンスターマンは想像以上の実力者で、当時はいなかったタイプ。

キックに独特のリズムがあり、予測できない動きを見せます。

猪木の顔面、脇腹を何度も捉え、宣言通りの展開になりつつありました。

一方、猪木は公開練習や調印式をキャンセルして左足首の治療を行うなどコンディションを不安視されたのですが、動きは良く、打撃をかいくぐって投げ技を繰り出すなど見せ場を作ります。

何より両雄の動きがうまくかみ合い、その動きが止まることがなく、見ていて面白い試合になったのです。

勝負が決したのは5R。

モンスターマンはロープ際での攻防から掌底をまともに食らってダウン。

続けて、今でいうパワーボムのような形でマットにたたきつけられ、左肩を負傷。さらにギロチンドロップと畳みかけられ、レフェリーの10カウントが入ってKO負けとなりました。

猪木のうれし涙

試合後、控室で「左肩が痛い」とうめくモンスターマンを手当てしたリングドクターは「強い打撲による左肩脱臼。筋も痛めているので全治6週間」と診断しました。

一方、猪木は控室でまさかの号泣。

「私は昨年の6月26日に受けた屈辱をなんとしても晴らすために、今日という日をそれこそ死に物狂いで戦った。アリの刺客だろうがなんだろうが、全部、片っぱしからやっつけて、なんとしてもアリと再戦を果たす」と絞りだしたのです。

78年6月7日、福岡スポーツセンターで行われた再戦は猪木の一方的な勝利に終わったのですが、1戦目は後に「屈指の名勝負」といわれるほどで、異種格闘技路線を本格的に軌道に乗せるのに大きな役割を果たしたのです。

モンスターマンがまれに見る実力者だったからこそ名勝負となり、猪木に“うれし涙”を流させたのでした。

ネットの声

「残念ながら猪木vsモンスターマンの頃はリアルタイムでプロレスを見てない。80年代から見始めたけど、猪木ほど殺伐とした緊張感のある試合を魅せてくるレスラーはいないんじゃないかな。強力な相手には力を引き出し負け試合もやりスターを造り上げるセンスも素晴らしい。プロレスに熱狂できたし、だからこそ裏切られた時は暴動も起きるほど熱くなってた。今の新日はアメプロ化してしまって、それも面白いプロレスなんだけど猪木の時代のように殺伐とした緊張感は望めないだろうね……」

「この試合の後に控え室で猪木さんは号泣したと。猪木さんにとってはアリ戦後初の打撃系の蹴りとパンチのマーシャルアーツのヘビー級チャンピオンとの異種格闘技戦。また打撃を受けない試合展開となるのか、或いは名誉挽回でかなりの打撃を受けるのか、果たしてどんな試合内容になるのかで当時世間は盛り上がったのを覚えています。この試合内容は、当時では衝撃的な内容で猪木さんがかなりまともに、強烈なキック、パンチの打撃を受ける試合展開となりました。しかし、レスラーの打撃に対する耐久力を証明した試合ともなり、ファンからするとプロレスラーの肉体の強さが証明された試合でもありしたね。猪木さんはアリ戦での汚名を晴らしたという意味でも、数ある異種格闘技戦で最も意義のある試合となったと思います。それが試合後の号泣となって現れたのでしょうね。この時代にあんな試合をやってのけた猪木さんは時代の先端を走っていましたね。」

「猪木の格闘技路線で名勝負の一つだと思います、猪木、ウィリアムルスカのバックドロップの連発も凄かった。この試合もとても印象的でした!」



おすすめの記事