イオンは、コックスが開発する夏用マスク「ひやマスク」を順次、全国のグループ企業で販売すると発表しました。

税別価格は600円です。

やわマスクの進化形

コックスは、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、マスクを求める顧客に向けて、洗って使える肌に優しい布の「やわマスク」を4月に発売しました。

その後も、子ども用サイズのマスクなど、多くの顧客からの要望に応え、サイズ、カラーバリエーション、機能を充実させた「ぴたマスク」を開発・販売しています。

今回、真夏でも快適に着用できるよう、さらに進化した「ひやマスク」を開発したのです。

生地の温度を下げる

ひやマスクは、接触冷感素材に、涼感効果をもたらす天然由来のキシリトールを配合したTASTEX COOLEXの加工を施し、汗や水に反応して生地の温度を下げるのげ特徴。

ウイルス飛沫を防ぐために、フィルターを装着できるポケットを内側に採用しています。

フィルター10枚を付属しているのも嬉しいところ。

また、耳にかけるゴム紐部分に、調節用アジャスターを取り付け、耳への負担を軽減。

男女兼用で使用できます。

ひやマスクは、6月1日からコックスのオンラインで予約販売を行っています。

今後はグループ企業の店舗やオンラインで順次販売していくということです。

イオンでは、ぴたマスクと合わせ、約5000万枚の販売を計画。

今後、さらに拡大する予定ということです。

「ひやマスク」に新色3色が登場

「涼しさ」が続くマスク!お手頃プライスも魅力。

「日本を元気にしようプロジェクト」の第3弾として「ikka(イッカ)」より登場する新3色。

耳にかけるゴム紐は調節用アジャスターつきで、男女兼用で使用できます。

ウイルス飛沫を防ぐために、フィルターを装着できるポケットを内側に採用。

フィルターも20枚付属。色はピンク・サックス・グレーの3色です。

ネットの声

「どんどん形式だけのマスクに成っていく。蔓延が有る程度おさまっている時期は良いのだろうが、蔓延しだしたときは不安が有る。涼しいというので和紙の繊維を使ったマスクを買ってみたが、やはり夏場は暑い。針金が入ってないので鼻の両サイドが空いてしまって空気がかなり上へ抜けていく。眼鏡をした人は曇りやすくなるし。しないよりは飛沫が飛びにくくて良いのだろうけど?今年の夏は思いやられるな。」

「職場でもマスク着用必須ですので空調などは配慮してもらってるけど、布マスクと不織布マスクはどちらが暑く感じないのか結局わからず模索中です。
通販で接触冷感マスクを買いましたが出品元の表示が紛らわしく見え、3枚組のつもりでいたら、届いてみて1枚しか入ってなくてガッカリ…。(それが1枚の価格となると、自分の収入の割には結構なお値段だったので余計に。)まぁ手に取った家族が気に入って使っています。
まだまだ模索が続きそうですが、来年の夏はマスク着用義務緩和されないかな(^_^;)」

「冷感マスクは数多く出ていて、どれがいいのか模索中です。イオンのひやマスクに期待したのですが、ペラペラでこのマスクにどれだけの効果があるのか…素材がいいのかもしれませんが…。装着感もイマイチなんですよね。どうして商品化までゴーサインが出たのか不思議なレベルなんです。」

冷感マスクの本命と言われていたのですが、実力のほどはどうなのでしょうか。

おすすめの記事