iOS 14にアップデートしたらバッテリーが瞬く間に減る問題…Appleの対応策は「バックアップしてiPhone全消去リセットからの復元。

iOS 14にアップデートした人、新機能を楽しんでいると同時にバッテリーがすぐ減るという問題起きてませんか?

Twitterにもたくさんのユーザーから報告があがっているようですが、どうやら原因はApple Watchとの連携にあるようです。

バッテリーの問題以外に

今回のアップデートはバッテリーの問題もあがっています。

しかし、iPhoneのバッテリー問題だけでなく、Apple WatchでGPSデータが正しく記録されないという不具合も報告されているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Apple(アップル)が問題対応策をサポートページで公開しています。

残念ながらiOS 14.01のアップデートではバグ修正されておらず、応急処置ではありますが、サポートページの方法をやってみるしかない状態です。

対応策はかなり面倒…

  1. iPhoneとApple Watchのペアリングを解除。
  2. iCloudなどで、iPhoneのバックアップをとる。
  3. iPhoneを全消去。全コンテンツ全設定消します。
  4. バックアップから復元。

Appleいわく、iOS 14アップデート後、

以下のiPhone/Apple Watch不具合が2つ3つ以上出ているユーザーは1回全消去するというこの方法を試してみてということです。

アップデート後の不具合

・Apple Watchで取得したGPS情報ありの前回運動分のルートマップが、iPhoneのFItnessアプリに表示されていない。

・アクティビイ、心拍数などヘルス関連アプリが、Apple Watch上で起動できない、またはデータを取得できない。

・フィットネスアプリ、ヘルスアプリが、iPhone上で起動、またはデータ取得できない。

・ヘルスアプリ、フィットネスアプリが、iPhone上で不正確なデータ量になっている。

・アクティブティアプリが、Apple Watch上で不正確なデータ量になっている。

・iPhone上のヘルスアプリにて、Apple Watchのヘッドフォン音量・環境音量のデータが表示されていない。

・iPhone、Apple Watchでのバッテリーの減りが著しく速い。

ネットの声

「なるほどやたらバッテリーの減りが早いのはこれのせいか。
そもそも全消去なんて恐ろしいからやらないので早く対応策考えて下さい。」

「ipad mini4ですが、同じく電池の減りが異常に早いです。電池の寿命化かと思いましたが、もしかしてバグの可能性は?
と思ったこの記事です。とりあえずいろいろな通知をオフにしたら少しマシになりました。気長にアップデートを待ちます。」

「これ、13の時もあったよね‥アップグレードする度にバグやら迷惑な事起きるのおかしくない?
しなきゃ起こらない。そして、スマホに無駄な機能が付きすぎる。凄いバージョンと、普通に使えるバージョンの2種類でいいと思うので、普通バージョンでサイズも昔のSEのを出して欲しい。」

最善策は、「アップデートをしない…」ということになりそうですが、ユーザーはついつい我先にとアップデートするんですよね。

おすすめの記事