「iPhone 12」は11と比べて何が進化した? 9つのポイントで読み解く

2020年10月14日深夜2時(日本時間)から開催されたAppleの発表会。

デザインが一新され、ハード面で格段の進化を遂げた「iPhone 12」の詳細を振り返ります。

iPhone12が進化した9つのポイント

劇的に変わった…とは言い難いという声もありますが、11と比べて明らかに進化しました。

【その1】サイズと重さ

今回発売されるiPhone 12のディスプレイは、iPhone 11と同様の6.1インチ。

しかし、iPhone 11よりも格段に小型化しています。

厚みを11%、体積を15%それぞれ削減し、重さも16%軽くなりました。

形状は、iPhone 5以来となる、角ばったデザインです。

【その2】ディスプレイ性能

小型化の一方で、ディスプレイの性能は大きくアップしました。

iPhone 12は有機ELディスプレイであるSuper Retina XDRディスプレイを搭載。

200万:1のコントラスト比を実現するこの画面は、画像の明暗をより鮮明にし、画素数はiPhone 11の2倍になりました。

高品質の映像形式である、Dolby Vision、HDR10、HLGといったHDRビデオにももちろん対応しています。

【その3】耐久性

ガラスの丈夫さも追求。

iPhone 11と比べて4倍もの耐落下性能を誇る「セラミックシールド」が、スマホユーザーの大きな恐怖である画面割れを防ぎます。

【その4】5G対応

本機は、iPhoneシリーズでは初の、高速通信規格・5G対応機種です。

高速・低遅延の5G通信により、ゲームのリアルタイム対戦や画像・ムービーの即時共有など、スマートフォンを介した大容量通信が格段に快適化します。

なお、国内大手キャリアであるau、docomo、SoftBankの3社が、iPhone 12による5G通信に対応することが発表されています。

【その5】グラフィック&処理性能

チップには、競合機種より最大で50%高速だというA14 Bionicを採用。

6コアのCPU、4コアのGPU、16コアのニューラルエンジンが、グラフィック性能を50%、機械学習処理性能を80%、競合機種よりもそれぞれ高速化させていると発表がありました。

5Gへの対応と処理性能の向上は、iPhoneのゲーミングデバイスとしてのポテンシャルをよりアップさせています。

世界的人気タイトルである「リーグ・オブ・レジェンド」のiOS向けタイトル「リーグ・オブ・レジェンド;ワイルドリフト」の開発も併せて発表されました。

【その6】カメラ性能

さらにiPhone 12ではカメラも大幅進化。

iPhone史上初となる7枚レンズを採用し、集光力を27%アップしました。

これにより、暗いシーンでも高品質な写真が撮影できます。

暗所での写真撮影といえば、ナイトモードも見逃せません。

iPhone 11で新搭載されたこの機能も順当に進化し、光を取り込む力が向上。

しかも、フロントカメラを含むすべてのカメラでナイトモードが使えるようになり、タイムラプスまで対応するようになりました。

【その7】接続端子

充電には非接触充電とLightningによる接続を採用。

同梱されるLightningケーブルは、従来のUSB-A接続から、USB-C接続に変更され、充電速度が向上しています。

【その8】非接触充電の安定性

また、非接触充電をより安定させる機構として「MagSafe」を新たに装備。

iPhoneの背面に磁石を内蔵したことで、非接触充電時の安定性が増すほか、背面にカード入れを装着しての使用など、新たな活用バリエーションが提案されています。

MagSafeの対応アクセサリも多数、新発売されました。

【その9】5.4インチの小型モデル

そして今回登場したiPhone 12には、小型モデルのiPhone 12 miniもラインナップされました。

こちらは5.4インチの画面サイズで、性能はiPhone 12と全く変わりません。

iPhone SE(現行モデル)より小さいので、持ちにくさを気にしていたユーザーにはありがたい存在になりそうです。

ネットの声

「ネットやSNSの閲覧、LINEや電話くらいしか使わないって人には明らかなオーバースペック、宝の持ち腐れにしかならない。ライトユーザーならほぼ半額のiPhone SEで充分過ぎる性能だと思うよ。」

「クルマと同じで、自身の好みで所有欲を満たす機種があって、それを得る経済的余裕があれば、誰が何を評価しようと気にする問題ではありません。
明らかに価格に見合わないビンテージカーに大金をつぎ込む人もいれば、免許取り立てで高スペックのスポーツカーを購入する人もいる。他人に迷惑をかけないのであれば、自身の好きなようにするのが一番良い。」

「iPhone12 mini ってiPhone8より小さいボディーにiPhone8 plus並みのディスプレイがついた感じでしょうか? それならポケットに入れても邪魔にならなさそうですね。魅力あります。機種変更するとすれば間違いなくiPhone12 miniにすると思います。」

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・レッド・グリーン・ブルーの全5色で、価格はiPhone 12が9万4380円、12 miniが8万2280円(すべて税込)。

発売日については、iPhone 12が10月16日予約開始・10月23日発売、12 miniが11月6日予約開始・11月13日発売とそれぞれ発表されています。

おすすめの記事