iPhone13こそ待望の指紋認証が復活!?

来年のiPhone 13は「指紋認証」復活、ディスプレイにTouch ID内蔵へ

アップルはiPhone 12シリーズの販売を開始したばかりですが、今年の最新端末は数多くの妥協を重ねたプロダクトとなっています。

そんな中、早くも来年の端末に関する複数のリーク情報が浮上したのです。

Touch IDをディスプレイに埋め込む

先日は、2021年に発売されるiPhone 13シリーズがノッチの面積を減らし、画面の表示性能をアップした120Hz ProMotionディスプレイを搭載するとの情報がもたらされました。

それに続き、来年の端末には指紋センサーのTouch IDが復活する見通しが強まったのです。

この情報はタイミング的に早すぎる気もしますが、誰もが待ち望んだ指紋センサーが復活するのは大変喜ばしいニュースです。

Touch IDに関するリーク情報はまず、著名リーカーのL0vetodreamによって報告され、確度の高いリーク情報で知られるジョン・プロッサーもこの見立てに同意しました。

L0vetodreamによると、アップル社内では「MESA uts」と呼ばれるプロジェクトが進行中で、

MESAはTouch IDを意味し、utsはunder the screen(アンダー・ザ・スクリーン)の頭文字をとったものだということです。

つまり、iPhone 13シリーズはTouch IDをディスプレイに埋め込むことになります。

先々ではiPhoneとパスポートを統合へ

この動きは非常に理にかなったものと言えます。

まず第1に、アップルは昨年から、ディスプレイ内蔵型のTouch IDの複数の特許を申請しています。

2点目としては、パンデミックを受けてマスクの着用が広がったことで、顔認証のFace IDの使い勝手が大幅に低下したことがあげられます。

そして3点目としては、2つの認証の組み合わせで、金融やヘルス関連でも役立つ非常に高精度な認証が可能になり、

これによってアップルはプライバシー重視の姿勢を強化し。

iPhoneをパスポートと統合するというゴールに近くづことになるからです。

カメラの性能を大幅に向上

2021年のiPhoneは、カメラ性能を大幅に向上させ、現状では米国限定となっている5G通信の中でも速度の速いミリ波対応を、米国以外に広げることが期待されています。

新端末の入手を急ぐ人にとって今年のiPhone 12シリーズは、ぜひとも入手したいモデルと言えるでしょうう。

しかし、来年まで待ってもいいという人は、指紋認証に対応するiPhone 13シリーズの発売を待つべきと言えます。

ネットの声

「7の買い替えを考えていました。Miniの小ささはかなり魅力的。しかし、やはり指紋認証の便利さを捨てられず13が出るまで待とうと思います。」

「パンデミックの前から顔認証より指紋認証の方が便利だった。指紋認証ではスマホを手にとった瞬間に既にロック解除されてるけど、顔認証ではスマホ画面を顔に向けてからなので一瞬煩わしい。マスクでトドメを刺された感じ。技術的に上なものが必ずしも便利ではないという例として面白いと思う。」

「顔認証より指紋認証がいいので、去年のリーク情報で12に指紋認証が搭載される確率が高いって言われてたから12を待っていましたが一切搭載されていませんでした。所詮噂で信ぴょう性はあまりないということを前提にしたほうがいいです。当たり前といえば当たり前ですが、、」

指紋認証が思いの外人気のようです。これもコロナの影響ですね。

おすすめの記事