iPhoneのeSIMを使わない理由はないよ…オンライン専用ブランドとも相性良し

iPhone「eSIM」を使わないのは損失かもしれない。

3月開始のオンライン専用ブランドとも好相性。

KDDIのpovoや、ソフトバンクのLINEMOなど、オンライン専用ブランドが間もなくスタートします。

こうした新ブランドが売りにしているものの1つがeSIM。

eSIMとは、従来のSIMカードに代わり、端末内部のチップに通信事業者(キャリア)の設定情報を書き込める仕組みのことです。

店舗に行ったり、郵送でSIMカードが送られてきたりするのを待つ必要なく使い始められるため、オンライン専用ブランドとの相性がいいのです。

通信事業者はeSIMに力を入れている

昨年4月に本格参入を果たした楽天モバイルや、格安スマホの老舗としてシェアの大きいIIJmioも、eSIMに力を入れている通信事業者。

サービス開始時は物理SIMのみだが、ドコモのahamoもeSIMに対応する予定です。

徐々に広がりつつあるeSIMですが、オンライン専用ブランドが成功すれば、既存のブランドにも取り入れられていく可能性が高いと言っていいでしょう。

実際、ソフトバンクはサブブランドのワイモバイルでも、3月17日からeSIMでのサービスを開始する予定です。

アップルは、eSIMに対して積極的な端末メーカーの1社です。

スマートフォンでは、他社に先駆け、iPhoneXSでこれを採用。

以降、現行モデルのiPhone12シリーズだけでなく、セルラー版のiPadにまでeSIMを搭載し続けているのです。

eSIMは、物理SIMより手続きが簡単なだけでなく、うまく組み合わせれば料金の節約や電波が届きにくい場所でのバックアップにもなります。

オンライン専用ブランドが登場する今、改めてその使い方やメリットを知っておきたいところですね。

真のメリットは「デュアルSIM化」にある

eSIMは手続きが簡単で、自宅にいながらにしてすぐに通信回線を使い始めることができます。

手順もシンプルで、契約後に送られてきたQRコードを、iPhoneのカメラで読み取って簡単な設定を済ませるだけ。

キャリアによっては、アプリから直接eSIMの設定を書き込めることもありますが、日本国内ではまだQRコードでの設定が主流。

iPhoneの場合、カメラアプリから読み取ってもいいですし、「設定」の「モバイル通信」で「モバイル通信プランを追加」をタップしてもいいのです。

とはいえ、手続きが簡易的になるだけだと、恩恵を受けるユーザーは限定的です。

真のメリットは、デュアルSIM化にあるといっていいでしょう。

iPhoneは、物理的なSIMカードとは別にeSIMを設定でき、eSIMにプロファイルを書き込むと、2回線同時に利用できるようになります。

両方とも音声通話に対応している場合、2回線同時待ち受けができ、どちらに電話がかかってきても着信します。

ただし、当然ながらデータ通信は、2回線同時には利用できません。

データ通信に使う回線は、ユーザーが選択する必要があるのです。

この仕組みを応用すると、音声通話の安いキャリアとデータ通信の安いキャリアを組み合わせて、毎月の料金を節約することが可能。

例えば、楽天モバイルの新料金プラン「UN-LIMIT VI」は、1GB以下なら料金がかかりません。

音声通話も、「Rakuten Link」というアプリを通せば、無料になります。

一方で、データ通信は1GBを超えると3GB以下まで980円になり、20GBを超えた時点で2980円まで上がって無制限になります。

さらに料金を下げるには

これでも大手3キャリアに比べると十分安い料金水準ですが、eSIM側に格安スマホのIIJmioを設定すると、データ通信料をさらに下げることが可能です。

IIJmioが4月1日に開始する新料金プラン「ギガプラン」は、eSIMだと2GBで400円、20GBでも1500円と安いのが売り。

1回線目を楽天モバイルにしつつ、2回線目をIIJmioのeSIMにすれば、音声通話が使い放題になるうえに、データ通信も合計21GBまででき、1500円で済んでしまうというわけです。

楽天モバイル側を1GB、IIJmio側を2GBに抑えられれば、料金は400円と激安になるのです。

iPhone12シリーズの場合、eSIMを有効にすると5Gが利用できなくなるなど、制約はありますが、その分料金は大手キャリアの新料金を下回る安さになります。

注意点として、指定したSIMカード以外で通信してしまう設定があるため、これはオフにしておいたほうがいいでしょう。

「設定」の「モバイル通信」で「モバイルデータ通信」を開き、「モバイルデータ通信の切替を許可」のスイッチをオフにしておきましょう。

切り替えも簡単、バックアップ回線にも最適

iPhoneに入れられるSIMカードは、物理SIMとeSIM、それぞれ1回線ずつだと思われているかもしれませんが、実はそうではないのです。

SIMカードという物体がなく、データだけで管理しているぶん、eSIMは入れ替えも簡単に行えます。

iPhoneにも、複数のeSIMを入れておき、使うものだけを有効化することが可能です。

もちろん、同時に使えるeSIMは1回線まで。

eSIMとeSIMでデュアルSIMにするといったことはできません。

あくまで、iPhoneに内蔵されるeSIMに対して、適用するキャリアのプロファイルを選択できるということです。

例えば、物理SIMにau、eSIMに楽天モバイルとIIJmioをそれぞれ入れ、普段のデータ通信は楽天モバイルを有効にし、必要に応じてIIJmioに切り替えて使うことができます。

eSIMの回線を切り替えたいときには、「設定」の「モバイル通信」を開き、オンにしたいキャリアを選択。

「この回線をオンにする」をタップすると、そのキャリアが有効になり、現在使用中のeSIMの回線は自動的にオフになります。

これを物理SIMでやろうとすると、ピンでSIMカードをスロットを抜き出したあと、SIMカードを交換して、もう一度SIMカードをiPhoneに戻さなければいけません。

こうした手間がかからないのは、eSIMのメリットといえるでしょう。

いざというときは切り替えて使う

維持費の安い回線を入れておけば、いざというときだけそちらに切り替えて使えます。

楽天モバイルの場合、新規参入キャリアのため、どうしてもエリアには抜けがあります。

建物の地下で圏外になることも、まだまだ多いのです。

そのときには、IIJmioのeSIMをオンにすれば、データ通信がつながるケースがあります。

同社はドコモから回線を借りているからです。

IIJmioは従量制の「データプラン ゼロ」というプランで、維持費は月額150円。

1GB追加しても450円で済みます。

切り替えが簡単なため、普段はpovoやLINEMOをeSIMで使いつつ、どうしてもauやソフトバンクの電波が入りづらかったり、十分な速度が出ないときもあるでしょう。

20GBを超えてしまったときだけ、IIJmioや楽天モバイルに切り替えるといった使い方も考えられるのです。

eSIMは、エリアやデータ容量を補完するためのバックアップとしても活用できるというわけですね。

日本にいながら海外キャリアとも契約できる

eSIMを提供しているのは、日本のキャリアだけではありません。

どちらかというと、海外のほうが先行している状況で、アップルのサイトにはeSIMに対応したキャリアの一覧が掲載されています。

時間や場所を問わず契約できるのがeSIMの魅力。

国をまたぎ、日本にいながらにして、海外キャリアと契約することも可能になるのです。

日本では珍しいですが、海外には国際ローミングを専用にしたキャリアがあり、割安な料金で通信を提供しています。

コロナ禍で海外渡航の機会は激減してしまいましたが、こうしたキャリアをeSIMで使えることは、覚えておいて損はないでしょう。

例えば、NTTコミュニケーションズ傘下のTransatelが提供するUbigiは、フランスなら3GBで8ドル、スペインなら3GBで7ドルと、リーズナブルな国別のプランを用意しています。

同様に、KDDI傘下のソラコムが提供するSoracom Mobileも、ヨーロッパが1GBで6.99ドル、北米が1GBで12.99ドルと、使い方によっては大手キャリアの国際ローミングより料金は安いのです。

コロナ禍で当面海外渡航は難しいかもしれません。

しかし、キャリアによっては日本で国際ローミングすることも可能。

日本にいながら海外キャリアと契約し、ローミングで使うというのはまさに裏技といえます。

一般的には日本のキャリアで直接通信するよりも割高になってしまうのですが、料金プランによっては、あえて利用するメリットがあることも。

1日定額は、その代表例といえるでしょう。

ルクセンブルクに拠点を構えるMTX Connectは、1日定額プランを9.95ユーロで提供しています。

ビデオ会議などが続き、データ通信を大量に使うようなときには、このプランを契約すれば、普段使っているキャリアのデータ容量を消費しなくて済むのです。

同様の1日定額プランは、KDDIのpovoがトッピングとして提供する予定ですが、それ以外のキャリアを使っているときには役に立ります。

日本のキャリア以外の選択肢が増えるのも、eSIMの魅力といえそうです。



おすすめの記事