年収一千万超えでも生活苦…税金取られすぎ!日本は間違っている

年収1200万円の40代男性、「日本は間違っている」と激怒 「働いても働いても税金を多く取られる。なぜ政治家は身を削らないのか」

年収1000万クラスになると業務量の多さだけでなく、クオリティを求められることも少なくないようです。

年収一千万を超えても

「年収1280万円です。規制があるため残業時間は月60時間と、それほどでもありません。しかし限られた時間の中で、高品質のアウトプットを出し続けていくことに、厳しさを感じています」(金融・保険系)

同じく都内に住む年収1000万円の40代男性は「月の残業は200時間です。上司や同僚、部下からの電話は年中。深夜や早朝も問わずにかかってくるで大変です」と綴っています。

「働いても働いても税金が多く取られる」国への怒りが止まらない

金融・保険系の企業に勤務する都内の30代男性(年収1100万円)も、「休日も顧客対応があり会社携帯を持ち歩いている」と激務ぶりを語る一人。

金融・保険系で年収1030万円を得る兵庫県の50代男性も「補償制度を見直してほしい」と国に訴えます。

現に男性は年収制限により、国からの補償制度をまったく受けられず、子どもの大学の奨学金制度も対象外になったというのです。

「住宅ローン、子どもの学費、保険料、高額な税金……。それらを引かれると実際に使えるお金は、年収500万台の人と大差ない状況。国は税引き前の金額で検討すべき」

過密勤務で

そう主張する男性ですが「休日出勤が毎週で肉体的にも限界に近い」と激務ぶりも語っています。

朝6時から電車で2時間かけて通勤し、帰宅は21時になることが多いそう。

職場では上下間の板挟みになる中間管理職とあって、精神的なプレッシャーから「鬱状態で日々を送っている」というのです。

また、

「年2回の決算時期になると夜の食事が取れない。もともと腸が弱いこともあるが、それが2か月間も続くので辛い」

おすすめの記事