晩節を汚す石橋貴明…野猿も失敗に…木梨との不仲も

晩節を汚していると言われているのが石橋貴明(57)です。石橋貴明唯一のレギュラー番組の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)は、視聴率低迷で打ち切り目前となっています。

苦し紛れの野猿再結成!?

視聴率低迷で「石橋貴明のたいむとんねる」も打ち切り目前…。

本決まりというわけではないようですが、低視聴率であり、石橋貴明の麩人気度から見ても打ち切りは必至とされています。

その焦りもあってか、かつて一世を風靡した野猿の元メンバーを集めて「B Pressure(ビープレッシャー)」を結成したのです。

しかし、驚くなかれ肝心要の相方である、木梨憲武(57)の姿はありません

今回、「B Pressure」の作詞は、野猿も担当した秋元康に依頼する力の入れようだったのですが、自主レーベルでのリリースにとどまるということで、ヒットは期待できません。


テレビ局関係者は次のように語っています。

「“夢よもう一度”ということなのでしょうけど、今さら野猿でもないでしょう。『たいむとんねる』も昔を懐かしむ番組ですが、視聴率は2~3%です。彼はスタッフにも若手にもさんざん横暴な態度をとってきたので、これから何か新しいことを一緒にやろうとする仲間も少ないんでしょう」

とんねるずとしての最後のレギュラー番組だった「とんねるずのみなさんのおかげでした」は18年3月に終了しています。

その年の11月に人気コーナーだった「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が特番で復活したのですが、木梨は出演しませんでした。

このことから石橋と木梨の間で不仲説が取り沙汰されたのです。

「木梨さんは、『みなさんのおかげです』時代を含めると30年近く続いた長寿番組をついに見限ったフジのやり方に不信感を抱いて出演しなかったといわれています。今回、野猿に参加しないのもそうした事情が関係しているでしょう」(前出の局関係者)

石橋貴明はこれからどうする?

夢をあきらめきれない石橋貴明は、このままもがき続けるのでしょうか。

かつては破天荒でやんちゃなキャラクターで、それを売りにしてテレビ界を席巻しました。

野猿もその一環であったのは間違いないでしょう。

それでも、昔の名前で出ています…過去の栄光よもう一度…ではやはりダメで、時代とともに変わっていかなければいけないのは芸能人であれば当然です。

石橋貴明本人も年齢を重ねてきて、どういった路線であっても変化していかないと、あきられてしまうのは自明の理であることは間違いありません。

視聴者が離れていったのは当然といっていいでしょう。

とんねるずの復活はない??

石橋貴明だけでがんばらずに、「とんねるず」として活動したらいいのでは?

それはまっとうな意見です。

その試金石となったのが、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の大人気コーナーのひとつ、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が特番として放送されたときです。

あのマニアックな笑いがふたたび見られる…といったことで心を躍らせたファンも少なくなかったでしょう。

しかし、発表された出演者メンバーを見ると、石橋貴明の名前はあっても、相方の木梨憲武、それに同コーナーを盛り立てた審査委員長の関根勤の名前がなかったのです。

当時のコンセプトは「モノマネはもっとコアに、もっと深いところへ入っていかなければならない」でした。

マニアックすぎて周囲に伝わりづらいモノマネを芸人らが披露して人気を博しました。

番組では、河本準一や山本高広はお家芸を追求し、博多華丸は「アタック25」の児玉清シリーズを機にブレークしました。


オチがついた瞬間に落下した芸人が画面から消え去る演出もウケました。

みなおかファンに限らず多くの視聴者を楽しませた名物コーナーだったのです。

その特番のHPには、石橋が主宰するまったく新しいスペシャル番組とうたわれていました。

白髪のズラをかぶり、白衣姿で博士や助手に扮する木梨と関根の姿は特番では見られなかったのです。

そのときの状況を事情に詳しい中堅芸人が語っています。

「ノリさんは終了した番組の1コーナーをそれだけ切り取って復活させるのはおかしいと異を唱えたんです。番組は打ち切ったのにとご立腹だった。関根さんはそんなノリさんの心情と考えに同調し、2人は出演オファーを断ったそうです」

それなら石橋貴明も断って番組自体を無しにしてもよかったのでは…と思いますが、そこにもとんねるずの分断の構図が見えてきそうですね。

ネットの声

「金はたんまりあるんだし別に今更一線に返り咲きたいと思ってるようにはみえん。別にやりたいことを好きなようにやる分には本人的には幸せじゃね?」

「こういう行動の1つ1つに[陰りが見える]ような言い方をして煽りますけど、実際は本人 そんなに気にしてないと思いますよ。単純にノリでやってるんでしょうし、木梨憲武と今更 不仲を囁いたところで 数十年もやってりゃ多少の距離感を縮めたり拡げたり本人たちでコントロールくらいするでしょ。」

「夢をもう一度ってことでもないのかも。昔にしがみついてるともいえるけど、昔の(ノリを)楽しめるコンテンツがあってもいいじゃないかと。」

いい歳なんだし、それぞれが好きにやっていいのかもしれません。解散は寂しいですけどね。

おすすめの記事