引退危機!?そんなに石田純一が追い込まれてるの?スポンサー激怒なんだって

新型コロナウイルスから生還を果たしたはずの俳優の石田純一(66)が踏んだり蹴ったりの状態。

状況しだいではこのまま芸能界引退の可能性まで出てきたというのです。

石田は5月12日に退院し、翌日のフジテレビ系「Live News it!」の電話取材に対応。

さらに14日には、「とくダネ!」に生電話で出演しました。

激励よりも非難の声が

石田本人としては無事を伝えたい一心だったのでしょう。

だが、想定していなかった事態が起きたのだというのです。

視聴者から石田に対して叱咤激励の声よりも圧倒的に非難する声の方が多かったからです。

「『無責任』『芸能人だから許されると思うな』『顔も見たくない』と……。あまりの不評に起用したフジテレビが慌てていました」(制作関係者)

視聴者は一体、石田の何に激怒したのか?

「石田の対応はまず迷惑を掛けた人に対する謝罪や医療関係者に対する感謝の言葉だった。一瞬、丁寧で謙虚な姿勢がうかがえるのだが、よくよく聞くと自分の話ばかりなんです。報道でもあったようになぜ、女性と食事をしていたのか? なぜ、リモート会議などの手段があるなかであえて体調が悪いのに沖縄に行ったのか? 石田が真摯に反省しているならまず、自分の感染経路を明らかにして謝罪すべきでした」(前出の制作関係者)

当然ですが、誰一人として石田がコロナウイルスに罹患したことを責めているわけではありません。

しかしながら、石田に対してのバッシング騒動は瞬く間にテレビ&広告界に広まったのです。


その結果、予期していなかった事態が起こってしまいました。

スポンサーからはNGも

「非常に残念な話だが、スポンサーからは完全NGが出てしまった。性格なのかもしれないが、石田はヘラヘラしているように見えてしまうんです。さらにネットなどでは女性と一緒=浮気、沖縄も女遊びのため……といった臆測記事が飛び交っている。負の連鎖です」(キー局編成マン)

石田に対しNGを出したのは実は広告界だけでありません。

テレビ界も厳しい対応を取らざるを得ないというのです。

「そもそもテレビ界の石田のポジションは俳優ではなく芸人に近いひな壇タレント。今回のコロナ騒動で沖縄県民を敵に回し、しかも、この緊急事態宣言下にゴルフ場に行って感染してしまったため、ゴルフ場のイメージを悪くしゴルフ関係者からも総スカン状態。視聴率や制作費が厳しい時にトラブルメーカーと化した石田を好んで起用するテレビマンはいないでしょう」(前出のキー局編成マン)

コロナは克服したのですが、それ以上の大ピンチ。

わが身の不徳ということでしょうか。

ネットの反応

「必然ですね。もう言い訳を聞く段階も過ぎました。最後くらい潔く芸能界から身を引くべき。ゴルフ三昧の生活が待ってるんだからいいじゃないか。」

「俳優でもないし、お笑い芸人でもなく、ゴルフをしたり、ゲストに招かれて収入を得ていた感じなので、今はそういう仕事皆無になり、これから厳しくなると思います。これはこの人に限ったわけではなくて、才能がないけどどうにか芸能界にしがみついていたら人たちは、もう仕事はなくなる気がします。」

「だいたい嫁さんやら東尾が諌めたりしないんかね?やっぱり一般人とは考え方が違いすぎるんだろうな?普通なら志村けんや岡江さんやらが亡くなった時の流れでのコメントへのバッシング等、周りの状況で出演やらコメント控えたほうがいいなって家族ならわかるだろうに」

昔から脇の甘さが指摘される人でした。

今回は叩かれすぎかなと思いますが、やはり認識が甘すぎたんでしょうね。

おすすめの記事