いしだ壱成…コロナ禍で生活保護を受けていた??

いしだ壱成 今年5月から一時生活保護受けていた「貯金も何もなくなって」

俳優・いしだ壱成(45)が13日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演。

自身のうつ病体験などについて語りました。

SNSでのトラブルを経てうつ病に

2018年4月に当時19歳だった女優・飯村貴子(22)と再々婚し、石川県に移住。

同年9月に女児が誕生しました。

結婚後にSNS上の誹謗中傷などで心を痛めつけられ、

「お恥ずかしい話なんですけど、去年1年間、鬱(うつ)病になってしまいまして」「けっこう症状が重くて。家族に支えられてはいたものの、なかなか働くことができずに。人に会うのも電話すらも怖いという状況になってしまって」

と昨年4月ごろからうつ病を患っていたことを明かしたのです。

生活保護を

今年3月にはようやく回復したというのですが、「気付いてみたらまるっきり貯金も何もなくなっていた状態で」と生活がひっ迫。

新型コロナウイルスの影響もあり、仕事も見つからず、

「周りの友人、知人が『いったん生活保護を受けて、その間になるべく短期間で自活できるようにがんばろう』って言って下さって」

と今年5月から生活保護を受けていたことも明かしたのです。

芸能活動を継続

ナレーションでは、「周囲の人の支えもあり、先月(9月)から生活保護を受けずに暮らしている」ことが補足説明されていました。

現在は、ローカルタレントとして芸能活動のかたわら、プロデューサー業や演技指導などの仕事をしていることが伝えられたのです。

ネットの声

「一般の人より多く税金を納めていた時期もあるのだから、今、生活保護が必要で有れば、貰って生活を立て直す事に使って欲しい。他人がどうこう言う事では無い。」

「父親に助けを請わなかったという意味では、自立していると言っていいのか、よく分からん。それだけ症状が酷ければ障害年金受給という手もあったと思うが。いずれにせよ、これまでの行いはともかく、助けが必要な時にはしっかり頼った方がいい。」

「生活に困窮していたんだから、生活保護受給は問題ないです。そのための制度だし。それに今は受けていないんだから、生活保護を受け続けて税金を食い物にしている連中とは根本的に違いますよね。ただ、わざわざ公表することでもないと思いますけど。」

生活に困窮しているのだから生活保護を…というのは納税者の当然の権利です。

ただし、身内が援助できるのならまずはそこをあたらなくてはいけないはず…。

おすすめの記事