石田純一、妻・東尾理子との亀裂を明かしました。

反対された沖縄行き強行で「価値観が合わない」。

俳優の石田純一(66)が7月31日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の取材に応じ、自粛要請のさなかに沖縄へ行ったことが原因で妻の東尾理子との仲に亀裂が入ったことを明かしたのです。

理子との対立

番組では新型コロナ感染から回復し、2カ月以上が経過した石田を取材。

石田は身体の具合は「大丈夫」と語っていました。

しかし、自粛要請の最中に仕事で沖縄へ行ったことで、妻・理子と対立したことを明かしたのです。

石田は「(沖縄に)行くと言うことで、うちの奥さんと『価値観が合わない』ぐらいいわれまして。離婚じゃないですけど、そういうところまで行きました」と打ち明けました。

ファンへ謝罪

石田は4月に仕事で沖縄へ渡ったのですが、そこで体調を崩し、帰京したところで検査を受け陽性が判明し入院。

5月に無事退院したのですが、理子は感染が判明した直後にブログで「主人を止めきれなかったことを深く後悔」とファンへ謝罪しています。

価値観が合わない

石田は理子から「全部の考え方、行動が全然合わない」と言われたそう。

結果、沖縄行きを強行しコロナに感染したことで「もちろんだから怒られた。ほらみたことかと」と言われたともコメント

「コロナ離婚じゃないけどそういう言葉が出るくらい大変な時期だった」とコメントしました。

その後も「僕らも話し合ったりもしましたけど、それがいい状態になっているか、未だに分からない」と寂しそうに語っていました。

ネットの声

「まぁ言われても仕方ないでしょうし。世間は奥様側の意見と同意見が圧倒的に多いと思いますよ。」

「一連の石田純一の行動を考えたら理子さんが三行半突き付けたって、全くおかしくない。」

「いくら我慢強い理子さんでも、さすがに今回の事は愛想を尽かしたんじゃないの?一部の報道では、女性同伴での沖縄旅行みたいに書いてあったし、この先何年か後には、この人の介護をするのかって冷静に考えた時にゾッとしたんじゃないの?」

そもそもの感覚がずれているのは間違いないでしょう。

あの年齢でヘラヘラしてるのは見ていて痛い。

おすすめの記事