男性は大人の女性には上品なファッションを求める傾向にあります。

ですので、大人の女性に着て欲しくないと感じるファッションはさまざま…。

そこで大人女性が着るとイタイ「ダサファッション」を4つご紹介します。

(1)露出度が高い

『露出度が高すぎるのは下品』(27歳/営業)

露出度が高いファッションの女性は、男性から軽い女だと思われてしまいます。

とくに大人の女性が露出度が高い服を着ていると、一昔前のギャルを連想する人もいるようです。

肌を見せすぎると下品な印象にもつながり、品がないと思われることも…。

そのため大人の女性は露出度が高いファッションは避けることをオススメします。

(2)原色を多用

『原色ばかりのコーディネートは派手すぎてイタイ』(30歳/コンサル)

原色を多用しすぎるコーディネートは、大人の女性が着るとイタイと思われる傾向にあります。

原色カラーや柄物などで全身まとめてしまうと、上品な印象は抱きませんよね。

原色はアクセントとしてさりげなくコーディネートに取り入れる程度がベストと言えるので、多用しすぎてしまうことのないよう注意しましょう。

(3)トレンドを盛り込みすぎ

『トレンドばかり意識してるのは逆にダサい』(26歳/営業)

トレンドを意識したファッションは、オシャレな印象を与えます。

しかし大人の女性がトレンドを盛り込みすぎると、無理して若作りしていると思われることも。

トレンドのアイテムは全体的に盛り込みすぎるとイタイ印象を与えてしまいます。

トレンド要素はある程度抑えることが大事なのかもしれませんね。

(4)ミニスカート

『大人の女性はミニスカートより、もっと大人っぽい服装をしてほしい』(31歳/人事)

ミニスカートは若い女性が履くと可愛く見えますが、大人な女性が履くとムリしていると思われてしまいます。

とくにフリフリのミニスカートは大人の女性には似合いません。

スカートを選ぶ際には丈の長いものを選ぶことで、上品な印象を意識しましょう。

大人女性が着るとイタイ「ダサファッション」はさまざまあるので、コーディネートを決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事