遺族年金の保障はこんなに手厚い 家計を圧迫するほどの保険は不要かも。

連日報道される新型コロナウイルスの危険性によって、突然の入院や死亡のリスクを身近に感じた多くの人が保険に加入しています。

日本最大級の保険選びサイト「保険市場」では、3月の生命保険申込件数は前年同期比で82%増の1426件になったということです。

しかし、保険料の支払いは家計を圧迫する危険性もあるようですよ。

生命保険料の平均は38万円

生命保険文化センターの調査(2018年)によると、1世帯あたりで年間に支払う生命保険の保険料は平均38.2万円。

それに対し、死亡時に受け取れる保険金は平均2255万円。

一見、払い込んだ保険料に見合った金額に思えるのですが、よく考えてみましょう。

年間約38万円の保険料を30年間払い続けたら1140万円、40年間なら1520万円にものぼるのです。

家が買える!?

「家が買えるほどの高いお金をかけてまで備えるべきなのか。まずそこから考え直してみる必要があります。たとえば、すでに子供が独立した共働きの夫婦なら、夫が亡くなった後の生活費はある程度賄える。資金に余裕があるなら、高額な保障は必要ありません。
妻が専業主婦で収入がない場合も、夫の死後、1年ほどかけて仕事を見つけるとしても、1年分の生活費と葬儀代で合わせて1000万円程度の貯蓄があれば充分です」(ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さん)

生活を圧迫するような掛け金を支払う必要はない

生活を圧迫するほどの保険料を毎月払う必要はありません。
少額で備える保険に入るか、もし貯蓄が心もとなくても、日本の公的な社会保障は非常に手厚いことも忘れてはならないのです。

「もし平均的なサラリーマンの夫が亡くなったとしても、妻は遺族年金として、ざっと年額100万円以上は受け取れます。高校生までの子供(18才になる年の3月31日まで)がいればさらに年20万円以上が加算される(図参照)。そうした公的保障があることを踏まえた上で、“足りない分を生命保険で補う”と考えてください」(同)

ネットの反応

「かつては生命保険のおばちゃんが決めゼリフで、お子さんいらっしゃるなら1億は必要などと、こういう公的な年金を説明せずに高い保険料を取られて、挙句の果ては更新したほがいいなど解約すると手元はゼロ。ひどい時代もありました。今では、提言定期や収入保障などだいぶ改善されましたね。」

「確かに遺族年金と言われてみれば凄く良い保証ではあると思う。でも、年金でしょ?この先はこんな手厚い保証は可能なのか疑問」

「3年前に父親が他界し私の母親83才は遺族年金を含めて25万ほど支給があります。住んでいるのは公団で単身年金暮らしだと家賃1万5千円。期限はなく一生!」

熟年離婚も多い時代ですが、ガマンして添い遂げる人も出てくるかも?

おすすめの記事