準中型免許って知ってる?新しい免許で運転できる車の種類をおさらい

準中型免許とは?どんな車を運転するのに必要?取得の方法は?

自動車運転免許にもさまざまな種類があります。

免許の種類の中でも比較的新しく新設された準中型免許もそんな種類のひとつです。

ここでは準中型免許で運転できる車の種類や取得の方法などについてご紹介します。

準中型免許とは

準中型免許は現在取得することのできる免許の種類の中でももっとも新しいものです。

平成29年3月12日に施行された「道路交通法の一部を改正する法律」によって新設されました。

まだまだ新しい種類の免許ですので具体的にどのような車を運転する際に必要な免許なのかわからないという人もいるかと思います。

そこで、まずは普通自動車運転免許との違いや、この免許が新設された理由などについてご紹介します。

普通自動車運転免許や中型自動車運転免許との違い

準中型免許の正式名称は「準中型自動車運転免許」です。

多くの人が運転免許と言われて真っ先にイメージする普通自動車運転免許との最大の違いは、運転できる車の大きさです。

2021年1月現在、新たに普通自動車運転免許を取得した場合運転できるのは車両の総重量が3.5t未満、最大積載量2t未満となっています。

それに対して準中型自動車運転免許であれば車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満の自動車の運転が可能です。

さらに大きな自動車の運転が可能となるのが中型自動車運転免許で、こちらでは車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満の自動車の運転が可能となります。

要するに、準中型免許では普通免許よりも大きな車の運転が可能になるのです。

準中型免許が新設された理由

もともと、普通自動車運転免許よりも大きな自動車を運転できる免許の種類は中型自動車運転免許でした。

では、どうしてその中間となる免許制度が必要になったのでしょうか。

その最大の理由は従来の制度では若い人がトラックドライバーなどの運送業に従事しにくくなってしまったという点です。

前述の通り、現在では普通自動車運転免許で運転できる車の総重量は3.5t未満となっていますが、準中型免許が新設される以前は5t未満まででした。

それより総重量の大きな車を運転するためには中型自動車運転免許が必要なのです。

しかし、中型自動車運転免許の取得条件は20歳以上でなおかつ免許経歴が2年以上必要です。

つまり、20歳になるまでは5t以上の自動車を運転する仕事に従事することができないのです。

近年では自動車の装備の増加などによって総重量5tを超えるトラックなども増えており、

18歳から取得できる普通自動車運転免許だけではカバーしきれない状況となっていました。

そこで、普通自動車運転免許と同じく18歳から取得可能で5tを超える車両の運転が可能な準中型自動車運転免許が必要となったのです。

まだ免許としての歴史は浅いものの早い段階から運送業に従事できる若者を増やすといった効果が期待されています。

準中型免許で運転できる車・できない車

準中型免許を取得することによって、前述の通り車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満のトラックなどの車両の運転が可能となります。

なので、いわゆる2tトラックなどの運転ができるようになります。

しかし、車両総重量が7.5t未満であっても乗車定員は10人以下で、普通免許と同じです。

そのため車両総重量が7.5t未満であってもマイクロバスなどの運転はできません。

準中型免許を取得すべき人は?

普通免許のみでいいのか準中型免許まで取得すべきなのかで悩んでいるという人も多いかと思います。

現在、日本国内で普通乗用車として販売されているもののほとんどが総重量3.5t未満となっているので、

準中型免許を所持していなくても自家用車の選択肢が少なくなってしまうといった心配はありません。

自家用車として注意が必要なのはキャンピングカーです。

ベース車両がトラックになっているキャブコンの中でも、2t車がベースになっているものや、

マイクロバスをベースとしたバスコンなどで車両総重量が3.5tを超えてしまう場合は、普通免許では運転できません。

そのため、これらの車両を運転したいと考えているのであれば準中型免許を取得する必要があります。

また、配送業などで使用される車両も近年では冷蔵機能やクレーン等が搭載されたものが増えており、

車両重量が増えています。そのため、配送業などに従事することを考えているのであれば準中型免許が必要となります。



準中型免許を取得する方法

前述の通り、準中型免許を取得することによって、より大きな自動車の運転が可能となります。

なので、運送業などに従事することを考えているのであれば取得しておきたい免許です。

そこで、ここでは準中型免許を取得する方法についてご紹介します。

準中型免許取得に必要な資格

中型免許を取得する場合は20歳以上で免許経歴が2年以上といった条件があります。

それに対して準中型免許の場合は、普通免許を所持していない方でも18歳以上であれば取得することができます。

自動車学校を利用した準中型免許取得の流れ

中型免許を取得する方法は運転免許センターでの一発試験と自動車学校や教習所を利用するという2つの方法があります。

ですが、一発試験はかなりハードルが高く、運転経験がない方がいきなり合格するのはかなり困難で、あまり現実的とは言えません。

そのため、自動車学校や教習所に通うという方法が一般的です。

現在、多くの自動車学校や教習所で準中型免許の取得が可能となっています。

2021年現在、技能教習41時間と学科教習27時間を受け、試験に合格すれば免許を取得できます。

普通免許を前もってとっておく必要があるの?

準中型免許を取得するためには普通免許が必要といったイメージを抱いている人も多いかもしれません。

確かに、中型免許や大型免許の場合は免許経歴が必要なのでまずは普通免許を取得する必要があります。

しかし、準中型免許の場合は普通免許を持っていなくても取得可能です。

準中型免許取得にかかる期間・費用

免許を取得するとなるとやはり期間や費用も気になるポイントです。

まず期間は通学の場合は最低でも20日前後は通う必要があります。

スムーズに教習を受けられない場合は自動車学校を卒業するまでに1?2ヶ月ほどかかる可能性もあります。

そのため、できるだけ早く準中型免許を取得したいのであれば、合宿免許がおすすめです。

合宿の場合しっかりとスケジュールが組まれているので、最短で18日ほどで卒業して免許の取得が可能です。

費用は時期によっても異なりますが30?36万円前後が相場です。

ただ、準中型免許に関しては新設されてそれほど時間が経っていないこともあり相場も変動的です。

できるだけコストを抑えたいのであれば複数の自動車学校などを比較してみましょう。

準中型免許取得のメリット

準中型免許についてある程度理解できたものの、まだまだ取得すべきなのかわからないという人も多いでしょう。

そこで、最後に準中型免許取得のメリットをご紹介します。

運転可能な車の幅が広がる

もっとも大きなメリットは運転可能な車の幅が広がるという点です。

先ほども触れましたが2t車トラックなどの運転も可能となりますし、キャンピングカーなども運転できます。

乗用車でも日本車は基本的に普通免許で運転できる重量におさまっていますが、

一部の外車などは3.5tを超えてしまうものもあるため、準中型免許を所持している方が車選びの選択肢は確実に増えると言えます。

もちろん、中型や大型免許に比較すると選択肢は狭いですが、

乗用車というカテゴリーで考えるのであれば準中型免許があれば基本的にほとんどの車の運転ができると考えていいでしょう。

就職や転職への影響は?

就職や転職などにも大きなメリットがあります。

先ほども触れましたが今日では配送業・運送業などで使用される車両も重量が大きなものが増えており、準中型免許が必須となっている職場も少なくありません。

そのため、就職に有利になるというより、職選びの選択肢が増えると言えます。

また、業務には直接必要がなくても準中型免許があればより幅広い車両の運転ができることから「いろんなことができる人材」であることのアピールにもなります。

このように考えると準中型免許を取得することは就職や転職においてはかなりのアドバンテージになります。

より就職先の選択肢を増やしたいという人や、転職によってステップアップしたいという人は、ひとつの武器として準中型免許を取得するのもおすすめです。

中型・大型免許を取得しやすくなる?

準中型免許を取得してある程度の経験を積めば、当然それだけサイズの大きな車両の運転に慣れることができます。

そのため、さらに大きな車両の運転が可能な中型・大型免許を取得しやすくなるという点もメリットです。

将来的に中型・大型免許を取得することを考えているのであれば18歳になったらまず準中型免許を取得ことを検討してみましょう。

まとめ

準中型免許は比較的新しくできた免許の種類なので、メリットなどがよくわからず、取得すべきか迷っているという人も多いでしょう。

準中型免許を取得することによって、より大きなサイズの車両の運転が可能となります。

単に、自分の車選びの選択肢が増えるのみでなく、就職や転職にも影響します。

これらの点を踏まえた上で準中型免許を取得すべきか否かを検討してみましょう。



おすすめの記事