まもなく登場…自動運転システムレベル3は何がすごいの??

世界初登場までカウントダウン自動運転レベル3は何が凄いのか?

世界中の自動車メーカーが自動運転技術の実現を目指し開発を進めているなか、ホンダは2020年11月に、自動運転レベル3型式指定を国交省から取得したと発表。

自動運転はレベル0~5の6段階に分類されていて、レベル3の市販化は世界初となります。

ホンダは2020年度中に販売を開始すると発表していますから、2021年1月現在では、遅くとも2カ月以内には登場することになります。

期待感は高まるばかりですが、一般的にレベル3がどの程度自動運転に近づいているのか、どれだけ凄いかわかりにくいのです。

レベル3の自動運転中はドライバーに責任なし!?

間もなくレジェンドに「レベル3」の自動運転を搭載したモデルが出てきます。

すでに国交省の認可も取得しており、ホンダも「2020年度中」と言ってます。

興味深いことに多くの人は「レベル3の凄さ!」を認識していないでしょう。

というのも自動運転中は「運転」という行為をクルマが全て担当するため、

スマホ見ながらでもTV見ながらでも「緊急事態に備え運転を代われる」状況で運転席に座っていればOK。

ちなみに飲酒行為などは、「運転を代われる」と言えません。

運転代わった時点で酒気帯び運転になるからアウトです。助手席に移動するのもダメ。

参考までに書いておくと、レベル3モードでの走行中の事故は、ドライバーの過失を問われません。

なぜか? 「自動運転はドライバーより安全性を確保できるから」という理由によるものです。

したがって相手がいる時は事故の責任を動画で判定。

回避操作によって避けられない事故であれば、100%相手側に責任があるということになります。

動画の確認でレベル3側に責任あると認定されたなら、刑事罰も賠償責任も自動車メーカーが背負います。

実際は賠償については保険会社になるでしょう。

レベル2との違いはどこにある?

ここまで読んで「レヴォーグのアイサイトXやスカイラインのプロパイロット2とどこが違うのか? 」と思うかもしれません。

レヴォーグのアイサイトX、渋滞時はハンズフリー(手放し走行)ができますし、スカイラインのプロパイロット2も高速道路で先行車いない時にハンズフリー可能。

道交法上もハンズフリーOKとなっています。

確かに似た機能なのだけれど、アイサイトXもプロパイロット2も「レベル2」の自動運転であり、自動運転時の主体はドライバーにあるのです。

したがって常時車載カメラでドライバーの目線を追いかけており、短い時間であってもよそ見したり居眠りしたら、警告が出ます。

そのままよそ見してると自動運転はカットされてしまいます。

レジェンドのレベル3だと、よそ見してもいいのです。

また、手の位置もレベル2では「ただちに操作できる」ということになっているため、

手はヒザの上に置くか「ハンドパワー」のようにハンドルから少し離れた位置をキープしておかなければなりません。

足もペダルの近辺で待機してなくちゃダメ。

シートの上であぐらかくのは道交法違反です。

レベル3ならスマホ持っていてもマンガ読んでいてもゲームやっててもいいのです。

足もあぐらをくんでかまいません。

「ホントかよ! 」と思うでしょうけど、それがレベル3なのです。



レクサスは年内にレベル3を登場させる

ここまで読んで「レベル3でも運転を代われないとダメなのでは? 」。

そのとおりなのですが、レベル2より時間的な余裕があります。

スマホを手放したり、足の位置を戻すくらいは可能。

本来ならレジェンドよりレクサスLSのほうが先にレベル3を出すんじゃないかと言われていましたが、仕上げ段階で何らかの懸案事項出てきたのでしょう。

もちろん諦めてはおらず、年内にはレクサスLSもレベル3の自動運転を取り入れてくるでしょう。

レジェンドと同じ渋滞時の低い速度域+α(高速巡航)などあるかもしれません。

テスラも自動運転できると思われているようですが、実際は「レベル2の拡大解釈」にすぎないのです。

今まで起きたテスラの激突死亡事故、いずれも「ドライバーが悪い」と責任を逃れられてしまいます。

居眠り&よそ見しててもハンドルとアクセル/ブレーキ操作を続けるため事故を起こすのです。

現状では50km/h以下でのみ稼働も確実に進化する

ということで間もなく発売されるレジェンドの「トラフィック・ジャム・パイロット」を紹介しておきましょう。

稼働するのは、「高精度地図及び全球測位衛星システム」の情報が入手できる車速50km/h以下の渋滞時です。

渋滞で30km/h以下になったらシステムを稼働させられるのです。

ボタン押すことで「キミに運転は任せた! 」状態へ。

速度の上下はすべて追従します。

1度停止したって再スタートしてくれるのです。

ハンドルも切ってくれますし、前に入り込んできたクルマにも対応可能。

歩行者だって検知して自動ブレーキ掛けてくれるのです。

そんな状況が50km/hまで続きます。

技術の進化に合わせ、速度域が徐々に上がっていくでしょう。

100km/hになったら素晴らしいの一言に尽きます。

ネットの声

「子供の頃にマンガで読んだ未来がやって来ましたね。運転する喜びも大切にしたいですが、渋滞時のストレスから解放されるのは嬉しいです。」

「高齢ドライバー免許更新は、レベル3の車に乗ることと、とかに近い将来なりそうだな。
少なくとも逆走は減るでしょうし、上級国民のような踏み間違いによる悲しい事故も減る。」

「スーパーの玄関前で車を降りて『キット(仮名)、適当な所に駐車しといてくれ』と告げて本人は買い物をして、終わったら『キット(仮名)、東玄関まで来てくれ』『はい、マイケル(仮名)』で車を呼んで乗り込む…という使い方ができないかな
人が乗っていないのでドアの開閉を考えなくて良いから左右を詰めて止められるし、ドアパンチの心配もないですから」

どんな場面でも自動的に駐車してくれるシステムが最強のような気がしますね。

おすすめの記事