防御力あえて低く? 「屋根なし自走砲」の大きなメリットとは 密閉式とは設計思想が違います。

陸上自衛隊には2020年現在、「99式自走155mmりゅう弾砲」と「203mm自走りゅう弾砲」、

最新の「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」の3種類の自走りゅう弾砲があります。

大きく分けると99式自走砲と203mm自走砲が履帯駆動、

いわゆるキャタピラ式なのに対して、19式装輪自走砲はタイヤ駆動の車輪式という違いがあります。

それ以外にも陸上自衛隊の3種類の自走砲は装甲の有無で区分できます。

すべての自走りゅう弾砲を屋根付きにしないワケ

99式自走砲が、旋回式の密閉式砲塔に155mmりゅう弾砲を搭載しているのに対し、203mm自走砲と19式装輪自走砲は砲尾(装填部)や砲架(砲を載せる架台)がむき出しです。

なぜこのような違いがあるのでしょうか。

それはおもに運用思想、すなわち使い方の違いに起因するものです。

99式自走砲は装甲で覆われた密閉式砲塔のため、銃弾の直撃や爆風などに強く、乗員は比較的安全な車内で射撃操作を行えます。

しかし砲塔は巨大なため、シルエットは大きくなり、かつ車体重量も40tと、38tの74式戦車よりも重いです。

一方、203mm自走砲や19式装輪自走砲には、乗員を守る装甲はありません。

ゆえに、至近弾や爆風でも乗員が負傷する恐れがあるものの、車高を低くすることができます。

車体重量も203mm自走砲で28.5t、19式装輪自走砲では25t以下に抑えられています。

オープントップ自走砲ゆえのメリットもあり

全高の低さや車重の軽さは、運びやすいというメリットにつながります。

そもそも19式装輪自走砲は緊急展開能力を高めるために開発された経緯があります。

装輪式、いわゆるタイヤ駆動のため、トラックなどの普通車と同じように一般道を走ることができ、高速道路も100km/hで長時間走り続けられます。

一方、99式自走砲や203mm自走砲は、100km/hものスピードを出すことは不可能であり、なおかつ長距離移動時にはトレーラーに載せる必要があります。

また19式装輪自走砲は、前出のとおり全高が低く車体重量が25t以下のため、航空自衛隊のC-2輸送機で運ぶことができます。

その点で99式自走砲にはないメリットを持っているといえるでしょう。

自走りゅう弾砲運用思想は同様

ちなみに、実は203mm自走りゅう弾砲も同様の運用思想のもと開発されています。

203mm自走りゅう弾砲は1950年代後半にアメリカで開発されたものですが、設計コンセプトのなかに大型輸送機で空輸可能というのが盛り込まれていました。

そのため、大口径砲を搭載しつつも、全高を抑えるためにオープントップとされ、車体は非常にコンパクトにまとめられました。

このように設計思想が異なるため、同じ自走砲といいながら、片や完全密閉砲塔を装備し、もう一方はオープントップなのです。

もちろん費用面も後者のほうが安価で、調達コストを抑制するためにオープントップにするという理由もあります。

ネットの声

「憲法第九条改憲。野党は、与党が信用出来ない(解釈次第でどうとでも出来るとか)とかじゃなくて、キチンと討論して整える努力をして下さい。無責任過ぎます。メディアもくだらないあおりばかりじゃなく国防を訴えて下さい。」

「制空権を取った上で戦える代物。その制空権も、核弾頭ICBMが使われない前提での戦いに使用。日本は、領海領空に一歩たりとも侵入侵略させない意志と兵器は最低限必要。その防衛力で戦争回避する役割を担ってます。自衛隊すら認めない政党や議員は、平和ボケではなく日本を中共南北朝鮮露に売り渡す確信犯としか思えない。」

「日本のような専守防衛では防衛費にお金を投入するのは当たり前。野党は敵地攻撃能力を保有することもダメ、防衛費にお金をかけることもダメ。いったいどうやって国を守るのですか?国連にでも何とかしてもらうのでしょうか。今の国連は全く機能していない。紛争の仲裁もなんの威厳もないただのお飾りです。
防衛費にお金をかけたくないのなら敵地攻撃能力を持つ議論をしてください。可動式の弾道ミサイルくらい持つことのほうが絶対に安くつくと思います。」

防御力よりも機能性を重視した形。

かなり活躍しそうな有力な戦力ですね。

おすすめの記事