国土防衛に災害やコロナ対応で大活躍の自衛隊!川柳もレベル高し!

自衛隊版『サラリーマン川柳』がクオリティ高すぎた 「センスの塊」「分かりすぎる」

社会人のつらさや『あるある』、家族とのエピソードなどをテーマにした川柳を募る、第一生命保険株式会社の『サラリーマン川柳』。

2021年は34回目の開催を迎え、全国の会社員からユーモアあふれる数多くの作品が集まりました。

そんな『サラリーマン川柳』には、防衛省版も存在することをご存知でしょうか。

作品には防衛省や自衛隊関係者の『あるある』が詰まっています。

『防衛省版サラリーマン川柳』のクオリティが高すぎると話題に

防衛省のウェブサイトには、『防衛省版サラリーマン川柳』の傑作集を掲載するページも。

また、Twitterアカウントでは定期的に傑作を動画で紹介しています。

傑作集の中から、特に反響が上がった作品をいくつかご紹介します。

制服で ホレられ私服で 即フラれ

迷彩服 話しかけたら 一般人

髪型と 動きでバレてる 自衛官

我が家でも 文民統制 妻強し

傑作が続々

ほかにも、ウェブサイトでは

「操縦は 妻より簡単 オスプレイ」「合コンで 出身聞かれ 『部内』です」「家庭では 妻が指揮官 オレ副官」

など、笑いを堪えるのが難しい傑作が公開されています。

ユーモアにあふれた作品だけでなく、中には

「災派中 感謝の声は 栄養源」「『ありがとう』 災派中の 万能薬」

といった心温まるものも。

ネットの声

仕事や家庭での苦労が伝わる数々の作品に対し、ネットからはいろいろなコメントが寄せられました。

「分かるー!海上自衛隊の制服は5割増くらいかっこよく見える。」

「こういうの、ほのぼのとしていて大好き。いつもありがとうございます!」

「感謝の声って大切だと再認識した。今後も「ありがとう」をちゃんと伝えようっと。」

自衛隊できびきびと働く人々も、家に帰ると妻には勝てないという点は、世の中の社会人と変わらないようです。

今後もどのような傑作が誕生するのか楽しみですね。



おすすめの記事