いまさら聞けない…契約や更新時に見る自動車保険のノンフリートって何?

契約時に必ず目にするけど気にしない人多数! 自動車保険の「ノンフリート」って何?

自動車保険を契約する際、必ず「ノンフリート等級」という言葉を目にします。

ほとんど気にしないで、契約あるいは更新している人も多いと思いますが、「ノンフリート」とはどういう意味か確認しておきましょう。

ノンフリートは個人向け

ノンフリート等級とは、簡単にいうと、契約者が所有・使用しているクルマの契約台数が他社を含め9台以下の場合の契約に対して適用される割増・割引率の等級区分のことをいいます。

ノンフリート等級は1等級から20等級まで分かれていて、初めての契約の場合は、6等級または7等級(複数所有新規の場合)からスタートします。

もともとは英語の「fleet」から来ていて、「船隊、自動車隊」という意味。

個人で10台以上のクルマを所有・使用している人は稀なので、個人ユーザーのほとんどはノンフリート契約になります。

無事故割引きも

ノンフリート等級は、無事故が続くことにより料率が下がっていく(1等級ずつ上がる)ため、「無事故割引」といった方が通りがいいでししょう。

保険会社を別の会社に切り替える場合でも、現行の契約期間中、無事故であれば、

これまでのノンフリート等級は継承されます(記名被保険者を同居の家族以外に変更する場合や、契約車両を変更する場合などを除く)。

また、ロードサービスなどを利用しても、保険金の支払いがなければ事故としてカウントされないので、次年度のノンフリート等級には影響しません。

上限は20等級

新規契約から14年以上無事故であれば、20等級となり、保険料は6割以上安くなりますが、

契約期間中に事故を起こして保険料の支払いを受けると翌年の更新時に等級は3等級ダウンします(※自分に過失のない事故で、相手の保険で補償される場合などは、「ノーカウント事故」扱いになります)。

ただし、台風・洪水・ひょう等、飛び石、盗難、いたずらなどによって生じた損害に車両保険を使った場合は、次年度は1等級ダウンで済みます。

自動車保険は、クルマの維持費のなかでも高額な部類に入るので、細かいところまで納得した上で、契約・更新するようにしましょう。

ネットの声

「10台以上のフリートを説明するなら2台から9台のミニフリートも説明しないと不親切だよ。細分化で16等級から20等級になったが実質の値上げで腰が抜けた。割引率も携帯と同じで新規を優遇で長年契約していた人は以前より割り増し」

「ただしフリート契約で事故を起こして合計保険料以上の保険金を支払うと翌年の保険料が大きく上がるので使わなければお得ですが使うと大変だというリスクもあります。」

「無事故だから割引されると思ってるだろうけど、実際そうじゃない。ずっと金払い続けて、保険金の支払いがない人の割引だよ。何かの都合で、一旦無保険になると、それがたとえ数か月でも等級は新規に戻る。車持ってる人は、ずっと持ち続けないといけない。というか、保険料を支払い続けないといけない」

フリートは法人向けというように区別しなくてはいけません。

おすすめの記事