スズキ・ジムニーの納期、今も最大1年半「待ち」となっています。理由は「過小評価」ということですが…。

クルマの納期(注文してから納車されるまでの期間)は、一般的には1~2か月。3か月を超えると長い部類に入ります。

新車需要の約80%が乗り替えで、今まで使ってきたクルマを下取りに出して新車を買うパターンです。

納期が長いと、新車の納車前に下取り車の車検期間が満了するので、クルマを持たない期間も生じてしまいます。

あるいは代車を用意してもらわなければいけません。

このように納期遅延は顧客満足度の低下に繋がりかねず、ユーザーを逃すことにつながります。

明らかな利益機会の損失なので各メーカーとも気を配っているのです。

ジムニーの納期遅延

それなのに納期を長期間にわたって著しく遅延させているのがオフロード軽SUVのジムニー。

販売店で納期を尋ねると以下のコメントが帰ってきます。

「軽自動車のジムニー、小型車のジムニー・シエラともに、1年から1年半を要しています」

「契約時点では正確な納期はわからず、生産時期がハッキリした時点でお伝えしています」

ジムニーの発売は、シエラを含めて2018年7月でした。

発売直後から納期は1年以上に遅延して、同じ状態が2年近く続いていることになります。

生産台数を増やしたが納期の改善にならず

販売店からは

「ジムニーの生産台数が増えた代わりに、ほかの車種の生産に、一部滞りが生じている」という話も。

発売時点で公表した国内販売目標台数は、ジムニーが1年間で1万5000台(1か月に1250台)、

ジムニー・シエラは1年間に1200台(1か月に100台)でした。

この状態では納車が追い付かなかったため、2019年に入った段階で、

販売店では「生産台数を1.5倍に増やした」と説明していました。

ジムニーの届け出台数も、2018年は1か月当たり1800~2000台で推移していたのですが、

2019年1月には2410台に高まりました。

2019年3月の登録台数は3972台に増えているのです。

溜まった受注をある程度は解消した形ですが、販売店からは「ジムニーの生産台数が増えた代わりに、

ほかの車種の生産に、一部滞りが生じている」という話も聞かれます。

この時期のジムニーは、部品の供給等も含めて、限界的な生産をおこなっていました。

2019年4月以降のジムニーは2300台前後で届け出を続け、9月には再び3000台を超えます。

2019年10月から、コロナ禍の影響で届け出が落ち込む直前の2020年3月までは、おおむね2000台から2500台で推移しているのです。

それでも納期は縮まらずに1年から1年半を要しています。

その理由は何なのでしょうか。

SUVの原点回帰が生じたことも理由に

納期が縮まらない理由は、ジムニーの人気が安定的に高く、それでいて生産規模が小さいからに他なりません。

スズキの生産体制によるところが大きいということですね。

今はSUVがブームで、新車として売られるクルマの約15%を占めるようになりました。

隆盛を誇ったミニバンと同等の販売規模になっているのです。

2010年以前のSUV比率は約5%でしたから、車種数の増加もあって売れ筋カテゴリーに成長しました。

そして今のSUVには、乗用車と同じ前輪駆動のプラットフォームを使うシティ派モデルが多くなっているのです。

ホンダ・ヴェゼル、トヨタC-HR、マツダCX-5などはその典型です。

見た目、舗装路における走行性能と乗り心地、居住性や積載性をバランス良く造り込んで人気を得ているのです。

ただしシティ派SUVが、最近になって少々飽きられ始めていることも確か。

この影響でSUVの人気に原点回帰が見られ、RAV4やライズといったオフロードSUV風の車種が好調に売れる結果となりました。

もともとSUVは、三菱ジープ、トヨタ・ランドクルーザー、日産パトロール(後のサファリ)といったオフロードモデルから出発しています。

RAV4とライズは前輪駆動ベースのSUVですから、分類上はシティ派となりますが、外観は後輪駆動ベースのオフロードモデル風。

SUVの本質が追求されるようになったため、軽自動車サイズでそれを得られるジムニーの人気が急騰したのです。

このようにSUVの原点回帰が生じた事情も考えると、

ジムニーの1か月に1250台という販売目標台数は少なすぎるといっていいでしょう。

そもそもジムニーがフルモデルチェンジを受ける直前の2017年(暦年)でも、1か月平均で1124台を届け出しているのです。

1250台では少ないのは当然でしょう。

しかも2018年のフルモデルチェンジは、20年ぶりでした。

待ちかねていたユーザーも多かったのです。

これら複数の理由で需要が生産規模を大幅に上まわり、納期が長期間にわたって著しく遅延したということです。

スズキ自身がジムニー人気を過小評価

ジムニーの人気をスズキ自身が過小評価していたことになります。

「行列のできるジムニー」と喜ぶわけにはいかない状況なのです。

ここまで納期が遅延したら、さらに生産規模を増やせば良いのに、なぜそれをしないのでしょうか…。

納期遅延が問題になった2019年6月頃、スズキに尋ねた回答があります。

「既に発売当初に比べると生産規模を増やしており、これ以上は難しい。仮にさらに生産量を拡大すると、需要が下がった時に、余剰な生産設備を抱えることになってしまう」

新車の需要はいつ下がるかわからず、今後は少子高齢化もあります。

今の段階ではジムニーの納期が1年に達しても、生産規模はこれ以上増やせない考えなのです。

しかし好調な需要は今後も続くでしょう。

理由はジムニーが軽自動車であるからです。

軽自動車は主に生活のツールとして、1人に1台の割合で所有されることが多くなっています。

そうなると今まで使ってきた軽自動車を下取りに出して新車を買うことになります。

新車が発売され、ユーザーが飛び付くように購入して、その後に需要が急落するスポーツカーとは販売台数の推移が根本的に違うのです。

ジムニーの潜在需要は今でも多く、今後も安定的に売れ続けるでしょう。

そうなると納期の遅延も続くわけです。

スズキは薄利多売の軽自動車が中心のメーカーですから、他社以上に納期の遅延を嫌ってきました。

スズキの社員からは「納期が3か月以上に伸びたら、鈴木修会長から叱られる」という声も聞かれます。

その意味でジムニーの納期遅延は、きわめて珍しいケースといえるでしょう。

それは、ジムニーの人気をスズキ自身が過小評価していたことに他なりません。

それだけジムニーが偉大なクルマというわけですが、前述のように納期の遅延はユーザーに迷惑をかけているのは間違いないでしょう。

「行列のできるジムニー」と喜ぶわけにはいかないのです。

ネットの声

「短期的に見た場合はそうだろうけどね。無責任なマスコミは暴言放言でいいのだろう。メーカーはもっと長期のスパンで考えてると以前から言ってるし納得できる説明もしてる。ブームで買う物じゃ無いので待てないなら買わないでいいし、そのうちニーズに合わなかったと中古が溢れる。」

「人気の理由は、もちろん機能的なものもあるだろうけれど、周りを見ればどいつもこいつも吊り目ロボットみたいな見分けのつかないような中で、ちょっとクラシックな丸目とシンプルな外観が大きいんじゃないかなーと、思ったりもします。」

「もともとジムニーのような本格的なオフロードの車はここまで売れる車ではない。歴代のジムニーに比べて抜群のデザインをしているのでにわかのファンが購入しようとして、受注が多くなっているだけ。利幅のすくないジムニーこれ以上の増産は難しい。これだけの性能の車をこの価格で販売してくれるだけありがたいと思う。どうしても欲しければ、新車価格より高い新古車を買うしかない。スズキの値段設定は良心的である。」

もともとジムニーは人気車です。

スズキの中で過小評価はないと思いますが、それ以上に売れているということでしょう。

日本の中ではオンリーワン…軽自動車は世界で売れるわけではないので生産調整が難しいということですね。

おすすめの記事