スズキジムニーの納車は1年待ち…早く納品できないワケは??

スズキ「ジムニー」がデビューして2年が経ちました。

しかし、その納車は依然として1年以上かかるとされています。

納期が縮まらない理由には生産上の都合のほかに、スズキの企業理念が影響しているようです。

ジムニー納車までいまだ1年待ち…一体なぜ?

スズキ「ジムニー」は2018年7月にフルモデルチェンジを果たしました。

当初から納期の長さが話題となっていましたが、スズキの販売店に確認すると…。

フルモデルチェンジから2年経った2020年8月時点でも、納車までに1年3か月ほどかかるとしています。

もちろん、新型コロナウイルスの影響も少なからずあり、

海外から調達している部品が不足し、2020年4月には国内工場のすべてが操業停止となっていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響はジムニーに限った話ではありません。

ジムニー特有の事情として、スズキの販売店は「おもに海外を中心に想定を上回る需要があり、生産が追いついていない」と説明しています。

単純に考えれば、これほどまでに人気なのであれば、生産台数を増やせばよいと思うかもしれません。

納車までに1年もかかるというのは、メーカーの怠慢と思うユーザーもいるでしょう。

なぜそれができないのでしょうか。

現在、ジムニーおよびジムニーシエラは、海外向けを含めた全数を静岡県の湖西工場で生産されています。

しかし、湖西工場で生産しているのは、ジムニー/ジムニーシエラだけではありません。

湖西工場では「アルト」「ワゴンR」「ハスラー」といった主力の軽自動車を生産しています。

ジムニーの生産を増やすということは、こうした主力車種の生産を減らすということにもなるのです。

スズキの販売店の話

「ジムニーシリーズは確かに人気ですが、どちらかというと現状は趣味のクルマとしての需要が高いです。一方で、アルトやワゴンR、ハスラーをお求めになるのは、日常の足として今すぐに必要とされている人です。スズキには、『地方の移動を支える』という理念があるため、そうしたクルマの生産を優先しています」

確かにジムニーは人気という印象ですが、絶対数でいえばアルトやワゴンR、ハスラーといった主力車種に遠くおよびません。

ジムニーを優先させた結果、ほかのクルマの生産が減ったり滞ったりすることは、スズキの理念に合わないということのようです。

もちろん、ジムニーも趣味のためのクルマではなく、林業従事者など日常的に悪路などを走るユーザーが想定されています。

そうしたユーザーを必要以上に待たせることのないよう、スズキではインド工場でもジムニーを生産し、供給量を増やす努力をしています。

長すぎる納期で顧客流出の可能性は?

ジムニーが魅力的なモデルであることは間違いありません。

しかし、納車までに1年以上を要するとなると、ユーザーはほかのモデルに目移りしてしまうのではないのでしょうか。

スズキの販売店は次のように話します。

「ジムニーには明確な競合相手といえるモデルは存在しませんが、やはり納期の長さがネックとなることはあります。
どうしてもジムニーでなければならない人にはお待ちいただくことになりますが、ジムニーのスクエアなSUVルックに惹かれた人には『「ハスラー』をおすすめしています。
ハスラーのほうが使い勝手や燃費もよく、ほとんどお待たせすることなく納車できるので、結果的にハスラーをお買い上げいただくこともあります」

本格的な悪路走破性能はジムニーの魅力ですが、その反面、日常走行時の乗り心地や燃費性能、居住性はハスラーなど一般的な軽自動車のほうが優れています。

さらに納期も早いことから、SUVルックのハスラーがジムニーの代替となることが多いようです。

ジムニー狙いのユーザーが結果としてハスラーを購入するのであれば、スズキとしては良いことかもしれません。

しかし、最近では強力なライバルが登場したことで、スズキの販売店も戦々恐々としているといいます。

「2020年6月に登場したダイハツ『タフト』は、ハスラーの強力なライバルとなっています。ハスラーと同じSUVルックであることはもちろん、ハスラーにはない大型のガラスルーフがお客さまの気をひいているようです。ジムニー狙いのユーザーはもちろん、ハスラーに関心のある人がタフトに流れないように必死です」

多くのユーザーにとって、本格的な悪路走破性能よりも、居住性や燃費性能のほうが日常的にメリットを実感できるでしょう。

さらに、タフトのもつ「スカイフィールトップ」は、ハスラーにもない大きな強みとなっています。

ジムニーの納期が長いことから代替モデルとしてハスラーを検討し、ハスラーの競合としてタフトを比較する、という構図が出来つつあるようです。

発売開始から2年経ったモデルで、納期が1年以上というのは国産モデルとしては異例といえます。

あまりに長い納期や、強力なライバルの出現によって、顧客が流出する事例もあるようですが、

それでもジムニーが唯一無二の存在であることは変わりません。

1年以上待ってでもジムニーがほしいというユーザーが多いことが、それを証明しているといえます。

ネットの声

「本当にジムニーが欲しい人はハスラーやタフトには流れない。
逆に見た目だけでジムニーを選ぶ人は実用性や燃費や乗り味を考えた結果ハスラーやタフトに流れるのだろう。
実際納期が短かった時にジムニーを見た目で買った人が実用性や乗り味が合わなくて即手放した人が結構いたと聞いた。確かに普通の車に慣れてる人がジムニーになるのは無理があるかも。」

「ジムニーが待てないからハスラーやタフトでいいか、って思うような人がジムニー買ったら後悔すると思う。
待てないなら待たなくて正解、ということですね。その方が本当にジムニーが好きでジムニーを必要としている人にだけに行き渡るし、良いことです。」

「長く販売するモデルだから、地道に作ればいいんじゃない。販売会社によっては、変更やキャンセルに結構柔軟に対応してるよ。」

なかなかモデルチェンジしない車種です。

1年待ちでもファンは待ちますよ

おすすめの記事