いつ手に入るのかわからない…人気のスズキジムニーの魅力とは

売れ過ぎでしょ! 人気過ぎる本格軽4WD、スズキ「ジムニー」の魅力はどこ?

スズキ「ジムニー」の初代が登場したのは、今から50年前となる1970年のことです。

その間のフルモデルチェンジはわずか3回、2018年に4代目となる現行モデルとなりましたが、実際のオーナーは、どのような部分を魅力に感じるのでしょうか。

長いジムニーの納車時期…すでに所有しているオーナーが感じる魅力とは

2018年7月に現行モデルが登場して2年以上経過しますが、現在でもジムニーは約1年近い納車待ちが発生しているほど人気だといいます。

なお、現行ジムニーには軽自動車規格のジムニーと小型車規格の「ジムニーシエラ」の2車種が販売されていますが、今回は軽自動車のジムニーを中心に紹介していきます。

ジムニーのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1725mmとなり、

軽自動車規格に収まるなかでのエクステリアデザインは、歴代モデルから継承されるスクエボディかつ飽きがこないシンプルな造形を採用しています。

インテリアは、グローブなどを装着している状態でも操作しやすいスイッチ形状など、日常以外のプロユースも意識した機能美溢れる仕様となっています。

荷室スペースは、352リッターあり、9.5インチのゴルフバッグや大きな旅行バッグが入る広さとなり、開口部も大きいため、荷物の出し入れもしやすく使いやすい空間です。

本格オフロード車として

ジムニーが本領を発揮するのはやはりオフロードです。

デコボコの多い荒れた道や急坂をスタックせずに走破するため、最低地上高は205mmを確保しています。

さらに前方の障害物を前輪が乗り越えられる角度「アプローチアングル」は41度、

乗り越えた障害物がアンダーボディに接触せずに越えられる角度「ランプブレークオーバーアングル」は26度、

そしてリアバンパーやマフラーなどが障害物に接触せずに越えられる角度「デパーチャーアングル」は51度と他に類を見ないレベルとなっています。

パワートレインは、全グレードに660cc直列3気筒+ターボエンジンモデルを採用。

駆動方式は4WDで、トランスミッションは5速MTと4速ATを採用しています。

価格は、搭載されている変速機によって異なり、148万5000円から187万5500円となっています。

実際ジムニーに乗っている人はどこが良くてどこがダメ?

ジムニーに乗っているオーナーは、どのような評価をしているのでしょうか。

まずはエクステリアですが、「ジムニーらしくて良い」「シンプルなデザインで気に入っている」「丸目のヘッドライトが可愛い」とおおむね高い評価です。

インテリアについては、「機能的でいい」「スッキリしていて実用性がある」という意見が多く見られました。

一方、小物入れがカップホルダーも兼ねたセンターポケット程度で、「スマホや財布などをちょっと置けるようなスペースが欲しい」と収納の少なさを指摘する意見もあります。

走行性能については、「意外によく走る」という意見もある一方で、

「100km/h走行時にエンジンが3700回転も回っていて余裕がない」「車重があるせいか出足が今ひとつ」という声もありました。

5速MTモデルについてはおおむね好印象であるのに対し、4速ATモデルを所有するユーザーは不満を感じている声が多く、

MTで積極的にシフト操作をすればパワー不足を感じにくいともいえます。

ジムニーシリーズの人気はいつまで続くのか

乗り心地については、「軽自動車とは思えないどっしりとした感じ」と評価される反面、

「カーブではロールが大きい」「大きな段差を乗り越えるとボディ全体が揺すられる」などジムニーの特徴であるラダーフレーム特有の乗り味をどう考えるかで評価が変わってくるようです。

ジムニーの評価については、旧型ジムニーからの乗り換えか、他車からの乗り換えかでかなり分かれるようです。

前者の場合は20年分の進化と変わらないジムニーらしさを実感して好評価となるようですが、後者の場合は他車とのドライブフィーリングの違いに戸惑っている様子も見られます。

ネットの声

「現行ジムニーの一番評価したい部分は、今の技術を使いながら原点回帰した事。旧型は走破性はともかく、デザインが都会的にされちゃって初代や、二代目が持っていた良い意味での道具感が希薄になっていた事が不満だった層がかなり居たんじゃないかと。開発者がジムニーをジムニーらしく仕上げた事が異常な納車待ちの状況を生み出したんでしょう。これと逆の事が起きているのがクラウンで、歴代のクラウンらしさを否定した現行クラウンが販売台数が低迷しているのはクルマ好きなら誰でも分かる事。それを次世代はSUVにしようなんて、例えればまるでジムニーと言う名のセダンをリリースするかの如く愚の骨頂である。」

「ありふれたSUVや直ぐフルモデルチェンジするメーカーの体質と違い、ラダーフレームを貫き、20年という沈黙と熟成を経て、スズキが出した本物志向という一つの答えが受け入れられた結果だと思う。歴代を乗り継いでいるが、今回の完成度は非常に高く、前のネガが踏襲されている事。今後電気自動車が主流となるであろうけど、燃費上等・古きを良きとするユーザーの事を思った車作りのスズキに素直に感謝したい。」

「クロカンが趣味の人はその走破性の魅力で購入します。後の人は単純にそのスタイルに惚れて購入します。私もその一人です。使い勝手や燃費を考えたら、ハスラーの方が遥かに使いやすい。確かに売れていますし、納車も1年待ちですが、あくまでも特殊車両の中での数字です。販売台数にしたら、N BOXと桁違いで少ないです。」

エクステリアのシンプルでコンパクトなデザインや、機能性が重視されたインテリア、悪路走行に強いジムニーはオーナーから好評な評価が多いようです。

荷室は状況に合わせ自由な使い方ができるため、街中はもちろん、遠くへ出かける際にも両方使いできる点が人気の理由のひとつといえるでしょう。

おすすめの記事