よく聞く「人間万事塞翁が馬」この意味ってわかる?

座右の銘にもされる「人間万事塞翁が馬」。この言葉の意味は?その成り立ちにはどんな物語があるの?

人間万事塞翁が馬」は「じんかんばんじさいおうがうま」と読み、「人生の幸不幸は予測できないものだ」という意味のことわざです。

座右の銘とされることも多いですが、その際には異なるニュアンスで用いられますので、それぞれの意味を見てみましょう。

また、「人間万事塞翁が馬」の由来となった故事についてもご紹介します。

「人間万事塞翁が馬」とは

まずは、「人間万事塞翁が馬」の意味について見ていきましょう。

「人間万事塞翁が馬」の意味
「人間万事塞翁が馬」は、中国の故事が由来となっていることわざで、人生は予測できないものだというたとえとなります。

「人間」は「じんかん」と読み、中国語で世間を、「万事」はあらゆることを意味します。

そして、「塞翁が馬」は塞(とりで)の中に住む翁(老人)の馬という意味です。

この「塞翁が馬」は、故事に由来するので、単独で見るとよく意味が分からない語となっています。

座右の銘としての「人間万事塞翁が馬」

「人間万事塞翁が馬」は、座右の銘としてもよく用いられますが、「人生は予測できないもの」という意味だとすると、少しネガティブな気がします。

ですが、この言葉はいくらでも解釈ができるため、座右の銘としても良い言葉だと考えられます。

「世間に起きる良いことも悪いことも予期できないから、いちいち振り回されてはいけない」
「たとえ今幸せだからといって油断してはいけない」
「悪いことが続いても今度は良い事があるかもしれないから落ち込む必要はない」

といった意味合いで解釈されます。

意味合い座右の銘とされる際は、これらの意味合いで解釈され用いられる傾向にあります。

「人間万事塞翁が馬」の由来

「人間万事塞翁が馬」の由来となった故事は、「淮南子(えなんじ)」という前漢の時代にまとめられた思想書です。

このなかの第18篇「人間訓」という部分に、「人間万事塞翁が馬」のもとになった物語が綴られています。

由来となった逸話
この物語の主人公は、中国の北方の塞(とりで)の近くに住んでいた、「とある老人」です。

その老人は一匹の馬を飼っていましたが、ある時、逃げてしまうという不幸がありました。

しかし、しばらくするとその馬が別の優れた馬を連れて帰ってくるという幸福が訪れました。

その後、その優れた馬に乗った老人の息子が落馬して足を折ってしまいました。

しかし、その不幸によって息子は兵役を逃れられたのです。

「人間万事塞翁が馬」がことわざとなった理由

老人は、一度逃げた一匹の馬から、不幸と幸運が折り重なるようにやってきてしまいました。

馬が逃げたのは不幸ですが、馬を連れて来たというのは幸運です。

しかし、その馬によって息子が大けがをするという点は不幸です。

ところが、この不幸があったおかげで兵役が免除するというありがたい面がありました

どのようにして幸運な出来事や不幸なことが起きるかは、この故事ひとつ見てもわからないものです。

また、物事は一点から見ただけでは、いいことなのか悪い事なのか分かりません。

この故事が非常に深いものだったことから、「人間万事塞翁が馬」は座右の銘にもされることわざとなりました。



おすすめの記事