お金を借りるなら銀行カードローンが一番なのは間違いありません
それはとにかく金利が低いからに他ならないのですが、誰でも銀行からお金を借りることができるわけでもないのです。
そこが悩ましいところですが、お金を借りるにも信用がなければいけません。

お金を借りるならどこがいい?

言葉は悪いですが、どこの馬の骨とも分からない人にお金は貸せないのです。
ですから、お金を貸すにもその人となりを知らなければいけません。
その人を知るということは、人柄とか財力になるのですが、それを推し量る指標として属性というのがあります。

人柄も財力もその人に聞くわけではなく(対面ということもありますが…)、銀行などの金融機関や消費者金融会社等の貸金業者などが審査して、融資の申し込みに対してOKかNGかを判断しているのです。
それでも各自が自社審査することは銀行や大手消費者金融会社などではしていません。
それではどうしているかというと個人信用情報機関に加盟していて、そこから融資申込者の信用情報を照会しているのです。

お金を借りる側としては、どこで借りるかというよりも金利が低いのが第一優先となるのは間違いありません。
お金はどこで借りても価値は変わりませんから、金利が少しでも低いほうがいいのです。
銀行か消費者金融会社かということになると、銀行で借りているというほうが世間体はいいでしょう。

金利も低いですから、銀行出借りるほうが良いのは間違いありません。
一方で仮に消費者金融会社のカードローンのほうが銀行カードローンよりも金利が低かったら、多くの人は世間体を気にすることなく消費者金融会社のカードローンを利用するのではないでしょうか。
銀行で借りるほうが確かに聞こえはいいのですが、結局のところは銀行のほうが金利が低いので誰もが銀行からお金を借りたがるということですね。

消費者金融会社もサラ金と呼ばれていた頃は、取り立てが厳しいとか、取り立ての厳しさに絶えきれずに夜逃げもあったという話も聞きますが、今はそういう時代ではありません。
利息制限法や貸金業法などで上限金利も固定されています。
消費者金融会社の貸し出し金利が銀行よりも低ければ誰もが消費者金融会社のカードローンからお金を借りるようになるのは間違いないでしょう。

消費者金融会社にもいろいろある

銀行と金利の面で勝負できるのは、大手消費者金融会社でしょう。
アコムやプロミス、アイフルにレイクなど全国的に知名度があり、各都市に無人契約機を設置しているのですから、業容を考えてもこれらの消費者金融会社は大手と呼んで間違いないでしょう。
一方で銀行カードローン並の金利のカードローンを取り扱っているのには秘密があって、これら大手消費者金融会社の多くがメガバンクやネット銀行などのフィナンシャルグループの傘下に入っているのです。

そういった安心感もあって、銀行からお金を借りることができない人は、消費者金融会社の中でもアコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンを利用しているのです。
銀行でお金を借りることができないといのは、属性が低いからということになるのですが、それでも消費者金融会社ではお金を借りることができます。
しかし、大手消費者金融会社は消費者金融会社の中でも審査基準が厳しいので、ブラックの人でしたら審査に通ることはないでしょう。

消費者金融会社にもいろいろあって、会社の業容で分けると大手消費者金融会社よりも規模の小さい中小消費者金融会社があり、さらに小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社があります。
ブラックの話が出ましたが中小消費者金融会社や街金では、個人信用情報機関に頼らない自社審査をしているところもあり、そういったところではブラックの人でもお金を貸してくれるところもあるようです。
セントラルやアローという中小消費者金融会社は審査が緩いことでも知られています。

もっとも小さな消費者金融会社ですから、無職の人にはお金を貸すことはないようです。
申し込みを受けてから、必ず電話で在籍確認を行っていて、在籍確認の取れない人は審査を通さないので、キャッシングすることはできません。
また、銀行などでは他社借入れが多いと、審査に通ることはないのですが、中小消費者金融会社や街金の中には多重債務者でも融資を行っているところもあります。

自分の属性に不安のある人は、融資相談窓口などで借入れの相談をするといいでしょう。
相談窓口では、いくら借りると返済額はいくらで、そのうち金利手数料はこのくらいということを親切に教えてくれるでしょう。
どの消費者金融会社の窓口でも対応は丁寧で融資の相談がしやすくなっています、どの消費者金融会社が借りやすいのかというのもネットで中小最新情報などもありますし、口コミサイトもあるので活用するといいでしょう。

どこも貸してくれないときは街金が頼りになる

銀行ではお金を貸してくれない…大手消費者金融会社にも融資の申し込みをして審査に落ちた…。
そうなると、その次には中小消費者金融会社に頼ることになるのですが、すでにローン利用者となっている人がほとんどでしょうから、その多くは多重債務者ということになるでしょう。
普通に働いていて、複数の他社借入れがなければ、審査に落ちることはないからです。

中小消費者金融会社にも幅があって、中には大手消費者金融会社に匹敵する業容を誇る消費者金融会社もあります。
反対に街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあるのです。
小さな消費者金融会社はカードローンは取り扱っていないので、カードローン会社ではありません。

ですから、普通のローンのみとなります。
ローン申し込み者の中には債務整理中あるいは自己破産をしている人も少なくありません。
属性がブラックとなっている人ですが、消費者金融会社によってはブラックOKというところもあるのです。

これは、ブラックOKという広告を打っているわけではありません。
ブラックというのは言うなれば過去に起こしたことであって、ブラック状態になっている人の多くは、債務整理中であったり自己破産をして借金はすべて帳消しになっている人たちです。
そうなれば仕事をきちんとしているのであれば、現在の属性は低くはありません。

そういったところで、信用情報機関から得られる信用情報に頼らない自社審査、これは独自審査とも言われていますが、現在の属性のみで審査を行っているのです。
そうなれば在籍確認と収入証明書のみで審査ができるので、ブラックの人でも審査に通る可能性が高まるのです。
自己破産者は新たな借入れができないという法律はありません。

いわば不文律のようなもので社会的制裁を受けさせるためのものです。
街金などは、そういったことよりも少しでも多く貸し出して収益を上げたいと思っているので、自社審査のみで融資を行っているのです。
とはいってもブラックOKというのは、確実に融資を行うというものではありません。

ですから口コミサイトなどで、どこそこの街金が自己破産者にお金を貸してくれたということでも、他の自己破産者が融資を受けるということにはならないのです。

街金はどういったところ?

街金というはっきりとした区分けはありません。
大きくは大手消費者金融会社と中小消費者金融会社に分けられることもあり、街金も中小消費者金融会社に括られることも少なくありません。
しかし、街金は言うなれば零細な消費者金融会社と考えていいでしょう。

昔ながらの質屋がそのまま貸金業者になったと考えていいと思います。
そして、街金という名前そのままに街角で営業している消費者金融会社という認識で間違いありません。
街金の利用するケースとしては、銀行や他の消費者金融会社からお金を借りることができなかった人、さらには近所に住んでいる人がよしみで借りる…と言った程度でしょう。

金利も高めに設定されています。
もちろん貸金業法や利息制限法に則った金利を設定しているのですが、ほとんどが上限金利である20%の設定となっているのです。
街金は都道府県知の認可を得て営業していますが大手のようにチェーン展開をしていない貸金業者です。

ですから、特定の地域にのみで個人向けに少額融資をしているのが街金なのです。
小口融資ですから、お金に困っているからといってたくさんのお金を借りることはできません。
平均的には10万円程度くらいでしょう。

その代わり、審査基準が緩く、収入を得ている人でしたら、審査に落ちることはないでしょう。
もっともブラックの人でも借りることができるのかというと、街金が行う自社審査によるとしか言えません。
ネットの口コミサイトなどでは、ブラックでも、どこそこの街金で借りることができたという書き込みがあふれているので、そういった街金に融資の申し込みをするのが手っ取り早いと言えます。

街金の多くは自社サイトを開設していないところが多く、どういったところかわからないことが多いです。
所在も電話帳などで調べるといったアナログ的な対応をしなくてはいけないことも多いですよ。

街金なら貸してくれる

街金をヤミ金と間違える人も少なくないようです。
街金の場合でしたら、電話やWEBでの融資の申し込みというのはほとんどありません。
お店に行って対面での融資の申し込みとなるので、しっかりとした貸金業者の看板を掲げているところですから、ヤミ金とは違います。

心配でしたら、都道府県知事の許可証や貸金業協会の会員証などを確認しましょう。
また、悪質なヤミ金業者でしたら、許可証や会員証を偽造している場合もあるので、実際にそれがどういったものかはネットなどで確認しておくといいでしょう。
一般的なヤミ金でしたら、看板なども構えていませんから、街金とヤミ金はすぐに区別がつくと考えていいでしょう。

街金のデメリットとして金利が高いこと、小口融資しか対応していないことなどがあてられます。
また対面融資のみというのも人によってはネックになるでしょう。
しかし、銀行や他の消費者金融会社では融資を受けることができかった属性の低い人でも街金ではお金を借りる確率が高いです。

お金がどうしても必要だという人の最後の砦ですから、そこに街金の存在意義があると考えていいでしょう。

おすすめの記事