30年以上経ってもいまだに世界一…ジョイナーの筋肉美がすごい

世界最速の「筋肉女子」ジョイナー、太もも、腹筋、上腕二頭筋…いま見てもスゴすぎる…!

とにかくお洒落

「ランナーである以前に、私はレディーでありたい」

1988年、ソウルオリンピックの三種目で金メダルを獲り、三冠を果たしたアメリカのスプリンター、フローレンス・ジョイナーはこう語っています。

長い爪に真っ赤なくちびる、引き締まった体でピッチを駆け抜け、観客を魅了したジョイナー。

彼女が作った記録、女子100メートル走の10秒42と、200メートル走の21秒34は、32年間経った現在でも誰も追いついてはいません。

ジョイナーの奇抜なファッションは、これまで地味な印象が強かった陸上競技のイメージを華やかな競技へと変えました。

トレードマークのネイルは、クラウチイングスタートするには邪魔なのでは? 

と思うほど長く、ラインストーン入りのカラフルなアートなどが施されていた。

またユニフォームも右足半分だけがスパッツになったものや、頭までぴっちりと覆われたものなど、

いままでにないファッションで見る人を驚かせ、当時ジョイナームーブメントを巻き起こしました。

突如引退…

そんなジョイナーですが、喝采さめやらぬなか五輪翌年に、29歳の若さで突如引退し、アスリートの表舞台から去ります。

その背景にはドーピング疑惑があったのです。

同じくソウルオリンピックの男子100m走で、金メダルを獲ったカナダ国籍のベン・ジョンソン。

当時の絶対王者であったカール・ルイスを破り、9秒79の世界新記録を樹立。

しかしその後の検査によって、メダルがあっさり剥奪されたのです。

ジョイナーに疑惑の目が

疑惑の目は、当然ジョイナーにも向けられたのです。

というのも、1980年代中盤までのジョイナーは記録に伸び悩んでいたが体つきが急激に変わり、

急激に記録が伸びたこと、また、およそ女性とは思えないような体躯をしていたことなど、

いくつかの不審な点があったからです。

検査の結果は「シロ」。

しかし、この結果が出てもジョイナーへのドーピングの疑惑は晴れず、

トレードマークとしていたド派手なファッションですらも、

「ドーピングによって男性化した体から、目を逸らすためにやっていたんではないか」などといった憶測が囁かれたのです。

ジョイナーのドーピング問題はその後晴れることなく、2000年代に入るまで続き、

2017年にヨーロッパ陸上競技連盟では「2004年以前に樹立され、いまも破られていない世界記録は剥奪すべき」という提言が、理事会の満場一致で承認されたというのです。

これに対しジョイナーの夫のアル・ジョイナー氏は「この白紙提言は不当」として、真向かた闘う構えを見せたのです。

ジョイナーはソウルオリンピック引退後に38歳の若さで心臓発作で急死。死因はいまだ謎のままとなりました。

「誰も塗り替えることのできない記録」としていまだ女王の座に君臨するジョイナー。

いまに続くドーピング疑惑について、天国からどう見ているのでしょうか。

ネットの声

「疑惑というか、ドーピング特有の体形や突然死など、クスリによる記録と言われても仕方ない。それを今更ながら「凄い」と持ち上げるこの記事の意義が理解できない。」

「ドーピングの問題があったから2004年以前の世界記録は無くすべきって事なんだろうけど、どう見てもドーピング体型でなかった三段跳びのジョナサン・エドワーズの記録が抹消されるのは納得いかないな。
ブブカの棒高跳びもドーピングじゃなく技術によるものだろうし、もちろん筋力トレーニングもしてただろうけどドーピング特有の筋肉のつき方じゃなかった。」

「80年代から90年代前半で今も残ってる世界記録はソレだと思う。関連して言えるのはソ連、アメリカ、旧ドイツが関わってる。競技は女子は短距離、跳躍、投擲。男子は投擲。ほぼ全てこの時期の眉唾記録が今でも残ってる。」

白であってほしいという声も多いのですが、故人となった今では全てが明るみに出ることはないでしょうね。

おすすめの記事