性教育の必要性や重要性が徐々に広まる中、シオリーヌこと大貫詩織さんが公開した動画が話題を呼んでいます。

ひと昔前までは、公の場で性に関する話題に触れることはタブーとされてきました。

もちろん内容によっては、現在でも控えるべきでしょう。

しかし、生理や避妊など自分自身や相手の身体に関わる性の話題は触れるべきであり知っておくべきこともたくさんあるのです。

助産師が本気で性教育を考えた結果

助産師として婦人科に勤務した後、性教育に関する講演や性の知識を学べるイベントの講師としても活動するようになった大貫詩織さん。

性の学び方、伝え方を発信する大貫さんが考えたMVは、これまでの性教育の概念をいい意味で変えるものでした。

性の知識はあなたと大切な人を守るために欠かせないもの

MVの中で、大貫さんが口にする思いにハッとさせられた人も多いのではないでしょうか。

これまでタブー視されがちだった性の話題をもりこんだMVはたちまち話題を呼び、「画期的」「もっと広まってほしい」と大きな反響を呼んでいます。

・自分のことなのに、知識がない人が多すぎますよね。
・性教育は自分と相手を守るために大切。それがすごく伝わってきます。
・夜のNHKで流しまくってほしい。

また、寄せられているコメントの中には「時代が変われば、こうした性教育の内容も変わっていくと思う」といったものも。

助産師ユーチューバーですからYouTubeチャンネルを開設しています。【性教育YouTuber】シオリーヌ

性に関する知識の内容も、そしてその伝え方も時代とともに変化していくことでしょう。

しかし変わらないのは、正しい世の知識は自分と相手を守るためのものという考え。その考えを私たち一人ひとりが持ち、大切にしていきたいものです。

今後の目標は?

今後の目標は?と尋ねると、「まずはYouTubeのチャンネル登録者数を10万人にすること。もっとたくさんの人に動画を見てもらいたい」と。

助産師・看護師の資格を持つ仲間と協働して、性に関する悩み相談や質問を受け付ける仕組みづくりも構想しているということです。

「助産師が持っている知識は、お産に関わるとき以外でも役立てることができるはずです。性に関する正しい知識と考え方をしっかり伝えていくことが、私たち大人の責任だと思っています」。

誰が、いつ、どこまでの知識を、どのように伝えるべきか。性教育のあり方には、正解がないかもしれません。

しかし、大貫さんのように、悩みを抱える人たちと同じ目線に立ち、性のことを隠さず、ともに語らおうとする人たちの取り組みが、互いの性の尊厳を守りあえる社会の実現につながるのだと信じたいものです。


撮影から編集までほぼ一人でこなすシオリーヌさん。ひとつの動画を作るのに必要な時間は約4~6時間。
「思春期の子どもたちが飽きないテンポにするよう、常に必死です」

ネットの反応

「自分を大切にする!基本はそこ。ノリで終わらず若い子達に浸透してほしいね」

「NHKの深夜枠なら全然アリでしょ。こういった教材がないと学習できないもんね。激しいAV多すぎて変な感じだし。」

「めちゃくちゃかっこいい。なんかこの歌流行りそうなんだけど、何かに引っかかるかも…」

こういうの学校の性教育に導入したらみんなきちんと考えてくれそうですけどね。

おすすめの記事