リアルに胸に響きまくる女性映画3選

子どもたちが寝たあとに一人でこっそり観たい女性映画をNetflixからピックアップ!

恋愛や結婚、仕事など、どの作品も「わかる~」と大共感できる作品ばかり。

ファッションやインテリアも楽しめますよ!

働くママの大奮闘を応援したくなる!『マイ・インターン』

ファッションサイトの若きCEO、ジュールズの会社に70歳のインターンのベンがやってきます。

最初は自分の父親くらいの年齢の部下をもつことにとまどいます。

しかし、彼のさりげないアドバイスに何度か助けられるうちに、ジュールズはベンを頼りにするようになるのです。

仕事と家庭の両立、夫の浮気疑惑など、ジュールズがベンのアドバイスで人生を立て直していくプロセスがいいのです。

そして、何よりもベンは本当に頼りになる部下でうらやましい!

「私の側にもベンがいたら」と思ってしまいます!

ジュールズの会社や自宅のインテリアもおしゃれです。


彼女のファッションはセリーヌ、サンローラン、ヴァレンチノ、エルメスなどといったそうそうたるハイブランド。

しかし、古着と合わせるなど おしゃれ上級者のテクも見せてくれます。

働く女性にとってはとても共感度が高い映画です。

またライフスタイルの参考にもなる情報も満載のおすすめ映画です!

監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロほか

結婚と結婚式は違うって知ってた?『セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー』

ドラマも「わかるわかる!」と共感の嵐だった「SATC」の映画版。

人気コラムニストのキャリーは、長年の恋人ビッグとの関係が曖昧なままで、将来に不安を覚えていました。

そんなとき彼からプロポーズされ大喜び!

キャリーは結婚式を華やかにしようとはりきります。

しかし、彼女が盛り上がるほどに、恋人のビッグは不安でいっぱいになってしまうのです。

女性にとって結婚=結婚式と思いがち。

「結婚式はどうしよう」

「どんなドレスにしよう」

とワクワクしちゃいますよね。

キャリーも同じ気持ちでした。

けれど「結婚式」に夢中になりすぎて、かつて結婚に失敗したことのあるビッグの不安な気持ちに寄り添うことができなかったのです。


彼の気持ちを結婚から遠ざけてしまう結果に…。

そんなキャリーの「結婚」エピソードに加え、友人たちの家族の問題も持ち上がります。

キャリーたちは、壁にぶつかっては凹んだり、怒ったり、反省したり…。

憧れのキャリーたちに親近感がわく展開が◎。

こんな風に人生における女子の本音が聞けるのが「SATC」の魅力。

そのよさが映画でも活かされています。

監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリステイン・デイビス、シンシア・ニクソンほか

夫婦がすれ違っていく様をリアルに描く『マリッジ・ストーリー』

人気女優だったニコールが舞台監督のチャーリーと恋に落ちて結婚。

ハリウッドからNYに転居し、夫の舞台の看板女優として生きる決心をします。

しかし、やがて知名度は逆転。ニコールは脚本を書いて制作側に回りたいとチャーリーに相談します。

しかし、鼻で笑われ、徐々に二人の心の距離は離れていく…。

夫婦が子どもを真ん中に置いてシーソーのように揺れる様を見せていく物語は、リアルで本当に胸に刺さります。

特に女性はニコールにどっぷり感情移入するはず。


「家事育児を頑張ってもだれも評価してくれない」という彼女の気持ちに共感!

仕事で新たな挑戦をしようとしても同業者の夫に見下されてムっとする姿など…。

夫の無神経な態度や言葉が、妻の許容範囲を超えてしまうと「離婚」に突っ走ってしまうのだなあとしみじみしてしまいます。

おそらく男性が見ると「夫の気持ちがわかる」と思うかもしれません。

男女それぞれの言い分が公平に描かれているので、ぜひ夫婦で観て、感想を話し合ってほしい作品です。

監督:ノア・バームバック
出演:スカーレット・ヨハンソン、アダム・ドライバー、ローラ・ダーン、レイ・リオッタほか

ネットの反応

「マイ・インターン
すっごく心がジーンと温かくなる。そして、今の自分が謙虚さや感謝の気持ちを忘れつつあることに気付かせてくれます。
今の自分があるのは自分だけでなく、周りの人たちのおかげであること。
いくつになっても向上心や自分の役割を大切にしていると、1日が素敵な日になることを教えてくれます。
これからも時々思い出したら観たいと思える映画です。」

「セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー
映画館で4人が現れゲイ友達の現状観て私は胸がいっぱいになって涙ぐんだよ。4人の性格や生活、生き方にあんまり共感していないけど、観ている分には楽しいよ。女性は他の女性の生き方に厳しすぎる。映画でもあっても許せないみたいだし。ビッグはただの金持ちなだけで最低な男という評価もエイダンとキスしたのがビッグへの罰なんて、男を恨んでる人はそうとしか感じられないかも。」

「マリッジ・ストーリー
考えてみれば、赤裸々なガチンコ喧嘩ができる相手なんて、夫婦以外に人生にそうそういない。「夫と妻」から「パパとママ」へ役柄を移行するには、靴紐を直すくらいの猶予と余裕と信頼が必要だ。かつて愛した人の本質を心の底で信頼している二人に泣けた。」

アン・ハサウェイ、スカーレット・ヨハンソン、サラ・ジェシカ・パーカーなどスター女優が出演しているので華やかさがあります。

どれもジンとくる名作です。主演女優は人生の成功者ですね。

男性なら絶対に『マイ・インターン』のロバート・デニーロを目指したいはず。というよりも主演はデニーロでした…。

おすすめの記事