久しぶりに彼に会えたのに、疲れた様子だと話しかけにくいし「お出かけしよう」とも言いにくいもの。

接し方に悩みますよね。

男性が仕事などで疲れているときに彼女に会ったとき、こんな風に扱ってくれたらうれしいという対応について聞いてみました。

疲れている彼が喜ぶ接し方って??

適度に放置

「すごく疲れているときに、いろいろ話しかけられても上の空になってしまうことがあります。

それで『話聞いてないでしょ!』と怒られるとツラいので、同じ家の中にいてもいないように扱ってくれると気がラクなことも」(25歳/出版関係勤務)

普段からそれほど聞き上手ではない男性にとっては、「女性の話を真剣に聞いて、相手が希望するような返答をする」というのはけっこう疲れる行為でもあるようです。

下手に気遣って話しかけるより、彼が何か言ってこない限り「放置する」方が彼にとっては有り難い場合もあるでしょう。

「ゲームする時間があるなら外行こうよ」と怒らない

「家でゲームばかりしていると同棲している彼女に怒られるんですが、ゲームしている間に次にすることや来週の仕事の段取りを考えていたりもするので、『そんな暇あるなら外行こうよ』と怒らないで欲しいって思います。自分の世界に浸って無になれる時間って貴重なんですよね」(30歳/不動産関係勤務)

家で漫画やゲームばかり読んで家事を手伝わない、デートに付きあってくれないなど彼に不満を持つ女性の話はよく聞きます。

でも、女性から見ると無駄な時間に見えるゲーム中の彼も、実は貴重なストレス解消になっているのかもしれません。

といっても、あまりにもゲームばかりしているのはただの言い訳の場合も。

時間を決めて行うなど、お互いにとって居心地のよい時間の使い方になると理想ですね。

「来週にしようか」と気遣い、先回りして言ってくれたら感謝

「デートの約束をしていたら行くのですが、体がヘトヘトのときに『何か疲れてるっぽいから今週は無しにして来週にしない?』と彼女が先回りして提案してくれたことがあったんですね。
自分から『来週にしてくれない?』とは言いづらいので、すごく気がきく子だなあって感激しました」(26歳/建設会社勤務)

もちろん、男性によっては「彼女と会えると疲れも取れる」という人もいるでしょう。

ただ、責任感が強くて「彼女を楽しませたい」という気持ちが強い人であればあるほど、「今日、彼女と会っても楽しませられないかも」と思ってテンションが上がらないかもしれません。

彼の様子を見ていて、忙しそうなときには「リスケしよう」「今日はぼーっとしよう」など、こちらから提案して彼をプレッシャーから解放してあげることも効果的ですよ。

おすすめの記事