熟年離婚で年金分割…しっかり理解して老後計画を立てて!

「年金分割」を勘違い!熟年離婚て゛老後計画か゛台無しになった女性の後悔

子どもの独立や定年を迎えたことなどをきっかけに「熟年離婚」を選ぶ夫婦は少なくありません。

離婚には、気持ちの問題だけでなくお金の問題もつきまといます。

大事なお金のことを正確に把握しきれていなかったがために、損をして後悔してしまうこともあります。

子どもの独立をきっかけに熟年離婚

子どもが社会人になり独立したことをきっかけに、52歳で離婚したA子さん。

夫の収入に頼って生活してきたものの、堅実に貯金できていたことや「年金分割」という制度があると知っていたこともあり、離婚を決意しました。

当時あった貯金や財産を話し合いで分け、晴れやかな気持ちで1人暮らしを始めたA子さんでしたが、

その3年後、自分が年金分割という制度についてきちんと理解できていなかったことに気が付きました。

気が付いたときには時すでに遅し、A子さんはずっと後悔しています。

年金分割、よくある勘違い

A子さんが勘違いしていたポイントは次の3つです。

「半額がもらえる」ではない

「分割」とついていますが、これは夫が受け取る年金の半分を自分が受け取れるという意味ではありません。

「結婚している間の、厚生年金を納めた記録」を分割できるということです。

結婚前、結婚後、国民年金部分などは対象になりません。

受け取れるのは月数万円だけということもあり、案外少ない金額にびっくりされる方も多いところです。

離婚前に年金事務所などで確認しておくのがおすすめです。

請求には期限がある

年金分割は、離婚しただけで勝手に行われるというものではありません。

離婚後「2年」以内に請求手続きをする必要があります。この期限を過ぎると手続きできなくなってしまいます。

意識せずにいると、A子さんのように年金の受け取り時期が近づいてきたタイミングで気が付いて、後悔してしまう人もいます。

退職金も分割できる?

近いうちに確実に夫が退職金を受け取る予定ということであれば、財産分与として離婚する妻もその一部を受け取れる可能性があります。

財産分与は、必ずしも今ある財産だけを分けるものではありません。

なお、財産分与も請求できる期限は2年とされています。

熟年離婚するならお金の計算は慎重に

熟年離婚となると、再就職が難しい状態で独り身になる方も多いです。

そんなとき、お金がないと不安が増してつらくなってしまうかもしれません。

「これでもか」というくらい慎重に、いろいろと情報収集を重ねて、お金について何度も考えるくらいがちょうどいいかもしれません。

具体的に試算する

「なんとなくそうだろう」という思い込みで済ませるのはNGです。

本やインターネットで情報を集めたとしても、大事なのは「自分の場合はどうなるのか」です。

いくらくらいの財産分与を受けられそうか、年金分割の結果いくらくらい老齢年金として受け取れるのか、

そのお金でどんな老後生活がいつまでおくれそうか、

できる限り具体的な数字を挙げて何パターンかシミュレーションしてみるとよいでしょう。

熟年離婚は養育費などの話し合いが必要なくサラッと終わってしまう方も多いのですが、

話し合いをしないことで自分にとって損になっている部分がないのか、事前に専門家に確認しておくと安心です。

老後に向けてお金と向き合い、見直す

「もう老後」と言うA子さんですが、人生この先まだまだ数十年続く可能性が高いです。

今の状況を悲観しすぎず、お金とじっくり向き合って見直すチャンスと捉え、あきらめずに新しい生活に踏み出しましょう。

老後も月に数万円分でも働けるところがないかを探したり、生活コストをどこまで下げられるか挑戦してみたり、

苦しすぎない程度に工夫をこらしてみたりするのも悪くないですよ。

この先お金で困らずに済むよう、お子さんにも味方してもらいながら、できそうなことから少しずつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事