一生住宅ローン!?85歳ローンに50年ローン

住宅ローンは「生涯払う」時代に 85歳ローン、50年ローンも登場

現役で稼いでいるうちに住宅ローンを完済して、退職後は年金生活で悠々自適の老後──そんなライフプランはすでに「夢物語」となりつつあります。

なけなしの年金からローンを払い続けるリタイア生活こそ、現代のスタンダードなのです。

しかしコロナ禍で給料やボーナスが目減りし、定年後の再雇用も難しくなるなか、年金によるローン返済計画にも不安がつきまといます。

人生最大の買い物といわれる「我が家」をめぐるお金の問題は、老後生活のあらゆる面に影響するのです。

定年時の残債は「1300万円」

「年金をもらいながら働く」高齢者の住宅ローン破産が増えています。

北関東に住む元メーカー社員のAさん(66)は40歳のときに新築一戸建てを購入、

住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)から3000万円を借りて30年ローンを組みました。

毎月の返済額は14万円。

返済が終わるのは70歳になるのですが、購入当時は、「定年時に退職金で残債を繰り上げ返済しよう」と考えていました。

しかし、退職金が思っていたより少なく、一部しか返済できなかったのです。

現在は嘱託社員としての雇用延長期間も終わり、月18万円の年金が収入の柱ですが、ローンを払うと生活できないため、食品工場でアルバイトをしながら返済してきました。

それも新型コロナで工場が閉鎖されて失業、次のアルバイト先も見つからないのです。

「貯金も少なく、月14万円近いローンを払い続けるのは無理。返済はあと4年で終わるのに、家を手放すしかないのか」。

そう途方に暮れています。

NPO法人『住宅ローン問題支援ネット』にはAさんのようなケースの相談が増えています。

代表理事でファイナンシャルプランナーの高橋愛子氏が語ります。

「緊急事態宣言以降に相談が一気に増えました。現在は金融庁の指導で金融機関が住宅ローンの一時返済猶予(最長1年の元金据え置き)などの対応を取っているのでそれほど破綻が表面化していないが、新たな仕事が見つからなければ返済は難しい。Aさんのような破綻予備軍は多い。年明け頃から、限界を迎えて自宅売却など住宅ローン破産に追い込まれる事例がもっと増えてくるでしょう」

返済年齢の高齢化

その背景にあるのが、住宅ローン返済年齢の高齢化です。

日本経済新聞(10月5日付朝刊)は「住宅ローン 完済年齢上昇 平均73歳、年金生活不安定に」の見出しで、

定年退職後も住宅ローンを返済し続ける高齢者が増えていくことを報じています。

記事は住宅金融支援機構の過去20年分の住宅ローン利用者(約122万人)のデータを分析したもので、

完済年齢は20年前(2000年度)の「平均68.3歳」から、現在(2020年度)は「平均73.1歳」へと、なんと5歳も高くなっているのです。

理由は、マイホームを購入する年齢が高くなり、借入金額が増え、金利も低下していることで、返済期間が長くなっているからです。

日経報道によると、住宅ローンの平均融資額は20年前の1900万円から3100万円へと1.6倍に増えました。

借金が増え、返済期間が長くなれば、当然、定年時のローン残債も多くなります。

60歳時点の平均残債は20年前の700万円が、現在は1300万円を超えています。

それに対して、大卒の定年退職者の退職金は平均1788万円、この20年で1000万円も減ったのです(厚労省の就労条件総合調査)。

かつてはローンの残債を払っても余裕があったのですが、今や手元にはわずかな金額しか残らないのです。

「年金でローンを払い続ける」のが当たり前の時代になったことが数字からもわかります。

50年ローンも登場

家は「人生最大の買い物」といわれています。

多くの人は前出のAさんのように住宅ローンを組むとき、「残債は退職金で繰り上げ返済し、年金はすべて生活資金にあてる」という定年後の人生設計を思い描いていたはず。

“夢のマイホーム”を持ち、現役時代に返済を終え、リタイア後は借金を持たずに年金生活を送る―という“第2の人生”のライフスタイルが理想とされ、

「年金で住宅ローンを払う」なんて“人生計画の失敗”という価値観は今もシニア世代に根強いのです。

そもそもかつては住宅ローンの完済時の年齢上限が「70歳未満」という条件がありました。

つまり、貸し手も借り手も70歳過ぎても払い続けることは想定していなかったのです。

しかし、現在は制度的にも「生涯住宅ローンを払う」ことが人生のスタンダードになってきています。

この10年ほどで銀行は相次いで完済上限年齢を「80歳未満」に引き上げ、

現在はソニー銀行のように「85歳未満」まで住宅ローンを組むことができる金融機関も現われました。

返済期間も延び、住宅金融支援機構や民間金融機関の「フラット50」など最長50年のローンが登場したのです。

男性の平均寿命は約81歳。

「85歳ローン」は“死ぬまで借金を返し続ける”に等しいのです。

ましてや「50年ローン」は成人後の人生の大半をそれに費やすことになります。

ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦氏が指摘します。

「不動産会社は“返せるかどうか”ではなく、“借りられるかどうか”で物件を勧める。そうして高い家を買えば、老後も借金が残るという現実を見なければならない。私に寄せられた相談例でも、60代までに住宅ローンを払い終える人は少数派で、70歳超えは当たり前。これまでの常識に捕らわれずに、年金生活と借金生活を両立させることを考えていく時代です」

ネットの声

「50年ローンなんてものがあるなら、いっそ毎月の返済額は5万以下に抑えて、最後は団信で払っちゃえばいいんじゃないの。繰り上げ返済なんてしないでさ。賃貸並みの家賃で広い家に一生住めると思えばそんなに悪くないかも。
まぁ、修繕費やら税金やらはかかるけど。」

「住宅ローンには団信があるので本人が死亡すれば支払いは終了します。高齢になると完済前に死亡する事例も少なくありません。退職金等で繰り上げ返済を推奨される方が多いですが、いつでも繰り上げ返済出来るように手元に残りておくという方法もあります。」

「煽っているけど、身の丈にあった住宅を買えば、リスクは低い。
今の時代、安い中古住宅なんていくらでもあるし、これからもっと増えるので選択肢が増える
いつまでも定年まで安定して働ける&新築で考えなくても良い」

今のご時世、ボーナス払いは絶対NGにさえ注意すれば先々は団信や繰り上げ返済などでなんとかなりそうです。

おすすめの記事