お笑いコンビ・キングコングが7月11日深夜に放送されたテレビ東京系のバラエティー「ゴッドタン」に出演。

梶原雄太が自身の芸について悩んでいることを告白しました。

相方をどれだけ理解しているか

この日は、キングコング、ぺこぱ、空気階段の3組がゲスト出演。

コンビが互いのことをどれだけ理解しているかを見る「コンビ愛確かめ選手権」。

相方の最近の悩みを予想する場面で西野亮廣は「YouTube」と答えたのです。

梶原はYouTuber・カジサックとしても活躍…人気ユーチューバです。

しかし、西野はコロナ禍での自粛期間中の一人しゃべりについて「良さが全然出ていない」とバッサリ。

「漫談みたいなのするんですけど、こっちは待ってない。世相を切ったりするけど切り口も悪い」

と言いたい放題だったのです。

苦笑いのカジサック

テーブルに突っ伏して苦笑いだった梶原。

「ぼくの良さが全くでていない。だから一人しゃべりやめました。だってつまんないですもん」と開き直り気味。

西野は「面白い、面白くないじゃなくて緊張してるよね」と追い打ちを掛けるようにトークのキレの悪さを指摘したのです。

テレビに戻る場所がない?

西野の意見には納得の梶原。

正解は「今のTVでは居場所(戦う場所)がない」だったのです。

西野は数年前にひな壇には出ないことを宣言したのですが、梶原も「出ても結果を残せない。向いてないんで」とようやく気づいたというのです。

最後は司会のおぎやはぎ・矢作兼に「でも、一人でしゃべるより(ひな壇に出る方が)いいでしょ」と振られて

「一人でしゃべるよりは楽ですよ」と返し、爆笑を誘っていました。

ネットの声

「芸人というほどの芸は持っていない。正直に言うと面白くない。YouTuberとして人気があるみたいだから、それでいいんじゃないの。」

「「一人しゃべりでは良さがでない」「今のTVでは居場所がない」とか自分ではなく、周りのせいにしているような言い方がなんか引っかかる。そもそも、YOUTUBERになったキッカケが「ひな壇芸人に限界を感じた」からでしょ。一時は引退を掛けて始めたYOUTUBEなんだから、YOUTUBEに専念すればいい。」

「ユーチューブっていう居場所を見つけたんだからよかったんじゃないの。ただ、日ごろからスタッフ・関係者に気づかいできてれば、テレビでも居場所はあると思うよ。笑いの才能が有る無しは多少あったとしてもね。」

多くが、キンコン梶原はYouTubeをメインにしてテレビはオファーがあったら…というスタンスに思っているでしょう。

えみちゃんねるの降板劇があったので、かなり焦っているように見えますね。

YouTubeは十分に面白いのですが、これがいつまで続くのか…多くのユーチューバーが不安だと思います。

やはりテレビに軸足を置いておくのが正解ですね。

おすすめの記事