カジサック…宮迫とのコラボはしない…吉本からの圧力もなし

カジサック、宮迫博之とコラボしない理由を明かす 「吉本からの圧力はない」

カジサックが宮迫博之とYouTubeでコラボしない理由を明かしました。

人気ユーチューバー・ラファエル(登録者数178万人)のYouTubeチャンネルにカジサックが登場。

宮迫博之とYouTubeでコラボしない理由を明かし、話題になっています。

宮迫とコラボしない理由は…

動画開始から15分経った頃、ラファエルが「宮迫とコラボしない理由は吉本からストップかかっているんですか?」と質問。

「ダメやったらダメでいい」と前置きがあったものの、酒に酔ったカジサックは「全然いいですよ!」と返し、話し始めます。

カジサックによると今から約1年前、宮迫がYouTubeを始める前に連絡がきて、相談がてら食事に誘われたそう。

それ以前に、カジサックチャンネルに出演してもらっていた(2019年4月17日、18日公開の動画)こともあって「恩返しができる」と思い、すぐに食事の席を設けたんだとか。

一発目のコラボ約束するも…

話を聞くうちに、「力になりたい!」という熱い気持ちが芽生え、「僕とやりましょう!」と一発目にコラボすることを提案したというカジサック。

しかし、一度落ち着くと、テレビ業界に復帰したいという宮迫の思い、相方である蛍原徹さんや関わるテレビ番組のスタッフたちの気持ちを考えるに至ります。

「こんなこと勝手にやってええのか?」
「やっぱりまずは蛍原さんと絡んでいただきたい。順序的に」

と考え直したそうです。

テレビ業界への愛着が強いカジサックだからこそ、筋を通す必要があると考えたみたいですね。

「圧力はない」と断言

その後、吉本興業からの圧力についても言及。

ネットでは様々な忖度が囁かれるこの問題ですが、

カジサックは「吉本の圧力はない」「個人的に『宮迫とコラボしないでくださいね』と言われたことがない」と断言します。

しかし、社員が多すぎて意思疎通の問題が発生していたり、上層部と現場で考えの違いが起きていることは認めていました。

とは言え、これは大企業ならどこでもある話なので、吉本興業の問題とは言えなさそうです。

「安心した」「気になってたので嬉しい」

今回の動画に対し、コメント欄では

「ラファエルさん事情を聞いてくれて、ありがとう。安心しました」
「大きな会社だとどうしてもそういうことあるよね」
「気になってたので嬉しい」
「このふたりは本当に相性がいい」

などの声が寄せられることに。

多くの人が集う場所では、どうしても複雑な人間関係の力学が生まれてしまうもの。

それだけに、カジサックの言葉を聞いてホッとした人も多かったのではないでしょうか。

おすすめの記事