春菜…番組の演出に叱責。

ネットでは「本当にその通り」「反論してすごい」の声。

2020年8月14日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCを務めるお笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さんの言動に反響が上がっています。

「私が今幸せじゃないみたいな感じが…」

放送では、エンタメ情報を伝える『クイズッス』のコーナーで新ドラマの主演を務める女優の波留。

ドラマの内容に合わせて「一番恋愛が下手そうな人をスッキリのMCから選んでほしい」と番組からお願いされたのです。

波留は、「失礼な意味ではなくて、春菜さん。友達の恋を応援して、自分を優先できなさそう」と春菜を選びました。

その後、波留はフォローをするように「春菜さんが幸せになれるように、応援しています」とコメント。

春菜は、波留さんの気持ちを察した上で、番組の構成に苦言を呈したのです。

幸せについて言及

なんか波留さんは悪くないと思うんですけど、私が今幸せじゃないみたいな感じが前提としてあったんですけど。

春菜は、今が幸せではないという決めつけで番組を制作しているのではないかと指摘。

「幸せですか?」と問われた春菜は、『幸せ』について言及しました。

幸せって自分が思ったらやっぱ幸せだと思って、誰かと付き合っているから幸せって誰が決めたんですか?結婚してるから幸せって誰が決めたんですか?

ヒートアップする春菜に、「すいません、やめてもらっていいですか?こちらのほうで謝っておくんで!すいません!」と止めに入る加藤浩次。

春菜は、コメントをした波留をかばいつつ、スタッフに注意を促しました。

本当、クイズッスのスタッフ気を付けてくださいね!波留さんはいわされてるんだと思うんですけど。

デリケートな部分で…

他人から、幸せかどうかを決めつけられるのは間違っているでしょう。

また、デリケートな部分を番組でおもしろくいじられるのはつらいものです。

ネット上では、春菜のコメントに称賛と共感のコメントが寄せられていました。

「本当にその通り。結婚したから幸せとは限らないし、自分で決めるもの。」
「春菜さんのコメントに共感。恋愛していれば幸せって誰が決めたの?」
「笑ってやり過ごすのではなく、しっかりと反論していてすごいと思った。こういう時代になっていってほしい。」

パートナーがいるからといって幸せかどうかは分かりません。1人で過ごす時間が多い方が幸せという人もいるでしょう。

春菜の言葉から、幸せは他人から判断されるものではなく、自分で決めることができるものだと気付かされますね。

おすすめの記事