仮面ライダー1号2号V3の3人が揃い踏み…変身ポーズがかっこいい!

仮面ライダー初代、2号、V3のレジェンド3人が集結! 佐々木剛は藤岡弘、にしみじみ感謝

「仮面ライダー50周年特集上映『KAMEN RAIDER FILM ARCHIVE SPECIAL NIGHT』レジェンドライダースペシャルトーク舞台挨拶&上映会」が7月19日、都内で行われ、藤岡弘、(75)、佐々木剛(74)、宮内洋(74)のレジェンド3人が集結しました。

命がけでやってきた

初代ライダーの藤岡は「3人が健在でいるってことが奇跡のような感じがしてますね。CGなんかなかった時代なんで、命がけでやってきた。歴史がよみがえってきて、熱くなりました」と話しました。

藤岡がバイク事故を起こしたことで、仮面ライダー2号を演じることになった佐々木は「彼がバイク事故を起こしたおかげでお鉢が回ってきたんですけど、断らなくてよかった~」としみじみと語っていました。

現在、居酒屋を経営している佐々木は

「99・9%店を支えてくれてるのはライダーファンです。本当にありがとう。藤岡君がけがしてくれたことを喜ぶわけじゃないですけど、彼がけがしなければお鉢が回ってこなかった。それを思うと本当によくけがをしてくれてありがとう(笑い)」

とちゃめっけたっぷりに語り、笑いを誘ったのです。

仮面ライダーは永遠に不滅

しかし、実はプレッシャーとの戦いでもあった。佐々木は「(ケガから)戻ってきたら返すねという約束で…よかったぁ。戻ってくる場所を潰さなくて。責任を果たせてよかったです」と明かしました。

V3を演じた宮内は

「50年前にスタートして、我々3人がレジェンドと呼ばれるようになりました。今、現在応援されてる仮面ライダーがまた50年後にレジェンド。レジェンド、レジェンドとずっと続きます。仮面ライダーは日本だけのものではありません。世界のものです。仮面ライダーは永遠に不滅です」

と宣言。

多くのファンから拍手を浴びていました。

よく生き残れた…

生誕50周年のご長寿シリーズとなったことに、藤岡は「これほどまで子供たちに影響を与える作品になるとは思ってもいませんでした」と感慨深げ。

大爆破を含んだ昭和のアクションシーンに触れ

「3人が健在で今いることが奇跡のよう。あの頃はCGもないですし、命がけで立ち向かっていました。よくあの爆破の中で生き残れたなぁと思います」

と実感を込めていました。

ネットの声

「私にとって藤岡弘、さんが「昔から変わってない俳優」No.1だな。子供の時から「強いお兄さん」のまま。他にいないよ、こんな人。今でも逞しくご健在なのは、嬉しい限り。あの姿を見る度に、ポッチャリしてきた自分を戒める。もうちょっと鍛えねば、と。」

「皆さんが命がけで作って下さったからこそ、我々当時の子供の心に響いた上に、半世紀もの長きにわたって支持されてるんですよ!と思う当時の園児です。」

「危険を乗り越えてきた演技やアクションで、多くの人たちが励まされてきたんですよ。改めて言わせてください。ありがとう!」



おすすめの記事