ユニクロ、紙袋の有料化にユーザーは悲鳴 一番ネックなのは金額でなく…。

8月4日、ユニクロやGUを展開するファーストリテイリングは、国内のユニクロおよびGU全店舗で9月から買い物袋を有料化することを発表しました。

決定した金額や紙袋の品質をめぐり、ユーザーからは懸念の声が多数上がっています。

紙袋は対象外だけど…

7月1日から全国でレジ袋が有料化されて混乱が続くなか、環境保全の名目で「紙袋」を有料化する店舗も増えています。

8月4日にはファーストリテイリングが、ユニクロとジーユー全店舗で9月から紙製の買い物袋を有料(1枚10円)にすると発表しています。

しかし、そもそも国によるレジ袋有料化の方針に関して、対象となるのはプラスチック製の買い物袋に限られているのです。

紙袋はもちろん、布の袋、持ち手のない袋は有料化の対象にはなっていません。

疑問の声が噴出

このように、レジ袋が有料化したばかりのタイミングで紙袋も有料化する動きが出ていることに、疑問を抱いている人は少なくないようです。

20代の男性会社員・Aさんが語ります。

「ビニール袋(レジ袋)はわかりますが、なぜこの機に紙袋まで有料化している店があるのか疑問。この前、友達の誕生日だったので、ケーキを買ったらレジ袋+紙袋で13円くらいかかって、あれっ?と思いました。その後、注意して見るようになったら、紙袋も有料にするようになったお店って多いんですね」(Aさん)

30代の男性会社員・Bさんは、紙袋も有料にするくらいなら、いっそのこと商品そのものを値上げしてほしいというのですが…。

「先日、テイクアウトでお弁当とスープを買ったのですが、ビニール袋か紙袋かと聞かれて、ビニール袋だとスープが傾いて漏れそうなので、底が安定している紙袋をチョイス。10円しました。別にいいんですけど、これまで無料だったものがいきなり有料になると、損した気になるのは確か。かといって、エコバッグにお弁当とかって、あんまり入れたくないんですよね……。
だったらもう、紙袋代も込みにして商品を10円くらい値上げしておいて、袋は無料にしてくれたほうがモヤモヤせずに済む気がします。そもそもプラスチック製の容器代は代金に含まれているのに、ヘンな話だなと思います。便乗値上げなんじゃないかと思いたくなります」(Bさん)

紙袋の有料・無料が混在

また、30代の女性会社員・Cさんは、紙袋でも有料と無料が混在することの不思議さを指摘しつつ、

「お店によって紙袋のクオリティが違いすぎる」と憤ります。

「私はよく百貨店で洋服を買うのですが、百貨店の紙袋は有料だけど、その中に入っているショップの紙袋はこれまでどおりタダ。エコという観点だったら、紙袋そのものが全部有料にしなければならないのでは? しかも、百貨店の紙袋はペラペラだけど、ショップの紙袋はしっかりとした作り。ペラペラが有料で、しっかりとしたものが無料なんて、全く腑に落ちません。
また、私の行くお店では、紙袋はだいたい10円以上。でも、お店によって『これで10円はないだろ』っていうものと、『これなら10円払ってもいいか』っていうものとの落差がひどいです」(Cさん)

ユニクロおよびGUの紙袋はビニール袋からの移行が始まった段階からその耐久性に不満の声が多数寄せられていました。

特に雨との相性が悪く、

「帰宅途中で雨が降ってきて、紙袋が裂けて中身飛び出した…」
「ユニクロの紙袋は水に濡れると匂いがキツい」

といった声もツイッター上で散見されています。

そのため今回の紙袋有料化に対しても、

「あの紙袋が有料になるのは勘弁して…」
「有料化するなら破けにくい紙袋にしてほしい」
「あの強度のまま10円になったら怒ります」

など懸念する声が多数確認できました。

レジ袋有料化と同じタイミングで浮上してきた紙袋の有料化問題に、モヤモヤを募らせる消費者も少なくないようです。

ネットの声

「そもそも有料化はプラを減少させるためで、紙袋有料化は便乗値上げにしか思えない。」

「イオンに行った時のこと。Salyuでも3COINSでも有料の袋を仕方なく買いました。小さいバッグしか持っていなかったので。その後セールになっていたNICO andで服を買った時、お荷物おまとめしましょうか?と大きくてしっかりした紙袋に入れてくれ、他の店で買ったものも入れることができてありがたかった。またNICO andで買い物しようと思いましたよ。あえて店名出しました。」

「ちょっとした各業界の有名店やハイブランド系の紙袋はしっかりしてて、それこそ50円くらいなら買っても良いくらいだけど、薄っぺらい紙質でどうでもいい安物店はロゴとかもいちいち入れなくてよい。金取るなら商品なわけだからしっかりしたやつ作れ。」

有料か無料で混乱しているところもあります。紙袋はとくにそうですね。

ブランドものなどは袋自体がステータスなので、これまでどおり無料というところが多いようですが…。

おすすめの記事