神様がいなくなってしまう10月(神無月)でも大丈夫…あの人がいる!

神が消えてしまうなんだか不吉な10月の旧称「神無月」。

でも安心、留守番役にはあの人が!

「和風月名」にひとつだけおかしな名前

日本の暦には、「和風月名」という独特のネーミングがあります。

一月は睦月(むつき)、二月は如月(きさらぎ)と呼ぶあの呼び方です。

カレンダーなどでは、こうした旧暦の和風月名が記されているものもたくさんあります。

こうした和風月名には、日本人ならではの風情を感じます。

きっと、それぞれの名前に季節ごとの意味と特徴が込められているからでしょう。

例えば、一月は新しい年のはじめだから仲睦まじくすべし、ということで「睦月」。

五月は、山や田の神である「サ神」が降りてきて田植えが始まるから「皐月(さつき)」となっています。

このように四季折々の風習や気候に基づいた名前ですが、ただ、ひとつだけおかしな名前の月がありますね。

十月の「神無月(かんなづき)」です。

十月だよ全員集合!出雲大社の大会議

神無月と似たような字面に、六月の「水無月(みなづき)」があります。

これは暑さのあまり水が枯れることから水無月と呼ぶのですが、では十月「神無月」の、神が無いとはどういう意味でしょう。

実は、神無月は本当に「神が消えてしまう」のです。

日本には、津々浦々に八百万の神がいるとされています。

その神様たちが、会議のために出雲の国へ出張するのです。

出雲と言えばご存じの通り、大地を司る大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祀られている出雲大社があります。

神話の時代から続くというこの神社で、神様たちはわざわざ出張までしてどんな会議を行うのでしょうか。

その主な議題は、人間の誰と誰を結婚させるか? というものです。

日本各地からやってきた神様たちは、自らが治める土地の人々の良縁を、他の土地に住む神たちと話し合うのです。

どうしてわざわざ出雲大社に出張ってそんなことを話し合うのかというと、大国主大神がその理由です。

大国主大神にはたくさんの子供がおり、彼らを全国各地に配置して国を管理させました。

そして、子供らが年に一度出雲大社に戻り、その年について報告したり、来年のことを相談したりしたのです。

そしてその場に、やがて他の神様も加わるようになったのです。

こんな理由からか、昔から出雲大社は縁結びの総本山でもあります。

ちなみに、このように神様たちが殺到する十月のことを、当の出雲の国(島根県)では「神在月(かみありづき)」と呼ぶそうです。

また出雲大社では旧暦の十月十一日から十七日まで「神在祭」という神事も行われます。

「神様不在」の土地を守る、意外なアノ人

さて一方で、出張会議のため神様がいなくなってしまったそれぞれの地域は、どうなっているのでしょう?

神様がいなくなったんだから、きっと悪いことが起こるに違いない……と誰しもが考えることでしょう。

まさにその通りで、神無月は病気や怪我などの禍が降りかかりやすいと言われています。

また地震を起こす土中のナマズを押さえつける神もいなくなるので、天災にも注意が必要です。

これは、神域でもある神社とて例外ではありません。

神が消えてしまうなんだか不吉な10月の旧称「神無月」。

普段、神社では鳥居やしめ縄によって結解が張られ、神の力で守られています。

しかし神無月はさすがに無防備となってしまい、悪霊が忍び込むことがあるのです。

また、神無月に神社に参拝してもご利益がないと言われています。

しかしそれでめげないのが日本人。

神様がぜんぶいなくなってしまうのはあんまりだということで、「留守番」役の存在を設定することにしたのです。

それが恵比寿(えびす)様です。

七福神の一人で、釣り竿と鯛を手にしているあの神様です。

そもそもなぜ十月に神様が出張会議をするのか、そしてその留守番役が恵比寿様なのか、いずれも根本的な理由は諸説ありはっきりしたことは不明です。

ともあれ、神様がいなくなる神無月でも、神様が全ていなくなったわけではないということですね。

留守を預かってくれる恵比寿様がいる……ということで、人々は安心を得たのです。

こうした理由から、十月二十日には恵比寿様を祀る「えびす講」が行われるようになりました。

この日には、それぞれの家で恵比寿神の像を祭り、一升枡に金銭を入れて、尾頭付きの鯛と一緒に備えたりします。

それにしても、出雲大社に集う神様たちはまっすぐ目的地に向かうわけではなく、途中で神社に立ち寄ったりしながら一カ月間ゆっくり巡ってくるわけで、いわばこれは旅行です。

恵比寿様だけが留守番というのもなんだか可哀想ですね。

今の時代だったら、神様たちもリモート会議をしてくれればいいのに……とも思います。

もっとも、恵比寿様は大漁や五穀豊穣の神様でもあります。

収穫の季節である十月は、旅行に出かけて休む暇もないのかも知れません。

上記の内容は以下の本に詳しく書かれています。

本当は怖い日本のしきたり 火田博文(著) 彩図社 (2018/12/17)

日本人は人と会えば、頭を下げてお辞儀をする。

家に上がるときには靴を玄関に向け、敷居を踏むことなく部屋に入る。

電話がかかってくれば「もしもし」と応対する。

普段は考えもしない自然な仕草や、生活習慣には、ひとつひとつ意味がある。

日本人が連綿と受け継いできた文化が、そこには込められている。

本書では、日本人の持つしきたりに隠された、忌まわしい、あるいは死の臭いに満ちたエピソードを集めた。

本当は怖い由来のある風習が、日本にはなんと多いことかと驚かされる。

そのバックボーンとなっているのは先祖の「死霊」や、土地の「神」を実在するものと捉え、崇める考えだ。

我々が大事にしているしきたりや風習には、陰の歴史が刻まれている。

ふとした瞬間に、異世界が見えてくるかもしれない。

ネットの声

「なんだか本当に怖かった。少しホラーや怪談話でも聞いているような感覚に陥ったが、昔の日本ではこんなしきたりが当たり前のようにあったりしたんだなと考えると少し怖い。でも意外なしきたりもあったりで少し面白かった。現代ではこんなことをしている場所や人は少ないだろうが、そうと思っていても自分の地域でこんな風習があるんだななんて考えると色々と思うところもある。」

「以外に怖いですね。日本のしきたりってかなり身近なものですが、それがこんなに怖い意味があったなんて知りませんでしたよ。かなりびっくりしたのもありますが、それなりの意味もしっかりとあるのでとても興味深いです。」

「なんだか今の時代に生まれて良かったなと思います。昔ではこのような直撮りが本当にあったのかと思うと、本当に怖いですね。まぁ日本の文化なので、それについてどうこう言うつもりはありませんが、やっぱり怖いですよ。」

 

おすすめの記事