お金持ちはムダづかいをしない…大画面テレビは…

資産2億円男の節約術。ムダづかいしがちな8項目「大画面テレビは非生産的」

今月もギリギリか……。

通帳の残高とにらめっこしながらため息を漏らす。

昨年から続くコロナ禍の影響で経費やボーナスはカットされ、収入は目減りしていく一方という人も多いかもしれません。

収支のバランスを整え、貯金を増やしたいと考えたとき、まず思いつくのが「節約」ではないでしょうか。

とはいえ、いったい何から手をつけたらいいのかわからないのです。

「悪い習慣」という金食い虫を退治する

お金が貯まる人は、不要なものやサービスには支出しません。

逆に、お金が貯まらない人は、たびたびムダな買い物をしてお金を失います。

もちろん、支払うときにはムダな出費とは思っていませんが、結局、使わなければ部屋を占領して掃除や片づけを妨げるジャマものになります。

「なぜお金が貯まらないのだろう?」と感じている人は、定期的に不要な支出がないか次の8項目を振り返ってみましょう。

いくつ当てはまりますか?

自分のムダづかいにきちんと向き合おう

①ギャンブルや飲み会
友人との付き合いでギャンブルをしたり、飲み会に参加することでお金を失うことはもちろんですが、それ以上に、限りある時間を自分のスキルアップに使えないことは、大きな損失です。

②2次会や締めのラーメンなどよけいな食費
飲み会や宴会に参加すると、流れで2次会で別の飲み屋に行ったり、ラーメン屋に立ち寄るという方は多いのではないでしょうか。

すでにけっこうな量のアルコールやカロリーを摂っているのに、そのうえさらに飲み食いをすることは果たして身体にいいことなのでしょうか。

また、お金や時間のムダでもあります。

若いうちはともかく、歳をとるほど身体に負担がかかり、健康を害する要因になるので、なるべく控えるようにしましょう。

③なんとなく立ち寄るカフェ
時間があるときに、なぜか立ち寄りたくなるスターバックスコーヒーなどのカフェ。

コンビニやマクドナルドであればコーヒー1杯100円で買えます。

なぜその3倍も払ってラテを飲む必要があるのでしょうか。

あなたは自分が1カ月間にラテマネーにいくら支払っているか把握できていますか?

支出した分、気持ちのリフレッシュや良い人間関係が築けていますか?

④確たる目的のない資格取得
資格取得の学校や通信講座に申し込んでみたものの、いつしか授業についていけなくなってしまい、足が遠のいている、勉強をやめてはいませんか?

あるいは、勉強を続けているにしても、そもそもその資格は本当に自分に必要か、きちんと考えましたか?

確かに、資格を取得することは昇給や再就職に有利です。

しかし、その資格を取得するためにかけた時間や費用を回収できる見込みはありますか?

資格を取ったあとの使いみち(たとえば、転職、独立、留学など)は決まっていますか?

もし、そうでなければ、お金と時間のムダになる可能性があります。

⑤衝動買い
50パーセントオフとか70パーセントオフといった値札に釣られて、たいして欲しくもない品物を買って、あとで後悔したということはありませんか?

あるいは、店頭で気に入って買ったものの、数回しか袖を通していない洋服がクローゼットに眠っていませんか?

お金を貯められる人は値段がいくらかの前に、本当に必要かどうかで購入する/しないを判断しています。

ですから、あなたも「安物買いの銭失い」をしないようにサイフの紐をゆるめる前に思案するクセをつけましょう。

⑥通わなくなったスポーツクラブや習いごと
入会月会費無料の言葉につられて入ったものの、最初の数回通っただけのスポーツクラブに入会したままではありませんか?

最近は忙しく通えていないのなら、面倒くさがらず退会しましょう。

ずるずると在籍しても、得するのはスポーツクラブだけです。

スポーツクラブや習い事の教室などは、まず自分が確実に通える日数を想定し、1回あたりの利用料がいくらになるかを試算し、納得できたときだけ入会することが大切です。

⑦ろくに観ていないネットのサブスク動画
特定のドラマを視聴するために複数契約した Netflixなどの動画サブスク(動画見放題の定額サービス)はお得に感じます。

しかし、月額料金1000円を払っていても月1~2本しか視聴しなければ、レンタルDVDよりも割高です。

いつでも動画が観られることに満足してしまい、ほとんど利用しない動画サービスの会費を払い続けていませんか?

また、複数の動画配信サービスを契約して、よけいな出費を増やしていませんか?

動画配信サービスもスポーツクラブなどと同様に、自分が1カ月にどれくらい視聴するかを見積もってから契約するかを決めるようにしましょう。

⑧大画面テレビ、座り心地のいいソファ
ゆったりとしたソファに座り大画面テレビを観る…一見、いい買い物のようですが、こうした環境を作ると、たいていの人が寝るとき以外の多くの時間をソファですごすようになり、生産的なことに使う時間が大幅に減ります。

ですから、「投資の勉強をしたい」「何かスキルを身につけたい」などという人は、買わないことをおすすめします。

意義ある使い方をするとお金は増える

一般的に、内向的な人に比べ、外交的な性格の人のほうが散財する傾向が強いようです。

しかし、お金を価値ある経験や人脈を広げることに換えることもできます。

つまり、 意義あるお金の使い方をすれば、お金を使って資産を増やすスピードを速めることができます。

今、貯金ができていない人も、人生を豊かにしたいはずです。

であれば、なるべくムダづかいを控えて、月2万円でいいので貯蓄すると1年で24万円貯まります。

これだけのお金があれば、海外旅行、スキューバダイビング、語学習得など、自分の可能性を広げることに使えます。

「自分の未来を明るくしたい」と真剣に考えるようになれば、

「なんとなくスタバに立ち寄ってラテを飲む」
「欲しいものがあるわけでもないのにバーゲンセールに出かける」
「自宅でダラダラとテレビやネット動画を観る」

など、ムダなことに時間とお金を使わなくなるのです。

ネットの声

「この人家族いないのかな。
私は2億あるより家族がいる方がいいって言ってくれる(はず)の夫の方がいい。

子供と過ごす時間はとても有意義で、教育費もやり方によってはそこまでかからない。
市民プールの帰りに100円のアイス買ってあげるだけで、あんなに喜ぶ。
私はこの100円よりいい投資先は知らないですね。」

「人生を豊かにする為に節約か、、、豊かな人生ってなんだろうね?
考えなしに浪費しまくってお金に困るなんてのは論外だが、全てを我慢してお金だけを求めるのも違うと思うね。自分の人生でお金の使いどころを見極めるのが重要だと思うな。ある人にとっては大画面テレビとゆったりソファでのくつろぎが人生で重要なら、それをお金と時間の無駄と切り捨てるものでは無いと思う。お金はあくまで手段であって目的ではないのだから。」

「これを削って、あれを削ってと考えてばかりいることが既に貧しい。
固定費は出来るだけ軽くすべきだが、気のおけない仲間との時間を早めに切り上げたり、家族とリラックスして過ごす場所を快適にしないなど幸福から程遠い。

不幸になる代わりに金を残しているだけ。」

攻めの節約 生方正(著) WAVE出版 (2021/7/8)

◎節約こそ最強のノーリスク、ハイリターン投資である!
◎40代で2億円の資産を築いた元高卒自衛官が教える、ムリなくできるお金の貯め方&増やし方とは?
◎お金を増やすためには、「ケチる」のではなく、「戦略的な使い方」が必要!
◎生活から「ムダをなくす」だけで、人生を圧倒的に豊かにする技術とは?

・不動産投資で2億円以上の資産を貯めて、自衛隊を40代でアーリーリタイアした著者が教える、お金を貯める(増やす)ための「節約の極意」を公開する。

・単に、「お金を使わない」という漠然とした節約ではなく、「お金と時間のムダを徹底的に排除する」といった思考をベースにしたうえで、節約をするようにしないと、お金は貯まらないし、「単なるケチな人」となり、人生そのものがシュリンクしてしまう。

・考え抜いて節約することは、お金のことを知るための最強の勉強となる。節約で身につけたお金に対するセンスは、お金を増やすための活動(仕事や投資)をする際に大きな効果を発揮する(著者が身をもって示している)。

・本書は、著者が自衛官時代から億万長者になった今でも続けている、「正しい(お金持ちになるための)節約術」「人生を変えるための攻めの節約術」をできるかぎり、具体的かつ詳細に紹介する。

攻めの節約 [ 生方 正 ]

楽天で購入

 

 

おすすめの記事