三交代勤務が基本の看護師はとにかく寝不足気味になります。
出勤前はこれ以上寝たら遅刻するというギリギリまで寝ていたいものでしょう。
そんな看護師に必要なことはいかにメーク時間を短縮するかということです。

メークには時間がかかるものです。
たまに化粧の乗りが悪いときなどはクレンジングして最初からやり直したくなることもあるでしょう。
素早いメークすなわち時短メークは忙しい看護師の必須テクと言ってもいいでしょう。

とにかく時間が惜しい…看護師の切実な声

三交代など、不規則な勤務になると睡眠時間も不足しがちでとにかく出勤前はギリギリまで寝ていたい。
しかしすっぴんで勝負したくないから化粧する時間は確保したい・・そうなるとここで削らなくてはいけないのは化粧の時間でしょう。
いかに素早く化粧をするかに勝負がかかっているのです。

かといってなおざりな化粧では却って化粧をしないほうがいいかも、となってしまいます。

時間は削ってもしっかり納得できる化粧をしなくてはいけません。

メークしていると思わせることが大事

メークしていると周りの人に思わせることが大事です。
化粧をしているのですから当然と言えば当然なのですが、とにかく早く短時間で化粧をしたいということであれば手抜きということではなくて、最低限のメークはしているなと周囲に思わせることが大事なのです。
そして大事なのは完璧メークではなくてそこそこの仕上がりということです。

周囲にメークしているなと思わせるポイントは「肌、眉、目元、口元、頬」です。

この5ヵ所にしっかりと色がついていたら、化粧をしているなということになるのです。

時短メークの基本テク

「肌、眉、目元、口元、頬」の5ポイントが最低ラインです。

肌ということですから、顔全体に塗らなければいけません。
後はそこに色を付け足していくというイメージです。

最低ラインということでいいのなら、眉毛もとりあえず描けばいいですし、アイラインやマスカラはマストでなくてもいいでしょう。
口元も口紅ではなく色つきのリップクリームで十分です。

肌、ということでベースメークもするの?ということですが、化粧の基本ですからここは外せません。

しかしこれにもしっかりとした手抜き技があります。
アイラインが面倒という人はこれは塗るコツを覚えるしかないでしょう。

時短メークは10分で

時短メークですから、目標時間は10分です。
最速では5分を目指したいところです。

5分であればどんなに忙しくてもギリギリまで寝たとしてもなんとか捻出できる時間です。

もっとも、一番いいのは余裕のある生活なのですが何事も素早く行う癖をつけておくことは看護師に限らず忙しい現代人には必要なことなのです。

時短メークは10分で・・それでも厳しいという人もいれば楽々クリアという人もいることでしょう。
これは本人の顔立ちや職場の雰囲気などでかなり変わってきます。

実際に試行錯誤をしてみて自分に一番しっくりくる顔立ちを見つけましょう。

時短メークの基本は、化粧をしている、と周囲に思わせることです。

まとめ

ベースメークまでしてしまうのは大変という看護師も多いことでしょう。
それでもBBクリームなどは裏技的に便利です。
中でも下地とファンデが一緒になっているものを使えば最強です。
ものによっては洗顔してすぐに塗れるものもあります。

忙しい看護師にとって銘柄よりも実を取る時短メークのほうが大事かもしれません。
それでもしっかりメークに見えるようにする手段はいくらでもあるのです。

おすすめの記事