人は唯一笑うことのできる動物です。

そして笑顔の中から白い歯が見えるのはその人の大きなチャーミングポイントと言えるでしょう。

患者さんと接する看護師に笑顔はとても大きな武器になります。

まずは患者さんを安心させるための笑顔、そして強い口調で諭すときも最後に笑顔を忘れてはいけません。

その笑顔からこぼれ落ちるような白い歯はまさに看護師の最終ウェポンと呼ぶにふさわしいものなのです。

あなたの歯は真っ白ですか?

実は歯の色は三者三様です。

一つとして同じ色の歯はないといってもいいくらいなのです。

ですから、真っ白な歯ではないからと嘆く必要はありません。

それでももちろん歯の色を気にする人は多いでしょう。


とくに患者さん相手の仕事の看護師では切実な問題となります。

なにしろ笑顔が武器の商売ですから、綺麗な歯に越したことはないのです。

歯の色は?と聞くと「白」と答えてしまいますが、歯の色が真っ白という人は実は少ないのです。

歯というのは黄色の象牙質を半透明の白色のエナメル質で覆っている構造です。

この象牙質の色が強ければ歯の色が黄色っぽくなりますし、エナメル質の色が強ければ白っぽい色になります。

ですから、歯の色はこの両者の色の割合で決まってくると言ってもいいでしょう。

これが同じ色の歯を持つ人はいないという所以なのです。

理想の歯を目指して

看護師に大切なのはテクニックや知識も大切ですが、患者さんを思いやる心も大切です。

思いやる心があれば病気で頑なになった患者さんの心も開いてくれることでしょう。

その思いやる気持ちに大きな力となってくれるのが笑顔の中に見える白い歯なのです。

この白い歯を維持していくのは大変です。

加齢とともにどうしても歯は黄色くなってしまうからです。

これはエナメル質の白い色がどんどん失われていくことが主な要因として考えられています。

さらに外的な要因もあります。

それはコーヒーや紅茶といった色のついた飲み物やカレーなどの食べ物、さらにはタバコのヤニなど歯の外からきた色素が沈着して歯の白さが失われることもあります。

さらには内服薬の影響や虫歯などで白い歯が失われることもあります。

また、歯磨きの力が強いとエナメル質を破壊してしまい、けっかとして象牙質の黄色が強調される結果となるのです。

白い歯の予防と対策

白い歯の維持をしようと思えば上述した原因をことごとく潰していくことが肝心です。

もちろん難しい問題もあるでしょう。


コーヒー大好きな人にとってコーヒー断ちは身を切るよりもつらいことです。

ストレスの多い看護師にとって喫煙はひとときのストレス発散にもなることでしょう。

白い歯を守るために頻繁に行う歯磨きも実は白い歯の大敵となりうるというのは、意外に思われるかもしれません。

それでも歯のクリーニングが大事です

白い歯を見せるために芸能人などがよくやっている歯に塗る方法もありますがこれは一過性のものに過ぎません。

常に白い歯を維持したいといのであれば基本的なことになりますが歯磨きが一番なのです。

もっとも先にも書きましたが、強く押し付けるような歯磨きではエナメル質を傷つけてしまいます。

できるだけソフトに優しく、それでいて歯と歯の間に異物がないように鏡を見ながらの歯磨きは必須といえます。

まとめ

白衣の天使である、看護師には笑顔と白い歯が似合います。

できることなら今回のことを実践して白い歯を維持してもらいたいものです。

看護師にストレスはつきものですが、それを前面に出さず常にニコニコしていなければいない看護師には本当に頭が下がります。

おすすめの記事