眠い眠い夜勤のときに何かと手が出てしまうのがおやつではないでしょうか。

副食、間食は女性の大敵と言われていますが、食べないとやっていられないときがあります。

特に夜勤のある看護師の仕事は大変ですから少し小腹が空いた、何か食べたい、でも太りたくないといったときのカロリー少なめのおやつをご紹介。

もちろん肌荒れや体調不良などに効果のあるものばかりです。

そして太りたくないという女心にも配慮していますよ。

夜勤中につまみやすいおやつのご紹介

ストレスがたまりやすい看護師御用達おやつの数々です

たまごボーロ

一袋わずか70キロカロリーです。

低カロリーでさくさくと歯触りの良い食感がとてもいいですね。

噛まなくても口の中で溶ける感覚も捨てがたいです。


ちょっと疲れたときには甘いものが食べたくなります。

そんなときにこそこのたまごボーロは絶大な効果を発揮しますよ。

たまごボーロのお勧めな点は油脂がほとんど含まれていないことです。

そのためお菓子の中では群を抜いて低カロリーとなっているのです。

もっとわかりやすい比較をすると100グラム換算で消費カロリーは360キロカロリーとなります。

同じ量のポテトチップが550キロカロリーということですから、2/3に抑えられるということになります。

ノーマルなたまごボーロの他に野菜ボーロシリーズもあります。

カボチャのボーロなどは絶品で大人気のボーロとなっていますよ。

芸能人やモデルさんなども愛用しているというたまごボーロは、看護師の夜勤にはもってこいですよ。

マシュマロ

女性には欠かせない肌荒れに効果のあるマシュマロです。

Bowl of marshmallows on the wooden background

甘くてふわふわしているので食べごたえがあります。

マシュマロにはゼラチンが多く含まれています。

これは体内でコラーゲンを生成してくれる優れものです。

コラーゲンは言うまでもなく肌荒れに効果がありますから、夜勤のおともに空腹を癒やしてくれて肌荒れにも効果があるのですから、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

裏技としては眠気覚ましのコーヒーにマシュマロを溶かしてクリーミィにして飲むとおいしいですよ。

ウエハース

手軽に食べられるウエハースはいろいろな成分が入っているものが売られていますい。

中でも「鉄+コラーゲン」「カルシウム」などは日頃から不足している栄養素を取り入れる絶好のチャンスです。

体調不良にとても効果のあるこれらの成分の入っているウエハースは看護師の夜勤に欠かせないかも。

ダイエット中の看護師は特にカルシウムの不足が深刻になりがちです。

そんなときの栄養補給にもいいですよ。

もっとも、食べすぎにはご注意を!

ドライフルーツ

ちょっと重くなりがちと思われるドライフルーツですが、甘みが強いので夜勤のおやつにぴったりです。

かといってカロリーも抑え気味ですから栄養過多になる心配もありません。

いままでになかったフルーツもレパートリーにどんどん入ってきているので、ヘルシー志向の看護師には欠かせないおやつになるでしょう。

まとめ

おやつはできるだけ食べたくない、間食などもってのほか・・そいういう考えはすでに古いかもしれません。

食べたい時に食べる、疲れたときに食べることでストレスフリーに。

さらに、食べてもカロリー少なめのおやつを厳選しましょう。


なんでも食べるのではなく考えて食べることが大切なのです。

女性に優しいおやつはとくにヘルシーで美容にも効果的なものが多いです。

夜勤時の小腹が空いたとき、眠い時などはコーヒーと一緒に食べてみるのもいいでしょう。

おやつはたくさん食べたいものかもしれません。

食べても太らない、体調にいい、さらに美肌効果があるもの、なんて欲を言えばきりがないのですけど、そんな要望にしっかりと応えてくれるおやつがあるのです。

おすすめの記事