忘年会は無礼講だから挨拶は大したことないよ・・。と言っても日本は元々本音と建前の社会ですから、忘年会といえどもきちんとしたいものです。

特に会社のお偉方も、一次会はきっちりと参加する年末のメインイベントですからね。

それに、忘年会といっても12月の始めくらいに始めて、まだ業務は年末まできっちりと残っているという状況でしたら、それほどはめを外すこともできないというか、組織の人間ですから、そこはきっちりとこなしたいところです。

挨拶が基本です

そこでやっぱり忘年会といえば催しものも楽しみですが、挨拶できっちりと締めたいところです。
挨拶はその場の上長が務めるのが筋なのですが、えてして中間管理職の課長クラスが挨拶をすることが多いのです。下手をしないようにここでは挨拶の例文をいくつかあげてみ、ます。

オーソドックスかつ簡潔に

「みなさん今年はお疲れさまでした。今年は新しい取り組みが増えて忙しい一年でしたが、皆さんのご尽力のおかげでなんとか年の瀬を迎えることができました。まだもう少し日にちがありますが今夜は一年の労を癒して楽しく飲んで食べて楽しみましょう」

ここで乾杯の音頭となります。


忘年会の挨拶はおいしい料理を前にして長話は特に嫌われてしまいます。かといって簡潔すぎるのもおかしいですから、一年のうちになにかのイベントをしれっと入れて簡単なアクセントをつけるのがいいと思います。

上も意外とドキドキするものです

意外と忘年会の挨拶というのは幹事から急に振られることが多いので、中間管理職あたりはチームリーダーも含めてドキドキしているかもしれませんね。

「これまで支えてきてくださった社員の皆さんの支えが無くては今日の会社は無かったといっても過言ではないと思います。この場を借りて本当にありがとうございました。ささやかですが、今夜は感じのご尽力でこのような宴席を設けていただきましたので大いに飲んで食べて英気を養ってください。」

このように社員全員をほめたたえる挨拶もいいと思います。

「今年一年本当にお疲れさまでした。乾杯!」

最後の乾杯の音頭で締めると、忘年会も一気に盛り上がっていくでしょう。

忘年会は何回出席する?

年末に行われる忘年会ですがサラリーマンの平均として3回は出席するそうです。これが多いか少ないかですけど、中には10回以上という人もいるようですから、年末の忘年会は誰にも欠かせないものですね。

乾杯の音頭は臨機応変に

そんな中で幹事ともなると、忘年会の準備やら手配やら催しものを考えるなど、結構大変です。乾杯の音頭なども上司に頼みたいところですが、ブーメランのように「君がやってよ・・」なんて言われるのが関の山ですし、忘年会の席で急に上司に振るのも後の仕打ちが怖くてできない、なんてこともあります。ですから、忘年会の乾杯の音頭も感じがやれば丸く収まるということになるのです。


忘年会初頭の挨拶は、上司に任せることとして、これにも阿吽の呼吸が必要なのです。挨拶が冗長過ぎると、おいしい料理を目の前にして、みんなが痺れを切らしているのもわかりますからそのときは

「それではみなさんグラスはいきわたっていますでしょうか?今年一年ありがとうございました。乾杯!」

と挨拶が長いだけ、乾杯の音頭は短めに、それでも感謝の気持ちを伝える一言は必ず入れるようにしたいものです。

ちょっと長くてもいいパターン

挨拶が適度の長さで終わった場合は、乾杯の音頭は多少長くても違和感はないでしょう。

「大変恐縮ではありますが、乾杯の音頭を取らせていただきます。今年一年、幹事という大役を仰せつかって、つたない一年でしたが、皆様の叱咤激励でここまでやってこれました。本当にありがとうございました。それではみなさん、グラスのほうは行きわたっておりますでしょうか?今年一年お疲れ様でした。乾杯!」

ベテランになると軽く笑いも取りたい

このようにちょっと長くなるくらいでも大丈夫です。ベテランの幹事ですと、ここで笑いを取るようなこともできるのですが、挨拶よりも目立ってはいけませんから、やはり簡潔にそつなくというかさりげなくシンプルに行うのが基本でしょう。あまりうまくやってしまうと、次も幹事を任せられるかもしれませんから、そのあたりは臨機応変に対応したいものですね。

ネットの声

「忘年会は楽しみなんだけど、帰りはどうしようか悩む…乗り合いでタクシーにするか、ビジホに泊まるか…結局は決めきらずにその場で判断するんだよね。」

「忘年会はけっこう堅苦しい…1次会は2次会は盛り上げ役がうざかったりするんだよね。楽しい人もいれば、はやくやりすごしたい人もいるってことを知って欲しい」

「忘年会はとりあえず罰ゲームとして参加してます…」

忘年会に対する思いは人それぞれのようですね。

おすすめの記事