院内恋愛というのはあるのでしょうか。病棟勤務のある総合病院では看護師の夜勤勤務はあたりまえです。
必然的に出会いの場というのは院内ということになると、院内恋愛というのはあたりまえということになるのでしょうか。
一般の会社でも社内恋愛というのは半ば当たり前の話のように語られています。
そうなると院内恋愛もタブーではなく、もっとおおっぴらに語られてもいいはずですね。

出会いが少ない看護師の宿命

夜間勤務は当たり前、土日も仕事があるのが看護師の仕事です。
個人病院の外来専門であればまた話は違ってきますが、そのような病院は近所の既婚の看護師が多く働いているのでここでは除外できそうです。
さて、総合病院などの大きな病院で働いている看護師さんにとって恋愛、あるいは婚活というのは切実な問題でもあるようです。
病院の外では世間の男性と知り合いになるチャンスというのはゼロではないにしても、普通のOLと比較するとかなり少ないのではないでしょうか。

看護師は人気が高いのです

一般的に今でも看護師は白衣の天使として尊敬の念で見られることが多いでしょう。
少なくとも世の男性の多くは普通の女性よりも看護師として働く女性のほうが、きめ細やかで優しい人が多いと思っているのです。

実際に人の生死に関わる仕事に携わっているのですから看護師として興味を持たれることが多いのです。
ですから、外にできるだけ出るようにしたら看護師はかなりもてると言えるでしょう。
もっともそのような機会がないので出会いがなかなかないと嘆く看護師が多いのです。

院内恋愛をどう思う?

病院にも規模の大小があります。大きな総合病院となると医師と看護師で数百人という病院もあるでしょう。
それでなくても忙しく土日も昼も夜もないような勤務をしている医師と看護師ですから、必然的に出会いを外に求めるよりも院内で求めるという人が出てきても不思議ではありません。
意外にも医師と看護師で結婚に至るというケースはそれほど多いわけではないようです。
しかし、恋愛となると話は別で医師と看護師の院内恋愛というのは半ば当たり前として考えられているのです。
多くの看護師は院内恋愛に対して抵抗はないとのことです。
むしろ、医師と恋愛関係になってそのままゴールインというのは理想の形ではないでしょうか。
もっとも、内情に詳しくなると医師はお金を持っているので女性からもてはやされますし、院内にいるというだけで浮気の心配も出てくるのです。
そういった意味で看護師が恋愛対象として医師を除外するという人も少なからずいるようです。

患者と看護師の恋愛は成立する?

患者さんと看護師の恋愛というのもあり得ない話ではありません。
というよりも実際にはかなりあると考えてもいいでしょう。

病気というよりも骨折などで入院してくる患者さんは心身ともに健康な人が多く、院内での人間関係に疲れ気味の看護師にはそのような患者さんはまぶしく映るのではないでしょうか。
患者さんとの恋愛というのは否定はできませんし、院内恋愛の別の形としては大いにあり得るといえるでしょう。

まとめ

看護師は一般的なOLと比較しても収入が多いのは確かです。
自分で自立ができるので、男性に依存しなくても生きていけると考える傾向にあります。
そうなると婚活もそれほど積極的ではなく、出会いも外に求めるということもないでしょう。
院内恋愛はそれほど力を入れなくても流れでつきあいが始まると言うことも十分に考えられます。
そういった意味では院内恋愛は新しい恋愛の形というわけではなく従来からある形としてこれからもおおいにその数を増やしていくと思われます。

おすすめの記事