ダイエットが長続きしない理由は“食事”が原因かも!?

急激な運動や過度な食事制限など、無理なダイエットは三日坊主になりがち。

太りにくい食べ方をマスターして、食習慣から“やせグセ”をつけることで、無理なく長くダイエットを続けることができます。

太りにくい食べ方や食事のときに気を付けたいポイントをマスターして、ダイエット成功を目指しましょう!

「ゆる糖質制限」でラクに続ける

「ダイエットは食べないことが一番の近道!」と考えている人も多いと思います。

しかし、極端な食事制限はストレスになりやすく、食事に楽しみがなくなるため続かなくなるケースもあります。

食べ方を工夫すれば、食べる量を変えずに、食事を楽しみながらダイエットができますよ。

長く楽に続けるためにも、痩せる食べ方をマスターしましょう。

カロリーよりも糖質を気にする

ダイエットをするときはカロリーに目が行きがちですが、注目すべきは糖質の量です。

糖質はごはんやパンなどの主食、スイーツや お菓子などの炭水化物に多く含まれています。

糖質の量は1食 あたり20~40g、おやつは10g程度に抑え、1日の糖質量を 70~130gを目安に摂取するようにしましょう。

糖質をゼロにしてしまうとストレスがたまり、健康にも悪影響を及ぼすので注意。

「なくす」よりも「控える」というイメージで取り組んでみてください。

たんぱく質、油脂、食物繊維を積極的に摂る

ダイエットの敵と思われがちな肉や油は、筋肉の材料となるたんぱく質と血糖値の上昇を防ぐ油脂にあたり、実はダイエットの強い味方なんです。

ダイエット中だからと避けずに、おかずの量を増やすようにして、たんぱく質や油脂を積極的に摂るようにしましょう。

また、炭水化物は糖質と食物繊維でできているため、炭水化物を減らすと同時に食物繊維も減ってしまいます。

炭水化物を減らしたら、野菜などで食物繊維もしっかりと補うように心がけましょう。

「たった1粒で糖質なかったことに!」
【ザ糖質プレミアムダイエット】

「カーボラスト」を心がける

カーボラストとは、血糖値の上昇を防ぐために、糖質を最後に食べる食べ方のことです。

血糖値の上昇を抑えるたんぱく質や油脂、食物繊維を先に食べてから、最後に糖質量の多い炭水化物を摂取することで、血糖値が上がりにくくなるんだそう。

また、血糖値の高さだけでなく、食後の血糖値の急激な上昇にも注意が必要です。食後に軽く歩くなど、運動をすることで血糖値の急上昇が予防できます。

コンビニごはんのときは「ロカボ」を意識して

ダイエットのことを考えると自炊したいところですが、コンビニごはんで済ませたいときもありますよね。

コンビニごはんは糖質が高めのものが多いので、糖質の低い「ロカボ」食品を選ぶことが大切です。

サラダチキンやサバ缶、ゆで卵などの低糖質食品をはじめ、ローソンの「ブランパン」など、多くのコンビニで低糖質をうたった商品が増えているので、ダイエットにも大助かり。

外食では「ごはん半分」で オーダーすると◎

ゆるい糖質制限をするなら、1食あたりの糖質摂取量はごはん半膳ほどが理想です。

外食では自分で量が調節できないので、最初に「ごはん半分で」とオーダーしておくのがおすすめ。

食べすぎを防止することもでき、残す心苦しさもなく◎。

ごはんを減らす分、もう1品甘くないおかずをプラスして、食事量を減らさないようにキープするようにしましょう。



おすすめの記事