夏の夜の蚊は不快そのもの…対策はこの2つあれば十分!

蚊が好きという人はそんなにいないでしょう。

虫除けキャンドル、リストバンド、ケミカルやハーブのスプレー、

電子機器に至るまで、多くの企業が蚊を追い払う商品を作っているのはそのためです。

でも、虫除けスプレーと扇風機さえあれば十分に肌を守れるってこと、ご存知でしたか?

実は効果のない対策グッズたち…

上記2つ以外の方法は実は効果はなく、やるだけ時間の無駄です。

シトロネラのキャンドルは、普通のキャンドルと変わりません。

では、その普通の(虫除け)キャンドルは蚊対策にどれくらい効果的かというと、ほとんど効かないのです。

光るタイプの電撃殺虫器は、蚊が光を気にしないので無意味です。

リストバンドは手首周辺から蚊を追い払ってくれるものの、それ以上の効果は望めません。

つまり、リストバンドを大量に編み込んでフルボディスーツでも作らない限り、蚊対策にはならないのです。

本当の蚊対策にはこの2つだけでOK

では、何が効くかって? 答えは2つ。

1つは化学物質。もう1つはそうでないものです。

1つ目はずばり、虫除けスプレー。

中でも、ディートは本当によく効きます。

イカリジン、レモンユーカリも然り。

虫除けスプレーとして販売されていても(特に天然成分をうたっているもの)、これらの成分が1つも入っていないものはほとんど効き目がありません。

これらの名称を覚えずに本物を見分けるには、裏側のラベルを見てEPA登録番号をチェックしてみてください。

2つ目は扇風機です。

ベランダで過ごすとき、肌にスプレーをかけたくないなら、

あるいはスプレーしても蚊が寄ってくるようなときは、扇風機を使いましょう。

安いものなら、ディスカウントストアで2000円前後で買えます。

無意味な虫除けキャンドルのたった4個分程度です。

蚊は風に弱い

蚊は飛ぶ力が弱いので、あなたの周りの空気が淀んでいるときしか近寄ってきません。

つまり、扇風機や自然の風を使うことで、蚊を遠ざけることができるのです。

あと2つほど効果的な対策がありますが、当たり前すぎて紹介するまでもありません。

長袖長ズボンを着用する、外出しないの2つです。でも、それではつまらないですよね。

「やっぱり夏は短パン・タンクトップでベランダに出てビールを飲みたい!」という人…。

虫除けスプレーと扇風機をうまく使って楽しい時間をお過ごしください。

ネットの声

「部屋にシュッとするスプレー使ってます。知り合いの家ではシュッシュッしすぎて水槽の魚が全滅したらしいので用法用量を守りましょう。」

「昨日寝てると激烈に痒くて目が覚めた。手の指を3箇所も食われてたけど、その痒みは異常だった。普通の痒さじゃない。最近の蚊って強くなってない?」

「部屋にシュッてするやつ使ってますが、本当に良いです。もし虫が入ってきても、床で気絶したり(笑)死んだりしてるのしか見なくなりました。あとは掃除機で吸うだけ!考えた人凄いなと思います。先日も車の中に蚊が入ってきてしまい、困って降りる時にシュッてやってみたら翌日ダッシュボードでお亡くなりになってました。ありがとうべーぷ!」

ディートは発がん性が指摘されています。

日本だとベープがいいですよ。虫よけスプレー派は国産のものを使いましょう。

おすすめの記事