肝臓には緑茶とコーヒーがいい理由

肝臓がん・肝臓の健康に”緑茶”と”コーヒー”がいい理由|1日何杯飲むのが理想?

“沈黙の臓器”といわれる肝臓は、状態が悪化していてもなかなか気づきにくいものです。

そこで、なるべく肝臓に良いものを普段の食生活に取り入れましょう。

最新の研究で明らかになった肝臓にいい飲み物とは…。

緑茶を飲む人は肝臓がんのリスクが低い

実は、体内で一番多忙といわれる臓器は肝臓です。

生命維持に必要な酵素や栄養素を作ったり、人間の体を動かすエネルギーとなるグリコーゲンが貯蔵されたり、

アルコールなどを分解したり、重要な役割を担っている臓器なのです。

最新の研究では、肝臓に良いとされる食品がわかってきました。

緑茶は肝臓がんのリスクが低い

肝臓にいい食材として、新たな研究も発表されています。

米ボストン在住の内科医・大西睦子さんが解説します。

「上海の同済大学医学部の研究者らの研究によると、緑茶を20年以上飲んでいる人は肝臓がんのリスクが低いことがわかりました」

特に、1日約4杯飲む人は最もリスクが低いとされています。

コーヒーには肝臓の炎症を和らげる作用が…

さらに、オランダや英国の研究では、コーヒーが肝臓病や肝臓がんのリスクを下げると報告されています。

「1日5杯のコーヒーで肝臓がんリスクが半分になるという研究結果もあります。コーヒーには肝臓の炎症を和らげる作用があると考えられ、まだ研究途中ではありますが、クロロゲン酸をはじめとする複数の抗酸化物質が含まれている。動物実験で肝臓がんを予防したという報告もあります」

ただし、コーヒーの飲みすぎはカフェインの過剰摂取によるリスクがあります。

妊娠中の女性などは特に注意が必要です。

沈黙の臓器であるとともに、寛容な臓器でもある肝臓。

日々、負担をかけていることを理解して、暴飲暴食は控えましょう。

おすすめの記事